奇跡のツーショット?


雪が降ってます。 寒気が強いと関東の平野にも寒気が流れ込んで雪が舞います。
所謂 風花(かざはな)。 積もるほどではなく直ぐに止みますが、それだけ寒気が強いって事ですね。
日本海側で大きな被害が出ませんように。


さて、 これはな~~んだ?

DSC08015.jpg


はい、タワシです。


じゃなくて、 ボワボワになったななちゃんのおシッポ。
カメラ・カメラと探している間にいくらかしぼんでしまいましたが。

ベランダで手すりに乗っていて、何を見つけたのか尻尾がボワッと膨らんでました。
何が居たんだ?


そのななですが、マックと仲が悪くてマックの姿を見ると逃げ出します。
喧嘩はしないけど一定の距離より近づくと、マックもシャーします。
そんな2匹ですが、

珍しくなながこたつに入っている私の膝に乗ってきました。
(ななは普通は2階の私の部屋で猫ベッドで寝ている事が多いです。)

そこへ食後は自分の甘えたタイムだと思っているマックが来たので、
試しにマックを無理やり膝に乗せてみました。


DSC07978.jpg
あっ、嫌なオヤジが来た!




と、当然逃げると思ったら、



当然、マックもシャーすると思ったら、







DSC07986.jpg
見なければ居ない!
見えない事にしよう。



と、互いに利害が一致したのか、
このまま奇跡のツーショットになりました。


寒さですね。 寒さという害から自分を守る為に、互いに無視する事にしたらしいです。
ここ数日寒くなってから、マックも夜は私の布団の中で寝る様になりました。
片側に定位置のなな、私の体を挟んで反対側にマック。
お陰で私はとても寝相良く寝返りも打てないので、朝は腰が痛いです。 
おまけにここ二晩はメイもやってきて、マックの居る側に入ってはマックが邪魔らしく怒って布団の上に移動。
圧しがかかって、ますます寝相が良くなる飼い主です。 





ところで、元三毛猫群団ですが、丸ちゃんが保護されて家猫になってから、
餌やりの常連さんはハナちゃん一匹になりました。

DSC07996.jpg

以前は一緒に来ていたポッツンさんは全く姿を見なくなり、
数回一緒に来た他の三毛さんも来なくなり(メス猫屋敷の猫と思われる)、
待っているのはハナちゃんだけ。


でも、喫茶店では丸ちゃんと一緒に接客していた同僚のミーちゃんが、
元喫茶店の餌場で待っている時があります。

DSC08011.jpg

この仔は丸ちゃんやハナちゃんより少し年上だと思います。
夜より昼間に見る事が多いですが、餌が無いと夜に待っています。
元喫茶店の丸ちゃんの餌場は、人懐こい丸ちゃんがいる間は色々な人が餌を沢山あげていたので、
いつも餌がたっぷりあったのですが、
丸ちゃんが保護されていなくなり、餌をあげる人が私だけになり、
別名ボスと呼ばれていた丸ちゃんは人には懐こいけど、猫には威圧的で丸ちゃんがいる間は他の猫は餌を食べに来られなかったが、今は他の猫も来るらしく丸ちゃんがいる時の3倍位の餌を置いても空っぽになります。
(置き餌を了解してもらっています。)

ハナちゃんもミーちゃんも触れません。 もう3年位餌やりに通っているけど、触るとシャーする逃げる。
餌を食べに来ているらしい他の猫も、姿を見る事もありますが近づいてくる事はありません。
最初は10匹以上いた三毛猫群団が今では数匹。
(近くに他に餌場があるという情報もあるので、そちらで餌を貰って元気でいる可能性も大きいですが)
野良猫はこの位警戒心が強くないと、何らかの被害に合う可能性が高いから、
ハナちゃん・ミーちゃんには臆病なまま元気に過ごしてもらいたいです。








コメント

[title]:管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2017/01/20(金) 12:09:29
  2. #
  3. [ 編集 ]

[title]:

たくさんいた餌やりのところの猫が
少なくなるの、なんかめんまの出身地と
重なる部分も多くて、いろいろ複雑な気持ちに。
引き取られたとわかってる猫もいたし、
一方行方知れずの猫とか...
どこかでちゃっかり元気に生きていてくれる
猫が複数いればいいのになと思います。

ここの猫は、REIさんだけでもごはんを
持ってきてくれるから生きていられるのですね。
雪の日には米俵しょって戸口に積んでくれるかしら。(笑)
(ネズーや昆虫の捧げ物ならいらないけどそっちのほうがありそう)

寒さが奇跡のショットを産みましたか。
相性がよろしくなくても、甘えたい気持ちと寒さが
あって...よかったよかった。
  1. 2017/01/18(水) 21:25:06
  2. URL
  3. めんまねえちゃん #-
  4. [ 編集 ]

[title]:

うんうん、利害の一致、わかります!
我が家も寒さのせいで、昨夜はわたしの布団に入って2匹がくっついて寝ていました。
普段はわたしが両手に花・・・じゃなくて両手にそれぞれ猫を抱えて寝ているんです。
そうしないと、わたしを独占したい派のホルンちゃんがちょっと怒るので。
ななちゃんとマックくんも、あったかさ優先したのね(^^)
お互いをよく思ってはいないんでしょうけど、
顔(目線)さえ合わせなければ、近くにいてもわりと平気なんじゃないですかね?

人なつこい野良猫さんは、事故や虐待に遭いやすいので
警戒心が強いほうがいいですね。
ただ毎日これだけ寒いと外猫さんは心配ですけどね・・・。
  1. 2017/01/16(月) 22:37:34
  2. URL
  3. まいにゃんこ #-
  4. [ 編集 ]

[title]:

ぱんとらさん、

こちらこそ、コメントを残せなくて申し訳ありません。
拝読はしているのですが、ちょっと月末まで仕上げないと、決算を。
お尻に火が付きまくってます。

金ちゃんは猫暖房として優秀そうだから、
ビブ嬢もラックンにも もてそうじゃないですか。
猫団子には寒波は良い条件なんですよ。(笑)
私は多分、そのままの姿勢で寝てると思います。
だって猫達もそのままの場所で寝てますからね。
3匹ですか・・。 うちだって4匹の時も去年はあったはず・・、ってそんな事を競ってどうする。
何処でも暖かく寝てくれていれば良いのです。

野良猫は警戒心が強く、しかも餌やりさんだけにはある程度愛想よくするのが一番だと思います。
本当に臆病なのは人がいる間は姿を見せないけど、そうすると餌を食べ損ねる率が高いからね。
あの場所は慣れてる若い仔から姿を見なくなったので、ハナちゃんみたいに目の前で餌は食べるけど、
触らせない程度が良い距離感でしょう。

タヌちゃんがね、若い頃は触れない子だったのですよ。
私は風雨を凌げる塒と充分な餌があれば、野良生活も完全室内飼いより悪いという事はないと考えていたのですが、今になればタヌちゃんもそろそろ家猫になっても良いというサインを出していたのかもしれませんね。
それでもピーちゃんを連れ帰るのは無理かなあ・・。

  1. 2017/01/16(月) 19:34:00
  2. URL
  3. REI #-
  4. [ 編集 ]

[title]:

アルペン猫さん、

黒さんがいなくなってしまい、寂しい帰省でしたね。
その分、太郎ちゃんが猫エキスを補ってくれてる訳ですね。

この記事を書いた晩は、ななだけだたのでゆっくり寝られました。
昨夜はまた両側猫だたので、一度横向きになったら朝起きた時も同じ姿勢のままでした。
夜中に動いて元に戻ったのではなく、確実に同じ姿勢のままだったと思います。
とても寝相が良くなりますよ。(苦笑)

この時期、野良さん達はふっくら大きくなたていて、
そういう猫達は体調も悪くなく余り心配は不要だと思ってます。
以前、近くのパチンコ屋さんの立体駐車場に住んでいた猫もいて、
寝子達は上手に風雨を防げる場所を見つけるのでしょう。
慣れすぎない事が野良猫達の生き残る術だと思います。
寂しい事だけどね。





  1. 2017/01/16(月) 19:22:43
  2. URL
  3. REI #-
  4. [ 編集 ]

[title]:

ほんなさん、

おっちゃんさんはよんちゃん固めですか。(笑)
寝相が大変およろしいほんなさんには、猫さん達が遠慮してくれるという訳ですね。(笑)
うちは両側だから 小 の字固め。
まるで武士の女性の様に、とてもお行儀の良い寝相になれますよ。
人間と同様で合う合わないはあるでしょうが、限られた空間で暮らす知恵は
人間以上にありますよね、猫達は。

野良猫の平均寿命は4年とか。
でもこれも狸姉妹みたいに長いのがいる一方で、4年生きれない猫達も多い様に感じてます。
三毛群団の場合は、大人の猫達は多分他の餌場にいる仔が多いと想像しているのですが、
ヒメや丸ちゃんと同年齢の子達は、人慣れした猫から見なくなったので、
あれはちょっと嫌な感じを持っています。
病気や交通事故もあるだろうけど、それ以上に人為的な事がある様な。
臆病で必要以上に人馴れしないのも生き残る術だろうし、
丸ちゃんみたいに多くの人に認知されると、逆に危ない事はできなくなるけど、
中途半端な若い仔は人的被害に合う可能性がありそうです。
生暖かくても良いし、見えない事にしても良いから、変なことだけはしないで欲しいです。



  1. 2017/01/16(月) 19:15:04
  2. URL
  3. REI #-
  4. [ 編集 ]

[title]:

まめはなのクーさん、

久しぶりに昨夜ポッツンさんが来ました!
ただ以前より臆病になって直ぐに隠れてしまったので、完全にポッツンさんかは確かではないのですが。
やはり近くに安定した餌場があるのかもしれません。
野良さん達は餌場が複数あるのが、生き残るには必要な事でしょう。
元気な猫達は寒さに備えてふっくら大きくなってます。
ただ弱い仔や子猫・老猫には厳しい冬ですね。

うちは毎晩帰宅すると室温が4度前後です。 
でも夫々幾つか寝られる場所を用意してあるので、暖房無くても大丈夫みたいです。
マックなぞは態々外気が入る場所で寝てます。 寒がりなのにね。
ちょっと足りない仔なのですよ。
ピーちゃんも13~4歳なので余り脂肪がないのが気がかりですが、
風邪もひいてないので、どこか風雨を凌げる良いネグラがあるのは確実なのですが、
昼間は殆ど職場の箱で寝ているので、やはり出すのが可愛そうになります。
一応発泡スチロールの箱に使い捨てカイロを入れて外に用意しましたが、
確実に使ってないですね。
まだ若い頃にねぐらを用意して使っていたのですが、雄猫に襲われてから2匹とも使わなくなりました。
風雨を避けられて且つ直ぐに逃げられるという場所が良いのでしょう。
ピーちゃんはそういう良い場所を知っていると信じる事にしています。 でもやっぱり外に出すときは可愛そう・・。


  1. 2017/01/16(月) 19:04:47
  2. URL
  3. REI #-
  4. [ 編集 ]

[title]:

またコメントしたつもりがしてなかった・・ (;´Д`)
互いの利害が一致しての2ショット、うちでも奇跡の、とまではいえないけれど、
初めてラクとキン坊が団子もどきになりました。寒波襲来ってすごい。(^ω^;)
私も、今は3にゃんずがベッドに集まってきて寝てるので、朝起きると腰が痛いのであります。
が、寝相がいいわけではないようで、猫たちは寝る時とは別の場所に移動してますけれど。^^;
常連さんはハナちゃんだけになりましたかー。だけど、姿は見えないけれど、エサ場には
たくさん来てるってことなんですね。みんな警戒してるんだな。
ほんと、外の子は警戒心が強い子の方が安心ですよね。それも、年と共に、
そろそろ家に入ってもいいかなと思うようになるのか馴れる子もいるそうですよ。
ともかく、寒波襲来の毎日、少しでも寒さを防げる場所でこの冬を乗り切ってもらいたいですね。



  1. 2017/01/16(月) 13:33:17
  2. URL
  3. ぱんとら #cI.fck.g
  4. [ 編集 ]

[title]:

寒さが原因とはいえ、お互いがのんびり姿のツーショットが撮れる距離にいるって嬉しいですね♪
猫が原因の寝苦しさとは無縁なので、私は恵まれてるのか・・・^^;
帰省中には経験してたんですが、今回は実家の子ももういなかったから、なんだか寂しかったです。

お外の子達、ご飯は待っててもそれくらいの警戒心はまだ持ってることに安心しました。
寒いでしょうねぇ・・・。
どこか少しでも寒さをしのげる場所があるのならいいのだけど・・・。
  1. 2017/01/15(日) 23:49:07
  2. URL
  3. alpenkatze #6fcXaNLA
  4. [ 編集 ]

[title]:

マッ君とななちゃん、REIさんが緩衝材になっていれば大丈夫なんですね^^
猫さん同士の喧嘩回避は、
まず視線を合わさない事だから、お互いに無駄な争いはしないでおこう~っては、思ってそうだし^^v
ま、寝る時にリラックス出来ないのは、冬の猫飼いの羨ましい使命かも~
家は、寝相のイイおっちゃんが、よんの字固めになって寝苦しさを一手に引き受けてくれてますがw

お外の子、やっぱり結構短い期間で入れ替わるというか、変化していくんだな・・・
勿論、避妊去勢で、増えていく要素が激減してるからだとは思いますが、
どうしても、家猫さんのように、10年以上の生活は難しいんだろうな・・・
臆病な子達を見る眼差しが暖かいものであってほしいと切に願います。


  1. 2017/01/15(日) 07:55:13
  2. URL
  3. ほんなあほな。 #-
  4. [ 編集 ]

[title]:

お外で生きる子たちが、この寒さの中でどうしているのか気になってます。この周辺には「ノラ」と言われる子は見かけないけれど、お外で暮らす子たちは全国各地にどれほどいるんだろうな…北海道では氷点下の日々だって言うし…雪は降るし…空腹と寒さとの闘いは、まさに命をかけての越冬闘争ですよね。

 ポッツンさんたちみたいに、ご飯を食べに来ていた子が姿を現さなくなると、気がかりですよね。ほかのご飯処で食べられていればいいけれど、様子がわからないのが一番ストレスですね。

 おうちの子たちも、この寒さは堪えているようですね。マッ君とななちゃんまでもが、この状態なのね~ハータンも動きゃしませんよ。私が座れば私のお膝で真ん丸…ちょっと動こうものなら「なによ、動かないで~」と睨まれる><
 REIさんはニャンコの湯たんぽなのね^^
会社の子たちとおうちの子たち…あちらを立てれば、こちらが立たず…つらいところですね。

 それにしても寒いっす…
  1. 2017/01/15(日) 00:19:45
  2. URL
  3. まめはなのクー #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

# プロフィール

REI

Author:REI
メイとマックの猫2匹との日々。
長期放浪中のトムは何処に?

# カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

# 最新記事

# 検索フォーム

# メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

# 固定要素

ココに固定表示したい内容物