FC2ブログ

シラス問題をシラス(知らす)


まずタイトルとは無関係な画像。

DSC01810.jpg

見えるかな。
我が家のおじさん猫マックは寒がりで、私の布団と布団(両方掛布団)の間に潜り込んで寝ています。
下の赤いのはアウトドア用の寝袋を開いて、掛布団として使っているもの。
羽毛布団も持っていますが、持っていてもめったに使わない寝袋をもったいないので普段に使っています。
そしてマックは私と一緒に敷布団と掛布団の間で寝るより、羽毛を下にした方が暖かい!
と発見したらしく、最近はもっぱら掛布団サンドで寝ています。
そしてこの時はマック大好きメイ姉さんも一緒に潜り込んでいました。 寒かったのね。

もう一つ別の話題。

DSC01850 (2)

見難いけど、今朝餌入れにリンゴを置いたらヒヨドリがやってきました。


DSC01852 (2)

もっと見難いけど、リンゴを食べている所。

そこへ

DSC01855 (2)

ムクドリがやってきて、ヒヨドリを追いやってリンゴを食べ始めました。
ヒヨドリの方が一回り大きいのですよ。 ヒヨドリはけっこう強い鳥なんですけど、
ムクドリの方が強いのですかねえ。
私は見ている間は、ヒヨドリが遠慮していました。


さて、シラス問題はキャットフードの事です。
我が家ではおんにゃのこ組は品質より味優先主義で、メイはモンプチ、ヒメとななは懐石派です。
そして両方とも魚のシラスが入ったタイプがあります。
ネットで小魚が入ったキャットフードでもシラスは小さくて硬いので、猫には刺さったりして危険だという書き込みを見ました。
でも子猫や老猫だと危ないかもしれないけど、健康な成猫ならそんな事はないだろうと思ったのですが・・・。

ところが今年の初めにヒメが変な咳を盛んにしていて、病院に連れていくのが難しい猫なのに、病気?と心配したのですが、
どうもその咳が人間がのどに魚の小骨が刺さった時に、何とか吐き出そうとする感じに似ていたのです。 
かば焼きのウナギの小骨が喉に引っかかった感じ。
1日様子を見てまだ続く様なら病院、どうやって連れていこうと考えていたら、
翌日夜には殆ど咳をしなくなりました。
それ以後はいつも通りの、強引グマイウエイのヒメ。

それで思い出したのがシラス問題。

imgrc0071936652.jpg

これは懐石の写真を借りてきた物で、シラスというより小魚でしょうか。
2cn以上ある小魚は比較的柔らかいし、丸飲みは難しいから噛むと思うんですよ。
でもシラスは2cm以下で細いので、キャットフードと一緒に丸飲みしてしまいそうです。
ヒメはそれが喉に引っかかったのではないかと、シラスを触ってみたら、
堅いの! 小さくて細くて硬い。 ちょうど魚の小骨みたい。
気になるのでそれ以後はシラスが入っている場合は、手で粉々にしてから食べさせるようにしています。
指で潰れるという事は噛めばなんの問題もないはずだけど、丸飲みも出来るサイズですからねえ。
それから略1ヶ月。 ヒメは例の変な咳はしていません。
餌もシラス入りは買わない様にしましたけど、何しろ買い置きが3か月分以上ありますから。

でもシラス問題は我が家の問題で、シラス入りが全て危ないとは思ってはいませんけど。



ピー婆ちゃん病院に行く


日曜日の夜、いつもは保護部屋に入ると起きて迎えに来るピーちゃんが
押し入れから出てきてもボーっとしたままウエット食べたがらず、お湯も飲まなかったので、
少し調子悪いのか様子見で、保護部屋で寝てあげた。
たまに保護部屋で一緒に寝てやると、ねぐらの押し入れから出てきて、
私の布団の中に入って一緒に寝るのに、一晩中押し入れから出てこなかった。
翌朝も押し入れに入ったままだったけど、カリカリと水は少し食べてあったので、
早めに帰宅してその状況で病院い連れていくか判断する事にした。
で、病院に間に合う様に早仕舞いして帰宅すると、やっぱりいつもの半分位しか餌も水も減ってない。
年が年なので(16~7歳)悪化すると早いので、一応病院に連れていってみた。

結局、何処が悪いという所は判明せず。

P_20190121_191450.jpg

診察台の上でもけっこう余裕のピーちゃん。



P_20190121_191833.jpg
あの医者、何をする気?

腎臓が心配だったので、一応血液検査をしてもらいました。

採血している間にこっそりカルテを撮影。(どうどうとお願いすれば良いんだけどね)

P_20190121_185741.jpg

2年前に家に連れてきた時も腎臓の検査だけはしていたのね。
今回も私的にはそのつもりだったけど・・。

DSC01794_2019012419314574c.jpg
DSC01795_2019012419314696a.jpg



略必要な検査は全部してくれて、若干数値が高かったりする所はありますが、
特に大きな問題はなさそうという事になりました。
勿論、本当は尿検査が必要なんですけど、もしまだ食べない様ならそれからという事で。

それとピーちゃん昔右目を怪我して、瞼がちゃんと閉じないので、
体調崩すと目の具合も悪くなります。
今回それも見てもらったら、角膜に小さい傷があるのと結膜炎になっているということで、
そちらの目薬も出してもらいました。

そんなこんなで諭吉さんが約お二人去っていきましたとさ。

そしてピーちゃんは元気復活。
私具合が悪いの、餌食べないの、水飲まないの、
はいったい何だったのだろう。
まあ元気になったから良いけど、2月になったら別のねこずの健康診断の血液検査をしようかと思っていたのが、
しばらく延期になりました。




閑話休題

昨日の休日の夕食。

P_20190123_201009 (2)

炊きゴミご飯の中身は何だか判りますか?
おでんの残り。 それを刻んで炊き込みにしました。
けっこう美味しかったです。

左上はスーパーの野菜を使う料理で具と調味料が全てセットになった、
カシュウナッツと鶏肉の炒め物。 時々半額になるんですよ。 
カット野菜なのに消費期限が1週間位あるんですよ。 不思議。肉は火が通って真空パックなので安心。
でも便利だし自分でそろえるより安いし、味もずっと美味しいので、半額に下がっていると買ってしまいます。
ただ調味料は半分位しか使いません。 全部使ったらすご~~くしょっぱいと思います。
左上はネギと人参のグラタン。
といっても、買ってあったチーズフォンデュの素が、開けたらチーズと小麦粉が入っていただけで、
他の物を揃えるのが面倒だったので、
耐熱皿にネギと少しチンした人参を並べ、偶然あった生クリームと牛乳をかけ、塩とコンソメで味付けし、
上のチーズを乗せて入っていた小麦粉を少しかけて、最初にチンで加熱して更にチーズを足して、
ガス台のレンジで焼き目を付けただけ。
塩は要らんかった。 チーズがかなりしょっぱかった。
でも簡単で美味しく頂きました。 二皿作って一皿はカレー粉を入れたので、そちらは今晩食べます。
真ん中は買ってきた惣菜の残り。 ひじきのサラダ。 みそ汁はいつもの冷凍してあったアサリ。
アサリのみそ汁はお勧めです。 買ったら即冷凍庫。 旨味も増します。
殆ど砂は入ってないので、簡単に水で洗ってそのまま火にかけるだけ。 超簡単美味しいです。













イリュージョニスト


1995年の阪神淡路大震災震度から24年。
その後生まれた人達が既に社会人なのですね。
東日本では津波で大きな被害が出ましたが、建物自体の崩壊は少なかったのではないでしょうか。
高速道路やビルは十分に強度があるから壊れないと言われていたはずが、
阪神の時は高速道路が崩れ落ちビルが倒れた画像に唖然としました。
それだけ震源が直下型の地震では揺れによる被害が大きくなるのですね。
東日本の時に地震による建物の被害が比較的少なかったのは、
阪神以後に建てられた建築物は耐震基準が変り強くなったからでしょうか。
亡くなられた命は取り返せないですが、そこから学び災害に備えるのが
今我々がするべき事なのかもしれないです。
しかしいつ来るか判らない首都圏直下型への心構えが怪しくなっている私です。
日本は阪神以後活動期に入ったという事で(と言うか、地球規模の様な気もするが)、
いつどこで大きな地震がくるか判らないのも不気味です。



さて、不気味といえば、
我が家でも非常に不思議な事が昨日ありました。

こちらの方。

DSC01732.jpg
何よ!?

なにかやらかすといえば必ずメイ。

今回は本当に不思議な事をやらかしました。

一昨日夜にまた保護部屋からドタドタと争う音がしたので見に行ったら、
ピーちゃんの毛が散ってメイが尻尾をボワッとさせていました。

またメイがピーちゃんを襲ったのでしょう。
毛は散っていましたがピーちゃんは特に怪我はしていない様でした。
長毛ってこの点では有利ですね。 いや、そういう事ではないから。

散々メイを叱り倒しましたが、もう何回何十回同じ事をしているか判らないし、
いくら叱っても怒ってもなだめすかして効き目がないので、
今回は保護部屋に置いてあるケージにメイを閉じ込めました。
反省させる為ですね。
同じ部屋にメイがいるとピーちゃんが緊張するでしょうから、
ケージにはカバーをかけて見えない様にし、翌日も閉じ込めて置こうとそのまま寝ました。

そして翌朝、

夜中にマックがやってきて一緒に寝ていて、そろそろ起きるかなと電気とテレビをつけたら、

トントンと階段を上がってくる音がして、

メ"~といつもの様にメイが部屋に入ってきました。
いつも私が起きるとやってくるし、起きるのが遅いと起しにやってくるメイ・・・、

えっ、何故?

ケージに閉じ込めてしっかり締めてあるはずなのに・・・。

あり得ない・・・。 ケージの扉は開けらないはず。
何故メイが部屋にいるの? 幻?


ケージを見てもどこも壊れていません。
そのまま中にいるはずのメイが外にいるだけ。




DSC01735.jpg

ケージはこんな感じ。 安物なのでワイヤーは確かに細いです。
リフォーム時にメイとマックを入れる為に買い、数時間でマックがワイヤーを曲げて脱走。
でもそれ以後に入れた大人の猫で逃げられたのはいません。



DSC01736.jpg

ワイヤーの間隔は4cm弱。


DSC01739.jpg

マックが曲げて少し戻した部分(上の写真の左端)で5cm。

小柄は細い猫ならこの隙間から抜けるかもしれないけど、
メイは4.5kg位あるしメス猫としては骨格も大きめです。
肩の幅も5cm以上はあるはず。
もしこの隙間から抜けたとしたら、かなり無理やり抜けるから絶対毛がついているはず。
でもそれは無し。


DSC01740_20190117154942dd8.jpg

扉を無理やり押して隙間から抜けた?
でも私の力で広げようとしても数cmしか広がりません。
ただこの辺り、むしろ100均のワイヤーネットで補強してある辺りにメイの毛が残っていましたが・・・、
3cm角も無い隙間から抜けるのはもっと無理。

どうやって脱走した?
あいつ、魔法を使う?

DSC01730.jpg
そんなの知らない。


謎です。 本猫はしら~といつも通りです。 


おまけ
ベランダに撒いた猫草。
立派に麦になりました。

DSC01746.jpg

成熟するでしょうか。


# プロフィール

REI

Author:REI
メイとマックの猫2匹との日々。
長期放浪中のトムは何処に?

# カレンダー

01 | 2019/02 | 03
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 - -

# 最新記事

# 検索フォーム

# メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

# 固定要素

ココに固定表示したい内容物