メイとなな


サビは大雑把に言うと、三毛から白毛を抜いた色。
サビも三毛も殆どがメス猫です。 三毛はまれに雄猫が生まれるそうで、昔らか雄の三毛は縁起が良いと言われています。
サビのオスは聞いた事がないですが、いるのでしょうか?

因みに、一昨年の保護猫ぶっちゃんを預かって下さり、1年以上面倒を見て里親さんを探して下さった
保護団体はちねこの代表のてんてんさんの飼い猫みけお君は、名前の通り雄の三毛猫です。

我が家にはサビの2代目、柏から保護して連れ帰ったメイと(1代目は先代の濃いサビ)、
庭に現れて半年後に大人猫で保護し居残り組になった三毛猫のなながいます。
この2匹、性格は余り似ていませんが、2匹とも遊び好き。
特にななは年中メイにちょっかい出してプロレスになります。

メイが廊下でウトウトしていたら、

DSC00721.jpg



DSC00722.jpg
メイおばさん、隙あり!



DSC00723_201804141609474b8.jpg
ななちゃんキーック!



DSC00724_20180414160948c0f.jpg
何するのよ! 
ななの方が強いよ~~!



DSC00727_2018041416094913c.jpg
なな、しつこい!
ななちゃんアターック!

と、まあ、30秒から1分程度のプロレスが毎日何回も開催されます。
全部、ななからちょっかい出して始まります。 
急に始まるからコンデジオートなので、動きに付いて行けませんが、なんとなく様子は判るでしょうか。
メイがそばに通りかかるか、こうやってメイの傍をななが通りかかると、
ゴングが鳴るらしいです、ななの中では。(笑)
小競り合いだけでこれ以上の喧嘩にはならないですが、ちょっと毎回なのでしつこいです。



因みに、奥の方にいるこのお嬢さんは、

DSC00726.jpg
何やってるの、あの2匹。


と醒めた目で見るヒメですが、ヒメだってよくななの追いかけっこしてますよ。
もっともこれも殆どななが鬼みたいだけど。
それにヒメは一匹で駆け回っている事も多いよね。


ところで、今年も庭に野良シラー?が咲きました。

DSC00742.jpg

葉っぱにピントが合ってますね。 



こちらはバラの葉。 葉にピントが合っているのは正解なのです。

DSC00745.jpg

葉っぱにまん丸く穴が開いています。
白い粉々はうどん粉病と黒星病対策の殺菌剤です。
あれ? 虫食いみたいな白色も・・、毎年アザミウマだかハバチだかで葉が無くなるほど食べられます。
これは真っ赤で大きな花のバラ。 私が凶暴なバラと呼んでいるバラです。
以前はアーチに這わせてあったのでツルバラだと思いますが、2階の窓の手すりまで伸びて、
手すりに絡みついて手すりが剥がれそうになり、思い切って2m以下に切ったのに、毎年面倒みなくても沢山咲きます。 
この丸い穴は虫食いではなく、どうもハキリバチというのが食いちぎっているらしいです。
コンパスでも持っているんでしょうかね。

この他にフェンスに這わせているピンクの小腹・・じゃなくて小バラがあります。
去年、めんまねえちゃんに名前を教えてもらったけど、当然、覚えていません。 キッパリ
今年も酷いうどん粉病。 あれが小麦粉ならうどんやさんに売れる程。 
これも塀のリフォームの時に切ってもらい残ってないはずが、庭に落ちた枝から根が生えていたので、
試しに庭に刺したらとんでもなく育ってしまったバラ。 この冬こそは大剪定して整理しなくてわ。



業務連絡、ぱんとらさん、

花の名前間違えたかもしれません。
シラー・ペルビアナ?
うちでは長い間、ベランダのプランターで放置していて、花が咲いても殆ど無視していました。
雑草だと思っていた。(母が植えたらしいですが)
だから鉢植えでも大丈夫なはずです。 
これもリフォームの時に不要なので、ベランダから庭に投げ落としてもらったので、
恐らくそれで分球して一気に増えたのだと思います。 兎に角強い植物です。
うちの庭で蔓延っているのは、全て狂暴な植物だけですから。















続きを読む »
 | ホーム | 

# プロフィール

REI

Author:REI
メイとマックの猫2匹との日々。
長期放浪中のトムは何処に?

# カレンダー

03 | 2018/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

# 最新記事

# 検索フォーム

# メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

# 固定要素

ココに固定表示したい内容物