FC2ブログ

謹賀新年


改めました、

新年おめでとうございます。
今年もよろしくお願い申し上げます。

皆様にとりまして2019年がより良い年となりますように。


ねこずの画像は使ってしまったので、
毎年の我が家の雑煮画像でも。

DSC01698_2019010420300786a.jpg

お節は盛っただけ。 HさんとかG&Hちゃんのお正月の様に美しい盛り付けと比べると、
小学校の家庭科レベルですが、センスは仕方ないのよねえ・・。
向かって右端が雑煮用のトッピングです。
千葉の雑煮には欠かせないはば海苔と青海苔と花かつお。
青海苔は本来は板海苔状が良いのですが、今ではどこにも売ってなく、
両親が健在だった頃から棒海苔になり、それも高くて量も多いので、
今年は四万十の川海苔を見つけて買ってみました。 これは当たり。



DSC01700.jpg

左下が入れたものです。 (みれば判るけど)
うちでは雑煮にはこの他には小松菜を入れるだけです。
餅も焼かないので、餅が溶けかけて汁も少し濁ります。

はば海苔は一時期手に入り難くなり、ネット購入しましたが、
今では地元のスーパーでも少し売っているので助かります。
でも売れ切れるのが怖くて少し早めに買う様にしています。 これがないと雑煮にならない。

ねこずには花かつおのお裾分けでした。

さて、今年は本当に良い年になるのかなあ・・・。


続きを読む »

高尾のいちょう祭りに行ってみた


世界中で有名になった桜田大臣。
職場のある柏選出の議員です。 選挙の度び安倍さんと握手しているポスターを作る人です。
土建屋の親父、古いタイプの政治家ですね。
確かに彼からはどんな優秀なハッカーでも何も盗めないでしょうから、ある意味最強のサイバーセキュリティー担当かもね、
と地元民は知らんぷりするしかないらしいですだよ。
私の地元じゃなくて良かったわ。

そんなこんな事がぶっ飛ぶような世界的ニュースが飛び出してきてビックリ。
あのミスタービーンにそっくりなゴーン会長が逮捕されたって!
同じ会長職で同じく世界的に有名な桜田氏は大丈夫なんか? (規模が…笑)


DSC01565 (2)
まだ世界のマスコミは取材に来てないみたいですにゃ。


DSC01567.jpg
ゴーンと桜田と関係あるのか?
ある訳ないじゃない、あほらし!


と言うあほな話ではなく、
日曜日にはちねこさんを訪問しながら、いちょう祭りを見てきました。


P_20181118_161255 (1)

高尾山には数えきれないくらい行っていますが、高尾はいつも通り過ぎるだけで、
こんなに見事なイチョウ並木があるのを知りませんでした。
甲州街道沿いのイチョウ並木です。 銀杏の匂いor臭いが・・・。

お祭りの写真は全く撮ってなくて、

P_20181118_153615 (1)

唯一撮ったのが武者行列の残党。

兎に角、会場も何キロにも渡っていますし、屋台も大変な量が出ていた様です。

途中の民家の庭で綺麗な花が咲いていました。

P_20181118_160832 (1)

初めて見る花の様に思います。 何でしょう?
背か高くて1m~2mの先端に10cm位の大きな花が咲いていました。


ところで下の3枚はスマフォで撮り、グーグルフォトにアップロードして、PCでも共用で使える様にしたものです。
fm_nekonekoさんのブログで教えてもらいました。

涼しくなる話?


暑い!
今日は35度を越えました。 明日の予報も同じかそれ以上。
もううんざり! 夜も下がっても28度位。 ホント、もううんざり。
でも関東はまだ良い方ですね。西日本はずっと35度以上が続いていますよね。
(勿論、若干下がった日もあったけど)
そして空が違います。 8月中旬までの35度前後の空は入道雲がモクモクでした。
でもここ数日は空が高く、筋雲の様な雲が高くなびいています。
なのになぜこの酷暑・・・。



DSC01340_201808261723096a0.jpg
わかんな~い!

本文関係なく、ちょっと可愛く撮れた夏痩せしないなな。
(飼い主と一緒で、夏太りしています。)


この真っ赤なのは、

DSC01345.jpg

加熱し真空パックになったビーツが値引きされていたので買ってみました。
冷蔵庫にあった残りの大根を、カンタン酢と手作りの梅黒酢(黒酢に完熟梅を入れた)で酢漬けにしたもの。
こう暑いと酢は美味しいです。 6月に漬けたと思う黒酢+梅、ずっと黒酢が勝っていたのですが、
漸く梅の香りが付いてきました。 鹿児島黒酢、強いぞ。


この気持ちの悪い色とは関係ないけど、
大分以前でしかも既に書いたかもしれないけど、
ちょっと涼しくなるかもしれない経験談を。

1. むか~し、むかし、まだ20歳代のまともな?OLだった頃。
同僚のキャピキャピOL(死語?)3人でとある日本の場所に旅行に行きました。
有名な観光地を歩いて訪ねる旅。 
料理が美味しい宿に泊り、二人は霊感あるとか布団の中でキャピキャピ話しておりました。
私は全くそういうのないんだよねと言った私。
翌日も歩きでとある神社へ。 ガイドブックに載っていたか忘れましたが、私達3人以外は誰もおらず、
立派な杉林の暗い参道を行くと、舞台がある立派な神社が建っていました。
でもだ~れもいないの。 3人とも変な所だねと言いながら軽く参拝して次へ進みました。
何かね、気持ち悪い場所だったの。
そしてその日、東京に帰る電車は既に夜の帳の中。
向かい合わせの席で私は窓際に座っていたのですが、夏なのに何故か窓際の半身だけが凄く寒かったのです。
(単に冷房が吹き付けていただけでしょうけどね)
OL3人の賑やかな旅を楽しみ、またいつもの日々が始まったある日、
頼まれたコピーを撮っていた私の背中を、誰かがツツーッと引っ張るので、
どうせいつもの同僚の悪戯だろうと、「止めてよ!」と振り返っても誰もいない。近くには誰もいないんです。
1~2か月、こんな事が何度かありました。 誰もいないのに、後ろからちょうどウエスト辺りを誰かが引っ張るんです。
軽くね。
数か月後にはその感覚は無くなりました。 
まあ、これだけの話。
もしかしたら、あの神社からだれか憑いてきて、東京見物に連れて行けっていってたのかも。
そして諦めて帰ったのかもね。(笑)


2. これも10年以上前の北アルプス縦走中の話。
これには前段もあり、とある事故に関係しているのだけど、先日テレビを見ていたらその事故で生き残った人が出ていたので、余り面白半分に書くべきではないと思い直し、後半の話だけ。

その日は朝はお天気が良かったのですが、途中から天候が悪くなり雨が降ったり止んだり。
縦走の疲れもあったのか天気が悪かったからなのか、なかなか調子が出ず疲れて歩いていました。
北アルプスの登山道はしっかりした道で、余り迷う様な道はありません。
でもその時は歩いている登山道が段々草がかぶさって、正しい道なのか心配になり周りを見回したら、
左手の上の方で男性らしき人影がこちらに手を振っているのが見えました。
こっちだよと言う様に。
ああ、道は上の方に迂回しているんだ、このまま行ったら迷う所だったと、その人影の方に登っていきました。
ところが直ぐに道とは言えないズルズルした斜面になり、これは人が余り歩いていない所なのにと上を見たら、
その人影は無くなっていました。
酷いなあ、悪戯だったの?と下をみたら、私が歩いてきた登山道の続きにしっかりと道が見えていました。
なんかわからないけどあっちが正しい道と戻って、無事にその日の目的地の山小屋に到着。
それにしてもあの人はなぜ手を振ったのだろう?
小屋について地図を見ても、そこには登山道はありませんでした。

後で知ったのですが、その年の冬に山スキーをしていた数人が遭難してまだ見つかっていなかったのでした。
まあ、これも疲れていて幻影を見たという事ですね。
どれもちゃんと説明はつくんですよ。 でもね・・・。

涼しくなりましたか? (笑)
私、霊感は全くありません。 でもあのルートにはもう行きたくはないかも。








続きを読む »

# プロフィール

REI

Author:REI
メイとマックの猫2匹との日々。
長期放浪中のトムは何処に?

# カレンダー

01 | 2019/02 | 03
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 - -

# 最新記事

# 検索フォーム

# メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

# 固定要素

ココに固定表示したい内容物