ピーちゃんは猫


職場で面倒を見ていた狸姉妹こと、 長毛猫姉妹。

CIMG1200_20170505191145430.jpg
(10年以上前の2匹です)

正確には覚えてないのですが、多分2002年か2003年の生まれで、
この画像だと下がタヌちゃんでこちらを向いているのがピーちゃん。
この後、ピーちゃんは目に怪我をして、まぶたが攣れています。

タヌちゃんは去年の12月に亡くなり、今ではピーちゃん一匹になりました。
元々余り仲の良い姉妹ではなかったので、タヌちゃんがいなくなっても
ピーちゃんにはあまり変りは無い様でしたが、冬の間は殆ど職場の裏口に置いてある(部屋の中)
箱の中で寝ていて、帰る時は外に出すのですがなかなか出たがらない時も増えていました。

タヌちゃんが亡くなった時かな、wadaさんとぱんとらさんからだったと思いますが、
地域猫で外が好きな猫でも年をとると家猫になってもよいと、自分から中に入りたがる時が来ると、
コメントをいただきずっと気になっていました。
今年で15歳位になるピーちゃんにもその時が来たのではないかと。

先月末でソラ君が正式に里親さんのお宅の家猫になったので、
この冬から考えていたピーちゃんを家に連れ帰る事にしました。


DSC08683.jpg

ピーちゃん、こっち向いて下さい。


DSC08686.jpg
嫌です! 出して下さい!


何しろ生まれてからずっと外で自由に暮らしてきた猫なので、狭いケージに入れられてご不満らしく、
ずっと鳴いています。
おまけにいつも食べていたのと同じカリカリも食べません。
うちの猫と同じ夜食をあげても食べません。 こんな良い物食べた事ないでしょうに。
どうも魚を殆ど食べた事がないので、魚が入ったウエットがお気に召さないようで、
鶏肉だけにしたら少しだけ食べてくれました。
でも私の気配がするとずっと鳴いています。 
うちのねこずは不穏な雰囲気に近づきません。 メイ以外は。 
メイは見えない振りして保護部屋に入ってきて、私の周りをウロウロしますが、
保護部屋は2階なので、ななは夜も一緒に寝なくなってます。(私の部屋も2階)

ピーちゃんが家猫として室内飼いを受け入れる事ができるか、
うちの猫が遥かに年上の気が強いピーちゃんを受け入れる事ができるか。
猫はもう増やさないつもりでしたが、ピーちゃんはもう15歳位。
看取るつもりで家に連れ帰りましたが、はたしてそれがピーちゃんの幸せかは不明。
さてどうなるやら。

* 連れ帰るにあたり、一応ピーちゃんが内外で飼っていると思われるペットを落とす薬を
   病院で分けてもらいつけましたが、連休明けで検査してもらうまでは仮住まいの箱です。
トイレはひっくりかえすは、水はこぼす、餌もばら撒く、
いつもながら外暮らしをケージに入れると、掃除の時間が増えます。 


ところで、3日はこんな所に言ってました。

DSC08668.jpg

これでは何だか判りませんね。(苦笑)
でもこんな感じでのんびりしている人達も多く、小さい子供連れも沢山みました。

DSC08672.jpg

でもやっぱり主力は年配者なのかなあ。


DSC08675.jpg

全く違う雰囲気のスーツ姿の男性達が目立ちました。
公安との事。 でもこんなに目立って良いのでしょうかねえ。

私としては自分は所謂左翼ではないと思っています。
どうして憲法を守ろうというのが左翼なのかさっぱり判りません。
私にとって大事なのは自分の体と精神・思想の自由。
そしてそのためには他人の自由もです。
まあ、極端な自由主義者?
シュプレヒコールもましてや暴力も嫌いです。
殆どノンポリ(古い表現ですね)。 
でもそんな私でも危機感を抱く昨今です。
この野原でのんびり過ごしていた家族連れ、子供たちにも
私が過ごした時代と同じ様な、自由と平和な時間を残したいと思うだけです。
主催者発表では5万5千人ですが、実際はもう少し少ない気がしないでも。
この野原一杯になる程、変な思想性を気にせず参加する人が増えれば良いと思います。


コメント

[title]:

まいにゃんこさん、

そうですねえ、タヌちゃんは職場の裏の戸を開けると大体待っていましたが、
ピーちゃんは天気が良いと夕方まで現れない時もあったので、
そういう時はちょっと心配になりました。
お腹が空いていると、表を空ける音で鳴き騒いでいましたけどね。
今はケージの中でずっと鳴きわめいています。
餌は鶏肉スープにしたら少し食べる様になりましたが、カリカリは少ししか食べません。
でも今日病院で簡単に看てみらったら、特に脱水もしてないという事で、点滴も不要だそうです。
ソラ君みたいにたっぷり点滴してもらい、シッコが大量に出れば食べる様になるかと期待したのですが・・。
まあ成長期のソラ君と違い、ケージの中で鳴き騒いでいるエネルギーだけ補給できれば良い訳なので、
ウエットだけも食べれば良いのかもしれません。
そういえば、今朝はヒメがケージ越しにかなり接近したら、ピーちゃんはクンクン匂いを嗅ごうとしたのに、
その後なながちょっと近づいたらピーちゃんがシャーして、ななが大慌てで逃げました。
ヒメは猫からみても可愛いのかも。(笑)

  1. 2017/05/07(日) 18:03:32
  2. URL
  3. REI #-
  4. [ 編集 ]

[title]:

まめはなのクーさん、

はちねこさんのお手伝い、お疲れさまでした。 楽しい夜だったみたいですね。(笑)

ピーちゃんは職場の裏のお宅の荒れ庭で生まれたので、年齢は判るはずなのですが、
正確な生まれた年を忘れてしまいました。 子供の頃の画像がどこないあるはずなのですが、
それが見つからないので、14~5歳は確かなのですが、はて、どちらか・・。
どちらにしてもハータンと同じ位の年齢です。
今日病院で簡単な検査をしてもらったのですが、歯垢や歯肉はうちの猫より問題なく、
触診と簡単なエコー、腎臓の検査でも問題ありませんでした。
体重も3.25kgで、かなり小柄な猫なのにがっしりしているという事になります。
元々からだが丈夫なのでしょうが、餌もカリカリしか食べてなかったのに、
本当に良い健康状態だと思います。 まあ、詳しい検査はしてなですけどね。
やはり外自由の生活で、足りない物は自給自足でき、運動量もたっぷりというのが
良いのではないかと思えます。
そういう点からすれば、完全室内飼いはピーちゃんにとっては迷惑なだけかもしれません。
ピーちゃんが室内飼いを受け入れる事が出来るか、うちの猫達と上手く付き合えるか、
その結果次第なのですが・・・。
しばらくはケージ暮らしをしてもらいます。

  1. 2017/05/07(日) 17:56:02
  2. URL
  3. REI #-
  4. [ 編集 ]

[title]:

ピーちゃん、なじんでくれるといいですね。
お天気や気温の差がすくないほうが
過ごしやすいと思います。
きょうはどこにいるかなあ?とか心配しなくていいですもんね。
まぁピーちゃん自身がどう思うかですけどねぇ。
落ち着けばごはん食べてくれると思います。

  1. 2017/05/07(日) 09:45:46
  2. URL
  3. まいにゃんこ #-
  4. [ 編集 ]

[title]:

ピーちゃん、おうちの子になるんですね。
ハータンも14歳となり、さすがにね…年を取ったんだな…と思うこともしばしばです。15歳ともなれば、お外の生活は結構しんどくなってきていたでしょうね。

 早く環境に慣れてくれるといいんだけどな…お外の自由を知っているピーちゃんだから、楽ちんではあっても、しばらくは「…!」な気分かもしれませんね。
 ほかの子たちとの関係も、少なくとも時間は必要だろうし、REIさんもしばらくは目が離せませんね。
  1. 2017/05/07(日) 00:48:47
  2. URL
  3. まめはなのクー #-
  4. [ 編集 ]

[title]:

moguさん、

はい、ソラ君と決定的に違うのは、
すっかり慣れている事。
慣れすぎて、かまってちゃんなのが困り者です。(苦笑)
もしかしたら近くのビルで、私以外にも甘えていたのかもしれません。
餌はカリカリを沢山食べていたから、他からはもらっていなかったはずなんですが。
ずっと自由にくらしてきたので、ケージの中で余りかまってもらえないのが気に入らないのでしょう。
餌はカノ君と逆に(?)、チキン味が好きとわかったので、カリカリもウエットも鶏肉味にしたら、
少し食べてくれました。 職場ではカリカリの好き嫌いはなかったのですけどねえ。
とりあえず1ヶ月程度はトライアルでしょうか。



  1. 2017/05/06(土) 17:26:00
  2. URL
  3. REI #-
  4. [ 編集 ]

[title]:

アルペン猫さん、

若い猫は無理だけど、15歳ならこちらの年齢の問題はないですからね。
とはいえ、うちの猫達が受け入れられるか、うちの猫と上手く行くのか、
外自由で暮らしてきて、気が強い御婆さん猫ですからねえ、果たしてどうなるやら。
私も完全室内飼いがピーちゃんの幸せかは判らないのですが、
万一病気になっても家で飼っていれば直ぐに病院にも連れていけるでしょう。
まあ、自己満足ですね。

写真のメインが食べ物ですから、食いついてくださり(笑)ありがとうございますです。
食べ物屋さんが何台か出ていて、その中で一番安かったカップステーキです。 
まさか本当に小さいカップとは思わず・・。(苦笑)
中身は一口ステーキが3~4切れともやしにステーキソースで、アボガドのディップです。
これで500円。 けっこう美味しかったし、余りお腹は空いてなかったので丁度良かったです。
集会は別としてお天気もよく、広々した野原で寝転んで気持ちよかったです。


  1. 2017/05/06(土) 17:21:37
  2. URL
  3. REI #-
  4. [ 編集 ]

[title]:

海月さん、

あはは、皆さん間違えますよ、だって「狸姉妹」と書いているのですから。
ピーちゃんは手術済みという印に、耳にピアスをしてもらったのです。
でも直ぐに取れちゃったけど。 15年位前はまだ耳カットは100%は定着してなかった様です。
ピアスでピーちゃん。 タヌちゃんは違う病院で手術してピアスもカットも無く、名前も無かったので、
狸みたいだからタヌちゃんと、私は呼んでました。 他の人はまた違う名前で。
野良と言っても昼間は職場の裏で建物の中で寝ていたし、餌は食べ放題で、
裏のお宅の人が来ない荒れ庭もあり、猫が暮らすには悪い環境ではないのと、
2匹の丈夫な体質のおかげで長生きできたのでしょう。
こういう快適な環境から、完全室内飼いに慣れるかどうか・・。
しばらくはケージで過ごしてもらい、様子を見る事になります。
馴染んでくれないと困るわ。

  1. 2017/05/06(土) 17:11:47
  2. URL
  3. REI #-
  4. [ 編集 ]

[title]:

めんまねえちゃんさん、

タヌちゃんの事を覚えていて下さり、ありがとうございます。
もしタヌちゃんがまだ元気だったら、2匹を連れ帰るのは難しかったと思います。
考えてはいても、実際は出来ないだろうと思っていました。
ただやはり具合が悪くなっても病院に連れて行くのも難しいし、
出来る事も限られているので、そろそろピーちゃんは家猫になってもらった方が良いかと思いました。
やはりそうなんですね、猫も高齢になると穏やかに暮らしたくなるのでしょうか。
ピーちゃんの場合は、そうなんですよねえ、今まで餌をもらって暮らして来た場所と全く違うから、
その点ではストレスがけっこう大きいかもしれません。
職場での暮らしも、餌は食べ放題だし、昼間は建物の中外自由で暮らせるし、苛める人はいなし(ビルの裏側で殆ど人は入ってこない)、夜の寒さもピーちゃんはちゃんとネグラがあったので何とかなっていたしと、
果たして室内飼いが幸せなのか判断が難しいんですけどね。
それに超の付くかまってちゃんなので、昼間ずっとケージで過ごしあまり相手をしてもらえないのが、一番のストレスらしです。

活動なんて安保法案の時と、今回だけですよ。 
憲法集会に自分がいくなんて考えた事もありませんでした。
ただね、今は本当に瀬戸際なのではないかと思うのです。
平和ボケと言われようが、自分が育ってきた時代が好きです。
そういう思いで参加しても良いかなと思いました。





  1. 2017/05/06(土) 17:05:25
  2. URL
  3. REI #-
  4. [ 編集 ]

[title]:

ピーちゃんを家で保護することにしたんですね〜
ちょっと拗ねてる感じだけど、シュタイン君みたいに
縮こまってる感じはないから、もう少ししたら落ち着く
かもしれませんね。
猫にとってどう生活するのが幸せなのかは解らないけど
安全でご飯の心配もなく過ごして欲しい....
若い猫ならともかく、15歳くらいならゆっくりする
年齢だろうし。

  1. 2017/05/06(土) 03:31:35
  2. URL
  3. mogu07 #dsgD8nx.
  4. [ 編集 ]

[title]:

新しく増えた子はピーちゃんだったんですか!
確かにもう15歳ともなると、最期も気になりますものねぇ・・・。
私も正直、どこで暮らすのがピーちゃんの幸せなのか分からないですが、もしおうちの中でもちゃんと暮らせるのならその方が絶対にいいですよね。
屋内の寝場所から出たがらない時もあるのなら、私も室内で飼うために連れて帰るかも・・・。

3日の日に食べられたもの(最初の画像)は、なんなのかしら?
もやしが見える?ソースがかかってる??
すみません、こんなことしかコメントできなくて(汗)。
  1. 2017/05/06(土) 01:24:21
  2. URL
  3. alpenkatze #6fcXaNLA
  4. [ 編集 ]

[title]:

私がたぬきと思ったのは猫さんでしたか^^;
なんという目力。
野良の子は寿命が極端に短いとききますが、生活をサポートしてもらえて15歳まで生き延びることができたんですね。
ピーちゃん、家猫ライフになじめますように。
穏やかな晩年を過ごせるといいですね。
  1. 2017/05/05(金) 23:11:52
  2. URL
  3. 海月 #-
  4. [ 編集 ]

[title]:

タヌちゃんが具合が悪いということや、そのあとの永眠とか...
覚えてます。
わたしの付き合いのあるボランティアさんのところも、
いままで完全に外で(避妊去勢はしてるけど)
暮らしてきた餌を上げていた猫達が、15歳オーバーかな...
とにかくそれくらい高齢になってくると、
すーっと家に入れても馴染んだり、しばらくしたら
当然のように家猫になってるようです。
ビーちゃんの場合、事務所ならそのまますーっと
家猫、ってコースだったのかもだけど、全く別の家だから、
ちょっと時間がかかるのかもですね。
ただ、もちろん例外はいるんだろうけど、ある程度高齢だと、
どんだけ快適かということにはっと気がつく場合も多いみたいですね。
あれ?寒くないし暑くないし追い掛け回されないし、御飯があるし...
寝床もふかふか。とか。
ビーちゃん、家に馴染んでくれると良いのですが。
前から、タヌ姉妹たちは、高齢になったら家に入れるかもしれないと
おっしゃっていたこともあったと思うので
(だからその分を開けておきたいとも)他の猫とも
仲良しにはならずとも、存在を許容するようになりますように。
なによりご飯食べて、ちゃんと体内のペットの掃除もして、
元気で馴染んでくれることをお祈りします。

ちゃんと休みの日でもREIさんは活動なさってますねー。
わたしは多分とてもノンポリど真ん中です。
少なくとも前に話したあの番組がなくなってバンザーイと思ってるし、
右端でないことはすごく確かです。
  1. 2017/05/05(金) 21:51:41
  2. URL
  3. めんまねえちゃん #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

# プロフィール

REI

Author:REI
メイとマックの猫2匹との日々。
長期放浪中のトムは何処に?

# カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

# 最新記事

# 検索フォーム

# メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

# 固定要素

ココに固定表示したい内容物