三毛さん保護


台風の被害はなかったでしょうか。
千葉は台風進路からはかなり離れたいましたが、天気予報の通り(珍しい?)、
日中から夜までは雨で、夜半からは風が強くなりました。
ただ夜中は風と雨の両方で、関東でも風雨で目が覚めた人も多かった様です。

そしてその夜の雨の中を三毛さんがやってきたので、たいして濡れずにやってきたのでどこかに良いねぐらがあるのかもしれないですが、天候が心配で思い切って捕獲器で保護しました。

DSC08842.jpg

ほら、可愛げというものがないでしょう。
三毛さん、シュタイン君と同じで石です。


DSC08843.jpg

目を閉じれば怖い人間はいない事になる?
チュールにも反応しません。
カリカリも鶏肉とかつおとまぐろの特製ウエットにも反応せず、全てひっくり返してぶちまけて、
飲まず・食わずのシュタちゃんです。
しっこだけは夕べしてありましたが、水も飲んでおらず、これもソラ君(シュタイン君)と同じ。
ソラ君とは違い、外では触れはしませんでしたが、足元まで寄ってきて目の前で餌も食べたのですが、
捕獲器で捕まったのが怖かったのか、すっかり「石」です。
ただお尻を触ると前に逃げるので、その点では若干動く石?
できるだけ早く手術します。


三毛さんを保護した日曜日。 台風の影響で気温が21~22℃程度。
当然我が家のねこずは、

DSC08835.jpg

三団子。 メイとマックは温め合い、ヒメはおまけ。(笑) 脱走翌日ですね。

そして暑くなった昨日の朝は、



DSC08837.jpg

日向の朝青龍? 
戻ってきて良かったね。 外ではこんな姿では寝られないもの。
本猫に判っているのか・・・。



おまけ

DSC08851.jpg

はちねこ手ぬぐい。 1枚千円。
はちねこさんで絶賛販売中。

続きを読む »

脱走!

台風が日本列島に沿って進みそうです。
九州から中国地方を横断し、その後 日本海側を列島に沿って進み、
東北から北海道に再度上陸するコースになりそうという事で、
以前のりんご台風と似たコースで農作物の被害が心配です。
関東も明日は雨、夜は風が強くなるとか。 どこにも大きな被害が出ませんように。
明日は月1回の日曜休日。 庭仕事もできないので1日家に籠って、チクチク(羊毛フェルト)やアミアミ(籐編み)でもするか、お猫様にお相手して頂くか。 でも結局は時間泥棒にごっそり時間を盗まれて、何もしない1日になるんだろうなあ。 


そのお猫様。
今朝新聞を取りに出たら、いつもの様にソラ君のおかあしゃんがいつものエアコン室外機の上で、
朝ご飯をご所望だったので、いつもの様にカリカリをご用意して再度外に出てお給仕させて頂き戻ったら、

あっ、玄関前に茶白猫と黒渦巻が! 

な、何で!? 玄関の扉は自然に閉まるのに、何故玄関が開いてる!
一種立ち尽くす2匹の猫と一匹の人間!
黒渦巻は立ち尽くす人間を見て、慌てて中に逃げる。
一歩前に居た茶白は庭を向こうに逃げる!

あっ、ヒメ! ヒメちゃん・・・。

うちの猫で一番の怖がりで保護してから1度も外に出たがった事もない。
家の中でも怖いと思ったら捕まらないヒメ。 もし逃げられたら絶対捕まらないであろうヒメ・・・。

そのヒメが角を曲がって家の横に姿を消してしまった・・・。

最近はすっかり甘えん坊になって、ニャーニャーうるさいほどにつきまとうヒメが・・いなくなってしまった・・・。



P8250847.jpg


自然に閉まるはずのドアに庭仕事で使う殺虫剤が挟まり、開きっ放しになっていました。
恐らく2匹は 何だろう と出てしまったのでしょう。
(メイなら確信犯で脱走なのですが)

慌ててヒメが消えた家の横と塀の間を覗いたら、
保護されてから初めて出た外で、他の猫の匂いがする地面をスンスンするヒメの姿。
塀越しに近づいたら当然逃げる。 庭の表の方に逃げたので慌てて玄関に戻れば、
その私を見てまた家の横に逃げる。
やっぱり絶対捕まらないよなあ、ヒメは。

取り合えず、私から逃げたら家の中に逃げ込める様に、
他のねこずを逃げられない様に部屋に入れ、逃げた玄関といつも外を見ている庭に面した居間のガラス戸をあけ放つ。
(ななは私に追いかけられていると思って、捕まえないでとピーピー鳴いて逃げ回り、これはこれでひと騒ぎ。 メイとマックは簡単につかまり部屋に押し込め完了)

再度家の横に戻り塀の外から覗いたら、
塀に両手を掛けて攀じ登ろうとしているヒメ。 ドン臭! 登れないでしがみついてる。
その両手を捕まえてやろうと近づけば、当然脱兎のごとく逃げるヒメ。 逃げるのは速いんだ・・。
それを追いかけまた表に戻ると、どこにもヒメの姿が見えない。
反対側に回ったり、前の家の車の下を覗いたりしても姿が見えない。

もしかして家の中に入った?と
居間を探しても姿はなく、玄関から2階に上がったかと上を探したら、
私の部屋にチラッと赤い耳が!

居た!


というのが、今朝の脱走劇。 おそらくその時間は5分~10分位。
抱っこも長くて3分のヒメ様の脱走劇は、これも僅かな時間でした。
良かった、戻って。
とにかく怖がりのヒメは、私にも捕まらないでしょうし、捕獲機で捕まえられるかも怪しい。
家から離れたら恐らく戻れないでしょう。 
ちょっとした油断が取り返しがつかない事になる寸前でした。

最近、三毛猫が庭にくるので、いつもは余り玄関に来ないヒメも、三毛の存在で玄関土間に降りたりしていました。
良かったよ、本当に・・・。


P9160884 (2)
REIおばさんが悪いんだからね。 で、なんで私の写真がボケボケなの?

と、全く何もなかった様ないつものKYヒメでした。



そして問題の三毛さん。

DSC08825 (2)

こういう子です。 
画像だと大きさが判りませんが、多分2kg程度でしょう。 小柄です。

お顔はブスではありません。

DSC08823 (2)

ブスではないけど、可愛くもない。 特徴が無い。
これは可愛く写るフィルター効果です。 (そんなの無いけど)


DSC08821 (2)

これもフィルター効果。
実物は一番上の画像通りです。

一昨日夜、昨日朝と略1日姿を見なかったのですが、夕べはまたやってきました。
それまでの4日間?は朝晩とやってきて、餌を食べた後も玄関前で寝ていたのですが、
今朝もいませんでした。
家の中にはいりたがったり、目の前でも餌を食べられるので、
どこか決まった所で餌をもらっていたのではないでしょうか。
そこで一時的に餌をもらえなくなり、うちに流れたきたのか。
でも触る事はできません。 警戒はかなりします。 だから捨て猫とも思えない。
様子を見ながら捕まえて手術をするつもりです。
ただ、元の餌場に戻ってこなくなるかもしれないです。 例の家かもしれないけど。
そうなる前に手術したいのですが、安くやってくれる病院は余り小さいと手術しない方針なので、
さてどうなるか。






結界


本日天然サウナの柏も、夕方になり少し気温も湿度も下がり、
無料サウナは終了した様です。
明日も気温は高くなりそうですが、すっかり秋の気配が濃くなりましたね。


さて、うちのねこず、特にメイとピーちゃんの関係は悪化のまま膠着状態です。
肉弾戦でピーちゃんが負けたのは確実らしく、すっかりメイがいい気になっています。
今まではピーちゃんが保護部屋から出ようとすると厳重注意でいちゃもんつけていたのが、
ピーちゃんがケージから出ていると、ケージに戻れといちゃもんつける様になりました。
ピーちゃんは小さい声で文句言うだけですが、メイがギャーギャー喚くので、
虐めようとしているのが直ぐに判るという間抜け振り。

そこでメイがケージに近づけない様に、ケージの前に結界を定めました。

P9120866 (3)

掃除機です。 掃除機を2台ケージのの前に置いて結界としています。
メイは掃除機が生き物、恐ろしい生き物と思っているらしく、
掃除機が動けば逃げる、動かない時は遠巻きにして様子を伺い、
動かない様なら猫パンチをおみまして即逃げる。
だからこの「寝ている掃除機」でもいつ動き出すか判らないので、越える事はできないはずです。

(ケージの両側が変になっているのは、怨霊の仕業や異空間への入口ではありません。 ごちゃごちゃを隠そうとWindowsの無料ソフトでやったらこうなりました。)


P9120871 (2)

結界より中に入れないメイは、マタタビハンカチで自分を落ちつけようとしている?



P9120870 (2)

でも気にくわないで睨む先は、




P9120874 (2)

緊張したピーちゃん。

結界の効き目はあるんだろうか?


ところで、我が家の庭に半年位の大きさの三毛猫が現れて、3~4日、毎日通ってくるようになりました。
いきなりです。 去年のソラ君親子以外に、メス猫や子猫の姿を見なかったのに、
いきなり小柄なメス猫が庭にやってきました。
痩せて小さい猫です。 お腹が空いているからなのか、ソラ君のおかあしゃんと比べると、
ずっと警戒心が薄いです。
近づけば逃げますが、1m位までは近づいてきました。
生粋の野良とは思えないけど、捨て猫とも思えない。 捨て猫ならもっと警戒心はないはず。
どこかで人から餌をもらっていたのだろうか?
そういえば、ななもいきなり春に現れて猫で、どこから来たか判らないままです。
ななは様子から生粋の野良だと思ったのですが、半年ですっかり慣れたので保護した猫です。

そして去年は元三毛猫群団の近くで保護したぶっちゃん。 
そのぶっちゃんの里は無責任に猫を増やしていて、殆どが三毛と赤茶猫。
今回急に現れた三毛猫、顔がぶっちゃんと似ています。 おそらく月齢より小さいのでは思われるのも似ています。
もしかしたらぶっちゃんの里の猫では?  もしかしたらななもそこから来たのかも?
ぶっちゃんの里とうちは私の足で5分も離れてはいませんが、今まで明らかにあそこの猫と思われるのが来た事はありませんでした。 唯一、ぶっちゃんの里で飼われているのが判っている、黒虎のおやじ猫はうちの庭どころか、道路を渡って向こう側まで行っています。 手術はしてない。 性格悪い。 野良なら捕まえて手術できるけど、時々赤い紐の首輪をしてくる。
飼い主も猫も性格が悪い。
もしかしたら三毛猫、おやじ猫にくっついて来たのかも。
そしてもしかしたらななも同じ所から来ていたのかも。 そういえば、顔が似てるかも・・。

小柄三毛猫、保護して里親探しをするのはちょっと難しいお顔です。
ぶっちゃんは性格が良くて可愛い雰囲気だったけど、小柄三毛さんはとにかく顔が小さくて目が寄っていて、
ななより里親探しが難しいお顔です。
保護して里親が見つからなかった場合、これ以上猫は増やせません。
TNR(M)は簡単ですが、ピーちゃんを見ればわかる様に、条件が良ければ野良でも10年以上生きます。
最後まで面倒みられるか・・・。
結局、化け物屋敷のぶっちゃんの里問題を解決しないと、ずっとこんな悩みを抱え続ける訳?
何もしないまま1年経ってしまいましたが、見なかった事、無かった事にはできそうもないなあ・・・。

# プロフィール

REI

Author:REI
メイとマックの猫2匹との日々。
長期放浪中のトムは何処に?

# カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

# 最新記事

# 検索フォーム

# メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

# 固定要素

ココに固定表示したい内容物