「永遠の0」



寒い! 昨日も今日も最高気温が10度ありません。
先週から日々の温度差が激しくて、20~10度を行ったり来たり。
いくら三寒四温でも、2月と5月を行ったり来たりは勘弁です。

もっともここ2週間位は自分達のベッドで寝ていたお猫様が、
私の布団の上で寝たり、
昨夜はメイが布団の中で一緒に寝てました。
寒いと人間暖房が必要になるらしいです。 
マックは可哀相に、一匹で猫ベッドで丸まってました。
メイは要領が良いからなあ。



さて、老眼とPCですっかり目が悪くなり、
本を読むのが面倒になって、数ヶ月まともに本を読んでなかったのですが、
新聞の本の紹介欄で面白そうな本があったので、久しぶりに読んでみました。


「永遠の0」   百田尚樹 著

第2次世界大戦中、海軍の航空兵?として戦い特攻で亡くなった1兵士の人生を、60年後に孫が調べるという話です。
当然フィクションですが、当時の海軍の航空隊?の様子が良く判る内容だと思います。

アマゾンの書評では賛否分かれていて、特に参考文献にあがっている戦記物を読んでいる方々には、丸写しと評判が悪い様ですが、その辺りを殆ど読んでない私には、充分に読み応えがある本でした。

戦争に関する本は全く読んでない訳ではなく、いくつかは読んでいて、陸軍の愚かな作戦で多くの兵士が亡くなった事や、市民を巻き込んだ沖縄戦や、終戦後の満州の様子などは、本やTVの特集で知っていましたが、航空隊?もまた無謀な戦いを強いられていた事をて知りました。(フィクションとはいえ)
特に、海軍の特攻兵器回天(人間魚雷)は知っていましたが、人間ミサイルともいえる桜花の事は始めて知りました。

そして当時の戦争指導者と日本の記述が、まるで原発を巡る今の日本と通じる物がある様にも感じられたのです。
現実を見ようとせず結果を考えず、事実を国民に知らせず、盲目に突っ込んでいく軍部と、
原発の危険性を知らせず、核廃棄物の始末方法もなく、安全神話と環境エネルギーという大嘘で塗り固めた、原発政策。
うがち過ぎなのかなあ・・。

ところで、この本では兵隊を使い捨てにする日本軍と、兵隊の命を第一に考える米軍という比較が何回も出てきますけど、それはどうなんでしょう。
日本軍と比較すればそうかもしれないけど、「ぼくたちは水爆実験に使われた」を読めば、いずこも一兵士は使い捨ての道具に過ぎないと思われます。

戦争自体が命なんかどうでもいいからするんだからね・・。


と、面白かったのこの百田という作家の他の作品を読んでみようと思ったのですが、ここまで芯のしっかりした作品はこれだけみたい。
この本にしても狂言回しの現代の部分は陳腐な話なんだけど。
以前に澤田ふじこの「天平大仏記」を読んだ時に、その骨太の歴史小説に感動したけど、その他の作品が比較的軽い時代小説ばかりなのにちょっとがっかりしたのを思い出しました。 それも面白いんですけどん。
作家が何作も大作を書くというのは、大変な事なんでしょう。






P1070621.jpg
そんな本なんか読んでないで、私と遊びなさい!



と、じゃらしをくわえて来て(アルペン猫さん、ありがとうございます)、私が読んでる文庫本の上に無理やり乗って邪魔するメイさんです。

本読ませろ!






# プロフィール

REI

Author:REI
メイとマックの猫2匹との日々。
長期放浪中のトムは何処に?

# カレンダー

02 | 2013/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

# 最新記事

# 検索フォーム

# メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

# 固定要素

ココに固定表示したい内容物