ペットボランティアサイトが多過ぎる



今日はハナから愚痴。
動物救済サイトが多過ぎる!
「緊急災害時動物救援本部」が一番大きいのか?
でもここでリンクしていない個人やボランティア団体のサイトが沢山ある。
地震後直ぐに派手に活動宣言したA団体は、どこまで信頼できるのか判らない。
最初から現地の様子を確認する事も無く、しかも途中から素人の参加を呼びかけていたので、
詳細は知らなかったが行動方法が納得できなかったので、それ以上は追わない事にした。
大きな動物愛護団体は初動が遅かった。
今でも実際は何をしているのか良く判らない。
被災動物探しのサイトだけでもいくつもある。
せめてこれだけは統一できないのだろうか?

ある方のブログで現地に入って活動している某保護団体のサイトを知り、
いつもROMしているブログとの関連団体の代表らしいので、信頼できると判断して物資を送った。
今でも信頼はしているけど、どうも他団体の情報と食い違う所もある。
実際現地で活動している人と、他地域で音頭取りしている団体との情報量、温度差が大きい。
被災地であっても同じ県で被災していない地域の保護団体があるはずで、そこと協力体制が出来ていない場合は、援助の仕方として後々の為に良い方法とは思えない。
まあ、私が物資を送った所は現地と共同で保護センターを作った様なので、その点でも信頼はできると思うが、やっぱり幾つかの疑問が残るので物資の援助は2回で辞める事にし、義捐金はやめておく。


それにしてもいくら普通の経済活動を続ける事も支援と言っても、やはり何か実際的支援活動が出来ないものかと考えていて、この物資を送るという行動が別の行動へのきっかけとなった。
猫ブログを通して海外在住のブロガーさんの活動を見ると、ただ寄付をするだけでなく、手作りクッキーを売ったり、バザーを開催したり参加なさったりしている。
これは日本では少ないタイプの募金の募り方だと思った。 上手く言えないのだが、ただお金を寄付するのではなく、何か活動をしてお金を生み出している。

私は自営業でなので職場の前に道路に面してスペースがある。
人通りは余りないけど、そこで自分の古本を売る事にした。
家には潰れそうなほど文庫本があるけど、余りに古いのは売れないので、売る本は20~30冊しかない。
売れるかどうかも判らないけど、まずはやってみる!
お客様にも呼びかけて古本を集めてみるつもり。
復興は永く永くかかるのだから、売れなくてもしばらく続けるつもり。
多分大してお金は集まらないだろうし、お客さまの援助も無いかもしれない。
(けっこう皆、自分自身の事で忙しいのだ)
でもこれなら私でも出来る! やっと自分で出来ることを見つけた!
結果は期待しないで、やるだけやってみようと思う。




 | ホーム | 

# プロフィール

REI

Author:REI
メイとマックの猫2匹との日々。
長期放浪中のトムは何処に?

# カレンダー

03 | 2011/04 | 05
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

# 最新記事

# 検索フォーム

# メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

# 固定要素

ココに固定表示したい内容物