全地球安保法


本日4月1日より、昨年全地球会議により採決された、
全種族対象安全保障法が施行されます。

これまで人類のみに適応された生命の安全に関する法が、
全ての生物に適応される様になる、画期的な法律の成立です。

例えば人を殺した場合に適用される刑法199条が、
本日より犬猫などペットを死に至らしめた場合も適用されます。
従って、不要になったからと、センターなどに持ち込んだ場合は、
計画的殺傷とみなさる事になります。
また動物愛護法では2年以下の懲役または200万円以下の罰金であった、
虐待・遺棄も刑法や児童虐待法が適用される可能性が出てきます。

逆に環境や他の生物の生存に大きな被害を与える生物は、
鳥獣保護法の「管理・駆除」の対象となり、
地球環境に悪影響があり、無秩序に増殖し他の生物を脅かす
「人類」がまずその筆頭に上がる可能性も出てきました。

これにより、惑星地球の全ての生物が平等に生きる権利を有し、
生存に適した環境が保全される、画期的な法が施行される、
記念すべき日となったのであります。


以上、CDN(cat&dog news)がお知らせしました。  4月1日2016年





 | ホーム | 

# プロフィール

REI

Author:REI
メイとマックの猫2匹との日々。
長期放浪中のトムは何処に?

# カレンダー

03 | 2016/04 | 05
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

# 最新記事

# 簡易型ネコの年齢計算機(グラフィック版)

# 固定要素

ココに固定表示したい内容物