捕獲は? そして急展開も


きょうの記事は(も?)長いです。

まず、本日は2回目の母猫捕獲&手術予定の日。

結果は ・ ・ ・






DSC07530.jpg


捕獲器に入っていたのは


お子 でした。


ほぼ90%以上の確率で、母猫は朝うちの庭にいるのです。
それが火曜日は雨で居ず。
今日は天晴れ秋晴れで当然母猫がいるはず・・・
しかし居たのは白黒のおやじ猫のほう。 そして母猫の姿は無し。
しかたないのでおやじ猫には朝ごはんを少しあげて、仕事に行ってもらいました。(失職中でしょうが)

そして庭に捕獲器をしかけて、母猫が捕まるのを期待しながら様子を見に行ったら、

中にいたのは、しばらく姿を見なかった大きくなった子猫が入っておりました。 すっかり大きいけど。
病院に相談しましたが、手術は紹介状1枚に一匹しか有効でないそうで、
この子猫も手術できる大きさかもしれませんが、この子を手術すると母猫の手術にはまた紹介状をもらわなければならない。
もう子離れもしているので、母猫の手術は早くしなければならず、この子の手術は諦めました。


そして、









DSC07531.jpg
十分な高さがあるので、立ち上がってストレッチもできます。



DSC07537.jpg
3段目は寝室にも使えるロフトとなっています。


例のケージのモニター使用をしていただいております。

正直、放すべきか里親募集すべきかまだ決められません。
既に6ヶ月位の大きさなので、里親探しは厳しいでしょう。
ただグレーの綺麗な猫で、全く慣れてない野良猫ですが、猛獣ヒメの時と比べると、
シャーもしません、空気方攻撃もしません。 写真も撮れます。

多分、オスだと思います。 数日様子を見て、 もし慣れそうもなければ放します。
放す場合は手術は後になります。


というのは、母猫以外にその前に手術が必要な 猫達 が出てきてしまったのです。


ブッキーちゃんを保護した路地入り口。 子猫がいるという事は母猫がいる訳で、
母猫らしい猫を近辺で数回みており、ブッキーちゃんの兄弟らしき子猫の姿も夜中にみていました。
それからずっと路地の奥を気にしていると、別のメス猫の姿も確認。
丸ちゃん達の手術は全て終わっているのですが、耳カットの無いメス猫が数匹、路地奥にいるらしい事までは確認済み。

そして昨夜帰宅途中、路地の入り口付近で丸ちゃんが女性二人から餌を貰っていて、
丸ちゃんは人懐こいので色々な人から餌をもらっているのは極普通の姿。
だから丸ちゃんをちょっと撫でて通り過ぎました。
と、数メーター歩いたら靴の紐が解けて締め直さないと歩けなくなり、しゃがんで閉めなおしながら、
猫好きの女性だからもしかしたら路地の猫達の事を知っているかもしれないと、戻って話しかけました。

どんびしゃ!  1人が路地にある家の住人で、
前から猫の巣だと思っていた廃屋の様な家に、猫が沢山いる事、その家の住人とも面識があるとの事。
しかも庭に捕獲器を置く事を了解してくれて、まずは手術の予定を立てなければと話していたら、
廃屋(ではなくてちゃんと人が住んでいるのですが、とりあえず廃屋と表現)の住人が車で帰宅。
男性の老人でちょっと変っているとの事で女性が一緒に来てくれたので安心して話しかけて、
猫を飼っているのか、餌をあげてるだけなら何匹いて、手術しないのかと話しかけて、やっと路地猫達の事が判りました。

老人は猫を飼っているけど、外には出してない。(実際は出しているらしい)
廃屋には姪夫婦が一緒に住んでいて、外の猫達はその姪が餌をやっていて、
昨夜は部屋にいるから直接話してくれとなりました。
そして姪御さんが出てきたら、ワラワラと入り口の前の積み上げてある箱やら何やらから
猫達が出てきて殆どが三毛とサビ! つまりメスばかり!!!
外の餌をやっている猫は6匹、家の中で飼っているのが十数匹との事。 全部未手術。
でもね、外猫も6匹以上は姿を見ました。 数える余裕はなかったけど。
こういう事をするのは始めてなので、まずどうやって話を進めたら良いかで一杯一杯でしたから。
とりあえず手術はしたいとの事。 お金は出しても良いとの事。
なので、まずはネットワークさんから紹介状をもらい、この猫達の手術をしなければいけません。
雄猫は全て後回しです。 というか、残念ながら雄猫までの余裕はないです。
お金も実際どこまで出してもらえるか判りませんから。

ところがまだ小さい偶然があり、この姪御さん、丸ちゃん達の餌やりしている時に話した事がある人でした。
家で十匹以上面倒見ていると言っていた人です。 まさか廃屋の住人とは・・・。
また丸ちゃんに餌をやっていた女性の1人は、母猫とグレー子猫が餌をもらっている駐車場で会った事があり、
猫のTNRに協力したいと申し出てくれていた若い女性だったのです。
昨夜も、転勤になり捕獲には協力できないけれど、金銭的協力をという事で援助を受け取ってしまいました。
という事で、母猫の次は廃屋のメス猫群団に取り掛からなければなりません。
それにしても廃屋の路地と、私が丸ちゃん達に餌をあげている駐車場は50m位しか離れてないのに、
中にあんなに沢山の猫がいるとは全く判りませんでした。
餌は貰っているので、駐車場までは来なかったらしいです。 ただ弱いのは足りなくて偶然私の餌やりに来たのかもしれません。
不思議なのはあれだけメス猫(多分10匹近く)がいて、子猫の姿がない事。
ぶっちゃんの兄弟と思った子猫の姿もありませんでした。
でも考えない事にします。 今はあのメス猫群団をなんとかしなくては。


というのが、昨夜からの急展開です。 出きるのか、私・・・・。
まずは母猫を捕まえなくては。 賢くて捕獲を狙っているのが判ってしまうのだろうか。
日曜日に予定しています。




 


 | ホーム | 

# プロフィール

REI

Author:REI
メイとマックの猫2匹との日々。
長期放浪中のトムは何処に?

# カレンダー

10 | 2016/11 | 12
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

# 最新記事

# 検索フォーム

# メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

# 固定要素

ココに固定表示したい内容物