猫の日



今日はにゃんにゃんにゃんでネコの日らしいです。

我家のネコ2匹は元気です。 そして飼い主も元気です。

ネコの日だからという訳ではありませんが、ずっと考えていて結論がでない事を

やっぱり書いておこうかと思います。


私は生まれた時から猫と一緒に育ったらしいです。 
記憶が残っている所から既にネコと一緒でした。
黒猫のオスで昔の事なので手術などしてなくて、かって気儘に暮らしていた猫で
こちらも味噌汁ごはんなんかをやる様な飼い方でした。
若い方には驚きかもしれませんが、昔の標準的な飼い方はこんなものです。
私が高校生のある朝、玄関の下駄箱の上で寝たまま死んでいました。
猫としては幸せな猫生だったのではないでしょうか。
彼は私が子供の頃には既に大人だった訳で、私にとって猫は

けっして

「子供」的存在では

ありませんでした。


その後色々な猫が短い猫生で過ぎていきました。

その頃は私も自分が生きるのが忙しかったから、猫達には充分な愛情をかける事も気にかける事も少なく、
ここには書けない様な可哀相な飼い方もしました。(捨てたりセンターに送ったりはしていません)

でもその頃の私の年と比べて、数年しか生きなかった猫達も、私より大人だったんですよね。

つまり

一緒に育った黒猫と17年生きた先代との間にいた猫達も、
私よりは大人で けっして 子供的な存在ではなかったのです。


そして先代のサビ猫がやってきました。
やはり自分が生きるのに忙しかった時代から、今の仕事を始めるまで
一緒に17年間を生きて、先に年老いて
私の手の中で死んで行きました。

どの猫も私に

生き方と死に方を教えてくれました。

猫は私にとって

子供的存在ではなくて、

あえて言うなら

同士的存在でした。


そして 同時に猫は猫なんです。
独り者の私が猫に頼りすぎない為にも、
ネコはネコとして私は扱う必要が私にはあります。
勿論、それは私自信の問題であり、

同じ事を人に求める気はありません。


ただ、毎日猫がいるから家に帰りたくなる。
ネコはネコとして、

いてくれてありがとう!




# プロフィール

REI

Author:REI
メイとマックの猫2匹との日々。
長期放浪中のトムは何処に?

# カレンダー

01 | 2013/02 | 03
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 - -

# 最新記事

# 簡易型ネコの年齢計算機(グラフィック版)

# 固定要素

ココに固定表示したい内容物