母猫リリース


午前中に母猫を引き取り、うちで一泊させ明日リリースする予定が、

キャリーからケージに移すのに失敗しケージに入れられず、

結局庭にお逃げになりました。  

引取り時には特に注意も薬もなかったので、大丈夫だとは思うのですが・・・・。

一目散に逃げていき、多分しばらくは来ないでしょうから確認のしようも無し。

この病院、ネットワークの紹介無しでも殆ど同じ料金で、
メスは¥10,800、オスは¥8,000 が飼い猫料金で、
野良オスは¥5,000だという事が判りました。
ただやはりうちの猫はここでは手術したくないかなあ。
術後の説明が一切無いし、診察室は猫も犬も同時に同じ大部屋で診察しているので、
怖がりのマックやヒメには厳しすぎる条件の様に思います。
それと待合室で犬も猫もキャリーに入れてない人が多い。 犬は普通かもしれないけど、
せめて抱くとかリードを短くするとかして欲しい。
待っている間、今日も野良の手術を二人来ていました。 手術は安くて上手なのだと思いますが。
私が小奇麗な病院に慣れすぎてるのかもしれません。



大きな子猫の方は、今日雄猫と確認しました。
この仔は非常な怖がりで、少し触る事ができたのですが、
人間に慣れているのではなくて、怖くて動けない様です。
ブルブル震えて、過呼吸になってしまうのです。
それでシッポを持ち上げて覗く事ができたんですけどね。
さてどうしましょう・・・。
人馴れにヒメと同じ位時間がかかるなら、里親探しは無理だしねえ・・。
 | ホーム | 

# プロフィール

REI

Author:REI
メイとマックの猫2匹との日々。
長期放浪中のトムは何処に?

# カレンダー

10 | 2016/11 | 12
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

# 最新記事

# 簡易型ネコの年齢計算機(グラフィック版)

# 固定要素

ココに固定表示したい内容物