ピーちゃんは元気 & 丸ちゃんの事


タヌちゃんの姉妹、ピーちゃんは元気です。
姉妹が居なくなったのが判ってるのか判ってないのか。
彼女もヒメみたいな強引グマイウエイな猫なのかもしれませんが、
互いに依存しすぎないというのが、野良の生活の知恵なのかもしれません。

DSC07837.jpg

ゴロゴロ甘えん坊さんで、同じビルの他の人にも可愛がられています。
幸い口内炎も目立ってはないようで、毛皮も比較的綺麗です。
長毛野良の長生き記録を狙っているのでしょうか。
とにかく良く食べます。 猫は食欲がある内は大丈夫というのが、猫の体調を見る私の基準です。
沢山食べて寒さに備えてくれ!


そして地元で餌やりしている元三毛三毛群団。
今は丸ちゃん、ハナちゃん、ポッツンさんの3匹だけになっていましたが、
最近はポッツンさんを余りみません。
彼女は元々は餌場に来てなかった猫なので、他所にも餌場があるのだと思います。

そしてもっぱら元の喫茶店の軒下で色々な人に可愛がられて餌を貰っている丸ちゃんですが、
数週間前から積極的に丸ちゃんの面倒を見る人が現れて、
数日前からこんな状態になってました。

DSC07831.jpg

近所の人の話では、愛護センターに話をつけてここで面倒見る許可を得たと言っているとの事。
この意味が不明なのです。 だって他人の土地での許可をセンターが出す訳がないので。
ただ丸ちゃんの生活空間は良くなったので勇気があれば出来るんだ!と思っていたら、
一昨日かな、この箱の上に名前と丸ちゃんを連れて行きますという置き手紙がありました。
これも近所の人の話では、その人は猫を5匹飼っているので、先住さんが受け入れれば保護したいと言っていたそうなので、
丸ちゃんは正式に保護されたのでしょう。
ヒメも私がラチって保護したので、やっと丸ちゃんも幸せになったという事です。
箱やトイレはそのままですが、他の猫が使っている様子はありません。
この場所は喫茶店の人に断って置き餌をさせてもらっていて、その餌は同じく喫茶店のバイトだったミーちゃんや、
1匹だけ残ったハナちゃんも餌を食べにきているので餌やりは続けます。
最初は10匹以上いた三毛三毛群団もハナちゃんだけになり、多分血縁関係のあるミーちゃんの2匹になりました。

今の所まだ休日も家事だけで手一杯で、メス猫群団の廃屋モドキは手付かずのままです。
明日はシュタイン君の手術ですが、捕まるかなあ。
最近ますます反抗的で、ヒメとはま逆の過程です。 
今回の事で学んだのは、ある程度大きな月齢の猫は、検査・ワクチン・手術は一辺に済ませて方が良いという事。
ワクチンと手術は出来れば時間をずらしたかったのですが、シュタ君には何度も捕まって病院送りが人馴れの妨げになりました。
しゃーしゃーゆうぞう君、捕まるかなあ・・・。

コメント

[title]:

ぱんとらさん、

ピーちゃんを保護しなかったことはけっこう痛い所を突かれました。
まず、ピーちゃん達の存在はこのビルの1階と2階のテナントしか知らないと思います。
ピーちゃんが若い頃は表の道を渡り、向かい側に遊びに行っていたらしいですが、
夜だけだった様なので、どこから来ているか知っている人はいなかったと思います。
私と上の事務所の女性二人で面倒を見ていましたが、二人とも既に猫を飼っていて、
ピーちゃん達を保護する事は考え付きませんでした。
私は丁度その1年前にトムを(近くに捨てられた子猫らしく、数ヶ月ビル裏で面倒を見てました)連れ帰り、先代と合わせ2匹以上を飼う気は全くありませんでした。
昔はもっと居た時期もありますが、その頃の反省からも2匹が限度だと思っています。
これは4匹になってしまった今も代わりはありません。 私のキャパで責任を持って可愛がれるのは2匹だと思っています。
その点ではねこずに申し訳ないと思っています。
また狸姉妹は最初の1年は殆ど触れない猫だったので、それも保護を考え付かなかった理由でしょう。
その頃はTNRとか保護とかの概念は知らなくて、まして保護して里親探しをするという方法は全く知りませんでした。
猫は拾ったら自分で飼うか、見て見ない振りをするかだと思っていました。
まあ結局、保護して里親探しも失敗して、2匹が4匹になってしまった訳ですが。
10年以上経ってから、仕事を辞める時は2匹を家に連れ帰るしかないとは思っていました。
ただ野良生活しか知らない猫を完全家猫にする困難さを思うと、なかなか実行はできません。
というのが言い訳です。 多分もう一人の彼女も同じ様な思いだったのではないでしょうか。
因みに彼女は狸姉妹の子供を一匹引き取り、その仔は病気で数年前に亡くなったそうで、
子供より長生きしたのだからそう不幸ではなかったのではと言ってくれました。

丸ちゃんの事は私も若干の不安があったので、ブログ記事がその様な印象をぱんとらさんに与えたのではないでしょうか。
丸ちゃんもヒメと同じ年なので3歳過ぎ位ですが、最近現れた人が積極的に面倒を見始め、どういう人かわからなかったので心配でした。 その他の餌やりさんは何人か姿を見ていたので、もしかしたらその中にいたのかもしれませんが。
虐待とかは考えなかったけど、先住さんと折り合い悪いからと捨てられてもと心配がありましたが、
近所の人も同じ様な思いなのか、単に仲良しになったからかは判りませんが、家まで行ってきたというので心配はなさそうです。
ただ確かに虐待目的の人もいるかもしれないから、注意は必要ですね。

シュタイン君、当然しゃーしゃーゆうぞう君続行中です。
時間がかかりそうです。

  1. 2016/12/19(月) 16:02:51
  2. URL
  3. REI #-
  4. [ 編集 ]

[title]:

ピーちゃん元気でなによりです。
それにしても、人懐っこくてタヌキみたいで愛嬌のある子なのに、
どなたもうちの子に....と保護しようとしなかったというのも
不思議というかなんというか・・ なんてことを丸ちゃんの今回の一件をみて
思った次第。意外とピーちゃん、人懐っこくみえていざとなったら捕まらないとか?( ´艸`)
丸ちゃんを家の子にされた方も不思議さんですねぇ。最初読んだ時は、
だいじょうぶなのか?この人...と、疑り深いヨゴレとなった私(笑)
即座に思ったんですが、虐待の疑いはなさそうで一安心。
引き続き、ハナちゃんのエサやり、がんばってくださいね。

手術を終えたシュタ君、どうですか?ってすぐにキャラが変わるとは思えないけれど、
徐々にでいいから心を開いてくれますように。( ´艸`)


  1. 2016/12/19(月) 04:50:19
  2. URL
  3. ぱんとら #cI.fck.g
  4. [ 編集 ]

[title]:

鍵コメ様、

丸ちゃんはこのセットを用意した人のお宅で正式に家猫になるそうです。
寝床の茶箱は近所の人の外猫用として引き取られて、トイレなどは丸ちゃんの保護主さんが片付けるとの事。
確かに地域猫の面倒を見るには理想的なセットだと思いますが、問題はここの地主さんが知っての事なのかでした。
以前に元喫茶店でも寝床とトイレを用意したのですが、その時は直ぐに向かいの家の猫嫌いがクレームして、
全てを片付けるしかなかったと聞いています。
私もその猫嫌いが寝床とトイレの側に仁王立ちして睨みつけている姿を見て居ます。
今回は誰が置いているか特定できなくて様子を見ていたのではないでしょうか。
丸ちゃん達は地域猫として行政に認定されてはいなく、町会にこういう人が1人でもいれば認定されません。
地域の住民に認められているかは不明ですが、主に私の様に通勤で通行している人達に可愛がられていた様です。

この猫嫌いはトイレや寝床があるから猫がやってくると言っていた様なので、猫嫌いの一般的反対意見ですが、
納得させるには本腰を入れる必要があるでしょう。
実際はすっかり「野良猫」の数が減ったので、騒ぎ立てる事はなくなったかもしれないです。
喫茶店は閉めてしまったので詳しくは聞けませんが、近所の人にあったら猫嫌いの家の事を聞いてみます。
因みに丸ちゃん達が以前残飯を貰っていた駐車場では、近所の人がセンターに猫達の存在で苦情の電話してました。
本当は残飯おじさんが問題だったのですが。
今では目立つほど猫がいなくなくなりましたが、駐車場にカリカリを撒く人がしばらくいたので、
それも問題になっていました。
私自身も餌やりですが、一応駐車場管理会社に黙認をお願いし、基本置き餌をしない、夜中にコソコソ餌やりに行く(苦笑)と、近所を説得する代わりに目立たない様にしてきました。
丸ちゃんの置き餌も喫茶店の人に許可を得て、目立たない様にプランターを置きその陰に置いていたので、
そういう意味では卑怯なやり方ではあると思いますが、猫嫌いを態々刺激するような「モデルプラン」を置く勇気はありませんでした。 やはりその地域の了解無し、少なくとも地主の了解なく目立つ所に置く方法は私にはできない事です。
って、職場でやってるのもビルの所有者にも管理会社にも了解得てないから同じ事か・・・。
違うのはビルの裏なのでビル住人しか知らないし、上の階の人達は知らないという事かな。
やっぱり堂々とやる勇気はないなあ・・・。
うちの庭でもコソコソやってるからなあ。 でも食べるのも出すのもうちの庭(多分)ならいいか・・・。






  1. 2016/12/17(土) 19:06:11
  2. URL
  3. REI #-
  4. [ 編集 ]

[title]:

めんまねえちゃんさん、

ピーちゃんが夜どこで寝ているのか判らないのが心配ですが、風邪を引いた事もないので、
今の所は心配ないと思います。 昼間は日向ぼっこか中で作ってあるベッドで寝ています。
タヌちゃんが使ったいたのには寝ないので、新しく作ってやりました。
微妙に仲が悪い姉妹だったからなあ。

丸ちゃんの保護先に近所の人達が遊びに行き、丸ちゃんの様子を確認してきたそうです。
夜偶然にあって教えてくれました。 多分心配ないと思います。
色々な人に可愛がられていたから寂しがる人もいるかもしれないけど、ちゃんと保護された事が判る数少ない例なので良かったと思います。
ハナちゃんが一匹になり可愛そうかと思ったら、凄い勢いでミーちゃんを追いかけて苛めていたので、夫々元気に過ごしている様です。
そのハナちゃんは丸ちゃんに追い払われていたので、彼女には良かったのかもしれません。(苦笑)

シュタイン君、無事にωとさよならし、昨夜は麻酔が残って匍匐前進したり、痛くて寂しかったのかメイを見て甘え泣きして可愛かったですが、今朝にはしゃーしゃーゆうぞうに戻っていたのでもう大丈夫でしょう。
めんまちゃんは手術で少し変ったのでしょうか。 シュタ君も一気に変るとは思ってないのですが、攻撃性が出ていたのが少し収まると良いと期待してます。
手術は母猫と同じ病院で保護猫(野良猫)価格の5千円でやってもらいました。
メスほどは手術自体は心配ないだろうから、麻酔だけの問題だと思うから、もう心配ないと思います。


  1. 2016/12/17(土) 17:56:25
  2. URL
  3. REI #-
  4. [ 編集 ]

[title]:

moguさん、

時計の1台は電池を換えても昨日は動かなかったのですが、今日午後になったら動き出しました。
不思議・・・。
接触が悪かったのかなあ。

丸ちゃんは一昨日の夜かな、また喫茶店近所の人に偶然会って、丸ちゃんが引き取られたお宅に遊びに行き、
10畳の部屋でベッドの下に潜っているけど、餌は食べている事を確認してきたそうです。
うちのシュタイン君と同じ様な状態かな。 あれだけ人馴れしていても完全室内飼いは経験がないから、
丸ちゃんも戸惑っているのでしょう。 でも大事にしてもらっているのは確かなので、
シュタ君よりは早く慣れるのではないでしょうか。
トイレはね喫茶店の人も用意したのだけど、それを見た猫嫌いの向かい側の家の人が大クレームしたのですよ。
今回は元喫茶店の人ではなく、誰が置いたのか不明でケチつけられなかったのではないでしょうか。
そんなこんなだったので、ちゃんと飼い猫になれそうで良かったです。

シュタイン君は無事にωとさよならして、おちりがスースするのか、
匍匐前進で狭い廊下を歩き回っていました。(笑)
今朝はいつも通りのしゃーしゃーゆうぞう君になっていたので大丈夫みたいです。



  1. 2016/12/17(土) 17:46:19
  2. URL
  3. REI #-
  4. [ 編集 ]

[title]:管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2016/12/16(金) 22:46:52
  2. #
  3. [ 編集 ]

[title]:

ピーちゃん、ほかの人にも可愛がられるとは
長寿のためにはいいことかも。
人を寄せ付けないのも賢い知恵なのかもだけど、
やっぱり御飯とか住まいとか、色々考えると
可愛がられたほうがいいこともあるし...
たくさん食べてね。

センターが???それは不思議。
でも丸ちゃんは保護されたわけですね。
寒い季節だし、先住ちゃんたちとそれぞれなんとか
折り合いをつけてくれていたのならいいことなのかも。
ほかの、見かけない猫も含め(他の餌場でもいいから)
冬を乗り切ってほしいです。

めんまがね、私を激しく攻撃(その後1年本気攻撃続きましたが)
したときも、手術の予定は先だったのを、
気持ちを(めんまが)切り替えるきっかけになるかもと
手術をする病院でおっしゃっていただいて踏み切ったのです。
(もともとはじめに手術をする予定だったところは
実はヤブーで去勢手術すらできず、外の先生を招くから
高めで、しかも1才ごろでないという決まりになってたのですが、
怪我をしたときに子猫側を預ける病院を紹介してくれたボラさんが
教えてくれた病院で手術をすることになりました。)

すぐにおいそれと、ころっとは変わらないにしても、
ホルモンバランスなんかも変わるでしょうし、
これをきっかけにシュタインくんの心が雪解けしてくれれば
いいなと思います。オスだと日帰りかなあ...
手術が無事に終わっていますように。

  1. 2016/12/16(金) 22:30:16
  2. URL
  3. めんまねえちゃん #-
  4. [ 編集 ]

[title]:

時計が止まったの不思議ですね....
ピーちゃんもちゃんとタヌちゃんの事を理解してるでしょうね。
頑張って元気に長生きしなくちゃね!

トイレまで!
ここでしてくれたら「糞尿が〜」と言う方も納得して認めてくれそう。
でも丸ちゃんが保護されたのは良かったですね〜

シュタイン君の去勢手術、無事終わったかしら?
シャーシャーが落ち着くといいな....
  1. 2016/12/16(金) 19:43:07
  2. URL
  3. mogu07 #dsgD8nx.
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

# プロフィール

REI

Author:REI
メイとマックの猫2匹との日々。
長期放浪中のトムは何処に?

# カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

# 最新記事

# 検索フォーム

# メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

# 固定要素

ココに固定表示したい内容物