ピーちゃんは元気お婆さん


追記: 里親募集のブログにソラ君の近況をアップしました。
家猫として進化街道ばく進中らしいです。(笑)


ピーちゃんを今日病院に連れていき、
簡単な触診と糞検査、腎臓の血液検査をしてもらいました。
また諭吉さんが飛ぶかと思ったら、今回は一葉さんも行きませんでした。
良かった。
軽いと思っていたピーちゃんも体重3.25kg!
ピーちゃんは小さいんですよ。 だからかなり筋肉質のガッチリ体形という事です。
おなかのペットは無し。 腎臓もBUN値が少し高かったですが、まあ現状は然程心配ないでしょうとのこと。
(CREは多分正常値。)
歯垢や歯肉も年齢並みではありますが、うちの猫より良い状態みたいです。
うちはメイ・マック・ななと3匹とも口内問題ありですからね。
診察台でも怯えないし、野良とは思えない落ち着きです。
餌はササミスープにササミチュールを入れたものを40g程度食べる様になりました。
カリカリは10g程度しか食べない。 そのためか、シッコもうんPも余りしません。
今回うんPは検査棒で採ってもらいました。 
でも脱水状態ではないという事で、点滴は不要でしょうと無事帰宅。
全体的に完全室内飼いのうちの猫より健康かも。

ところで、14~5歳まで外で比較的健康に暮らしていたので、
猫エイズと白血病の血液検査はあえてしませんでした。 必要でしょうか?




さて、ソラ君の里親募集にご協力下さっためんまねえちゃんさんのお知り合いの方が、
猫達の里親募集をしておられます。 めんまねえちゃんさんが代理募集です。

1671042b576a29c12634593f82ae1f35.jpg

白猫さんの方は里親さんが見つかったそうです。
サビさん、可愛いですよ~~。  賢くて愛情たっぷりのサビさん、私は一押しです。
(お腹に良性のしこりがあるそうですが、 詳しくはめんまねえちゃんさんのブログで)



0633f606283efe5d2e4eec78147cdf5a.jpg

こちらも同じ方の募集です。  なんか、油絵みたい。(笑)
もの凄く味わい深いですね。 こんな仔を抱きかかえて顔みてるだけで幸せになれそうです。

2匹とも小金井方面限定の募集だそうなので、そちら方面にお知り合いがいたら
よろしくお願いします。

詳しくはめんまねえちゃんさんの里親募集ブログで。





コメント

[title]:

wadaさん、

いいえ、怪獣さんの話は良いお話でした。
猫はこういう毅然としてのがいますよね。 我が家の先代のサビも見事でした。
他の猫の面倒は一切見ませんでしたが。(苦笑)

ソラ君は怖がりの甘えん坊の典型だと思います。
しっている限り野良3代目で、性悪母さんのおばあさんは絶対捕獲器で捕まらない生粋野良で、
ソラ君のおかあしゃんもその教育をしっかりうけていて、ほぼTNR後半年の今でも
餌は要求するけどぜったい媚びない触らせないの野良気質のままです。
でもソラ君はおかあしゃんべったりの甘えん坊息子だったので、おかあしゃんの代わりに
人間がなれば絶対慣れると思っていました。 ただ怖がりは恐らく残るでしょうねえ。
うちではヒメが同じ様な状態で、甘え方が変化球で面白いです。

ピーちゃんはとても甘えたさんで、かまってちゃんなんです。
ずっと撫でていて欲しくてずっとスリスリしている猫です。
そういう猫なので本当は若い頃に里親を探すべき性格の猫だったと思います。
そしてずっと外で自由に暮らしてきて、私にだまし討ちされて住処から離されケージに閉じ込められた訳で、
やはりできるだけケージからは出してやった方がストレスは少ないのではないかと思いました。
実際、ずっと鳴いていて出して私の相手をしないさいという感じです。
ただ昨日の夜から少し様子が代わり、自分からケージに戻る様になりました。
それまでの数日はケージは刑務所だったのが、ケージは安全な場所と認識を変えたのかもしれません。
シッコも昨夜はトイレ以外ではしませんでした。
一応シッコした布物は洗って撤去したので、このまま室内の暮らしに慣れてくれたら良いのですが。
我が家のねこず、特にメイとの関係は非常に難しいので、それによってはまたシッコ攻撃が出るかもしれないですが。

  1. 2017/05/12(金) 16:25:05
  2. URL
  3. REI #-
  4. [ 編集 ]

[title]:

さっきは怪獣の親馬鹿話だけで、
すみません^_^;
めんまねえちゃんさんの保護猫達、
みんな可愛いです!
油絵のような写真の三毛ちゃん最高。
でも、野良猫に関わっていない人達にはウケが悪いかも知れませんね。
ソラ君も人馴れが進んできているようで、
本当に安心しました。
ソラ君、どうでるか、不思議ちゃんの部分があったので^_^;

トイレ問題、フリーにするのはまだ早かったのかな…
怪獣は半年位経ってからフリーになりました。
足腰弱くなるんじゃないかと私のほうが心配になりましたが、怪獣もあまり出たがらなかったので。

長年外にいた猫は、
トイレもフリー状態だと不安なのかも知れないですね。
また落ち着くまでケ-ジ暮しは無理そうですか?
本ニャン自身も粗相することをストレスに感じているかも知れないですよね。
怪獣もすぐにフリーにしていたら、戸惑って、粗相していたかもなぁ〜

  1. 2017/05/11(木) 21:37:46
  2. URL
  3. wada #U6M1AWu2
  4. [ 編集 ]

[title]:

wadaさん、

怪獣! (爆) 凄い名前! 
どんな猫さんだったのでしょう。
しかし外で18歳とは! そんなに長生きできる物なのですねえ。
しかも自分で決めたのでしょうかねえ、3年で充分って。
幸せな晩年でしたね。
私と一緒に育った黒猫も、私が高校生の時に、
朝起きたら玄関の靴箱の上で寝る様に亡くなっていました。
15歳でした。
当時は15歳でも長生きだったので、老衰だったと思います。

ピーちゃんは怪獣さんの様に賢くないけど、
若いオスは好きみたで、おじさん猫とは大喧嘩ばかりですが、
若いオスにが餌を食べに職場の裏に入ってきても、平気で食べさせていました。
毎日、職場で裏の部分に入ると、足元にピーちゃんがいる様な気が一瞬して、
ああ、ここにはいないんだと、まだ不在になれません。
でもタヌちゃんと違い、うちに帰れば出せだせと大騒ぎですけどね。(苦笑)
朝、裏の戸を開けていつも待っていたタヌちゃんがいないのは、しばらく寂しかったです。

しかし、問題発生です。
ピーちゃんはトイレでなく、部屋の中でシッコをあちこちにし、
うんPもコロコロしたのをしてありました。
ただうんPはまだ2回しかしてないのでそれも問題なのですが、
それいよりうんP,まだどこかにしてるかもしれないのです。
シッコはかなり臭いからわかるけど、うんPはコロコロで余り臭わなく、
気が付きませんでした。
今まで保護した猫は全てトイレ問題がなかったので、ピーちゃんがどうしたらトイレだけ使う様になるか・・・。
ケージの中ではトイレを使いますが、棚に敷いてあったフリースや箱もシッコ臭かったので、
マーキングの一種なのかもしれません。
うちの猫を保護部屋に入れなければマーキングは収まるかもしれないけど、
いつまでも隔離しておく訳にもいかないので、トイレ問題が今の所一番の問題になってます。



  1. 2017/05/11(木) 19:10:23
  2. URL
  3. REI #-
  4. [ 編集 ]

[title]:

クーさん、

ソラ君は元々がお母さんべったりの甘ったれだったので、
きっと甘えん坊になると思っています。
段々怖くない人間なんだと判ってきたのでしょう。
この調子で家猫化して欲しいです。

クーさんが保護した親子はどうしているでしょうね。
皆、幸せになって良かったですよね。

  1. 2017/05/11(木) 18:53:53
  2. URL
  3. REI #-
  4. [ 編集 ]

[title]:

海月さん、

ソラ君へのコメントをありがとうございます。
うちに居た頃の倍位のスピードで家猫化してるみたいですね。
やはり仮の住まいと違い、自分の家という安心感があるのかもしれないです。
それとも、やっぱり若い女の人の方が好きなのかも(笑)
犬は明らかに年齢で判断しますからねえ。(経験)
うちも保護して3年?のヒメも未だに前を逃げていきますよ。 追いかけてないって。(苦笑)

ピーちゃんとうちの猫の関係は難しいと思います。
保護部屋はあるのですが、そこはベランダへ出る部屋なので、
うちのねこずの草バイキング用と、昼間も空気が入る様に窓を少し開けているので、
完全隔離は夜だけになっています。 その間はケージの中です。
ただ問題が発生!
ピーちゃんはトイレが使えないというか、ケージの中にいる時はトイレでするのですが、
部屋にフリーにすると布の上にマーキングなのか、あちこちにシッコする事が判りました。
おまけにうんPも!
出来るだけ布がない様にしますが、カーペットとか無理ですからねえ・・・。
元々、古い布団を捨てるまでと重ねておいてあったり(何年も)する部屋なので、
完全に布類を撤去するのも無理なのに、その上にもシッコしたらしいです。
これが治らないとケージ暮らしか、職場で野良に戻すかですが、元に戻すのはできないでしょう。
困りました。

  1. 2017/05/11(木) 18:51:25
  2. URL
  3. REI #-
  4. [ 編集 ]

[title]:

職場のピーちゃん、おうちに入れたんですね。
15歳、やっぱり歳には勝てないと思います。
きっと、絶対に落ち着きますよ。
ピーちゃんは人馴れしていて良かったですね。
長毛だし触れなかったら大変だ!
私も家の前で10年くらい餌やりをしていた2匹、
怪獣♀推定18歳くらいらしい(^_^;)アカ♂7歳くらい?
怪獣は私が初めて捕獲器を使い、不妊手術をした猫なんです。
ピーちゃんの話を聞くと、怪獣を思い出し
久々に目頭が熱くなりました。
2012年12月25日の夜に家の子になり、
2015年12月25日にいつものように朝を迎え、
夜帰宅したら、何事も無かったように亡くなっていました。
本当に賢い猫でしたよ。
いちばんの思い出は、
怪獣は若いオス猫を連れてきては餌を分け与え、
面倒をみていたんです。
民家の屋根に上って降りられなくなった若いオス猫に、
怪獣は屋根に上がり、何度も降り方を教えるんですよ。
消防署も来て大騒ぎだったのですが、
怪獣の行動に皆感動してました。
生粋の野良だったけど、
家に入れて3日間はヒーターの前で爆睡してましたよ(涙)
外での付き合いが長く、家の前での餌やりは大変苦労したこともあり、
怪獣の思い出はいっぱいあって、
今でも怪獣が外で待っているような気がします。
あっ、怪獣は捕獲したとき以来、一度も病院に連れていきませんでした。
怪獣に関しては、なにがあっても通院させずに家で看取ろうと決めていました。





  1. 2017/05/11(木) 16:49:19
  2. URL
  3. wada #U6M1AWu2
  4. [ 編集 ]

[title]:

 シュタ君から、ソラくんと名前が変わって性格も変わっちゃったか❓

 ソラくん、すっかり家猫になっちゃってるじゃないですか~^^
REIさんのおかげでソラくんは新しいニャン生を生きるんですね…感慨深いな~
REIさんもホッとされてることでしょうね^^

 REIさん、お疲れ様でした^^


  1. 2017/05/11(木) 00:38:55
  2. URL
  3. まめはなのクー #-
  4. [ 編集 ]

[title]:

ソラ君のその後の様子を拝見して、ほほがゆるみました。
あんなに心配させておいて、このでれでれっぷりはどうよ(笑)
人がそばを立って歩くと怖いの、わかります。
1歳くらいで保護したアサヒは、えさやりさんには慣れていたけど、わたしに慣れるまではしばらくかかりました。
今でも後ろから歩いて近づくと逃げられます。

ピーちゃんと先住ニャンズの関係、当面は同居が難しそうですね。
ほんとに大きな決断だと思います。
狭くても隔離できる部屋があったら落ち着けるかな。
ピーちゃんが歳とともに性格が丸くなってくれますように。
  1. 2017/05/10(水) 23:03:21
  2. URL
  3. 海月 #-
  4. [ 編集 ]

[title]:

ぱんとらさん、

大英断? 大英帝国EUと断絶?
とりあえず、フランスは良かった。  違うか・・。(笑)

そうですねえ、やはりタヌちゃんが逝ってしまったのが大きなきっかけだと思います。
実際2匹を連れ帰るのは殆ど無理だったと思うので。
ただ14~5歳ですから、5年程度でしょう。 25歳は無理だろうなあ、いくらピーちゃんでも。
ちゅうか、ヒメとか25歳まで生きたら、私の方が逝ってるわ。
そしておっしゃる通り、うちの猫、特にメイとマックとの関係がかなり難しいと思います。
既にメイとはかなり危ない関係です。
保護部屋で数時間フリーにしているのですが、必ずイッチョ噛みのメイが部屋に入りたがります。
そして2匹で睨みあい、ピーちゃんは全く引きません。
今までの猫はメイにシャーされると皆逃げたので、メイもいつもと様子が違うと思っている様です。
(ヒメは遊んで欲しくて全面降参姿勢だった)
メイは元々職場でピーちゃんに追い払われた過去がありますが、それは覚えてないはずなんですけどねえ。
ななはピーちゃんをケージに入れていても、怖くて部屋に入れません。
ヒメはKYを発揮して平気みたいで、多分わが道を行くで大丈夫かなあ。
やはり問題はメイとマックでしょう。 マックはあれでもその気になると強いので、喧嘩になる可能性があります。
体力ではマックでしょう。
ピーちゃんは雄猫には案外寛容ですね。 多くの流れのオス猫が来ましたが、大嫌いなのと平気なのがいたみたい。
そういえば、若いオスの方が好きだったのかも。 とするとおっさんマックはダメかも。
それとやはり室内飼いを受け入れるかですね。
毎晩、窓から外を見ている姿は哀れです。 外に行きたいのでしょうねえ。
連れ帰るのは簡単でも、これからが大変でしょう。

そうだ、以前そちらへのコメントへのお返事で、ななの年齢の件で病院での見解?はとの事でしたが、
先生には3歳位かと言われたので、ヒメと同じ年齢と仮定しています。
ただ子供を生んだ事がある様には思えないのですよ。
3歳まで野良生活なら絶対子育てしてるでしょう。 
春にTNRした時は触れる猫でなかったから、おちちの様子は判らないけど、
半年後に保護した時は、全く子育てした猫の様子はなかった。
性格も子供っぽい。 ヒメも子供っぽいけど、ヒメは1歳にならない頃に保護して手術しているので、
子供っぽいのは当然な事でしょう。
3歳近くまで野良で出産・子育てしていて、あんなに子供っぽいのかと不思議なんですよ。
もしかしたら捨て猫だったのか、見かけより若かったのか。
それでななの年齢は謎なのです。



  1. 2017/05/09(火) 20:24:24
  2. URL
  3. REI #-
  4. [ 編集 ]

[title]:

海月さん、

ピーちゃんは見た限りでは元気婆ちゃんです。
ただまだ便秘中でそろそろ限界かなあと思っています。
ただうちの近くの病院は水曜日が定休日なので、明日も出なければ木曜日に連れて行くつもりです。
元気は元気だから大丈夫だとは思うのですが。
ピーちゃんたちもビルの裏に検針(東電とか)の人が入ってくると、
蜘蛛の子を散らす様に消えました。
病院へは避妊手術の時しか行った事がないので、怖いというのが判らなかったのかもしれません。
検査の為にうんPをむりやり取られて、非常にご機嫌斜めでした。

大人なの猫の里親募集は大変なので、どの猫にも良い家族が見つかる様に祈っています。
今年は余り子猫の話題をまだ聞かないので、大人猫も今のうちだぞ!

確実に治るならまだしも、怖がりの猫を検査漬けで病院に何度も連れていくのは、
それだけでも大変なストレスになりますよね。
ワクチンはうちでは一回しかしていないので、こうやって外から猫をいれると、
その度にやっぱりワクチンした方が良いのか、ちょっとだけ悩みます。 ちょっとだけ。(苦笑)
幸いに今まで保護したのはウイルス性の病気はなかったし、うちの周りではエイズも白血病も出てないです。
ピーちゃんは柏ですが、メイもその前のトムも同じく柏の職場から連れ帰った猫で、
2匹とも陰性だったので、職場辺りでもキャリアの猫は少ないのかもしれません。
一度、流れぽい猫で、急激に痩せて姿を見なくなったのがいるので、それは可能性がありそうですが。
ピーちゃんの場合は、どうもうちの猫とはかなり危ない関係になりそうなので、
やはりウイルス検査だけはしようかと考えを改め中。 それ以外は多分しないと思います。

そうそう、ワクチンはやはり毎年は不要みたいですね。
日本の薬剤会社はそれを推薦だろうけど。 


  1. 2017/05/09(火) 20:04:51
  2. URL
  3. REI #-
  4. [ 編集 ]

[title]:

大英断ですよ、ピーちゃん受け入れ。(感涙)
毎日職場に出入りする姿を見ていて、仲がさほどよくなかったとはいえ、
姉妹のタヌちゃんが逝ったってこととあわせて、その決断に至ったんだろうけど、
そうできることではないわなぁ。

外で凶暴だったのが(怪獣って名前だし!)年をとってから家に入りたがった子は、
wadaさんがエサをあげてた子で彼女から話を聞くと参考になると思うけど、
私も話を聞いて、猫ってまったく単純じゃなく一筋縄ではいかないなぁって改めて思った。
その2匹とも家にいれてからwadaさん看取って、最期も賢い子だったですよ。
外の生活で15歳まで生きられるって、基礎体力もあるだろうけど、やはり賢いんだと思うわ。
ピーちゃんが、これから先住たちの生態をみて(笑)、REIさんちの子になる道を選ぶか
外がいいというか、いずれになっても賢い子の選択の結果は尊重しないとねぇ。
たぶん、相手になんないだろうなぁ、メイちゃんでさえ。(笑)
地蔵とか(呼び捨てごめん^^;)ヒメちゃんななちゃんは、論外だろうね。
てか、ピーちゃんが他猫と仲良くつるんでる姿とか見たことあります?

REIさん、15歳ぐらいだから先は知れてると高をくくってるかもだけど、
知り合いの子で25歳まで生きた子いるから、それなりの覚悟は必要よー。(^∀^;)
微力だけど、なにかできることあったら、遠慮なく言ってね。

  1. 2017/05/09(火) 18:15:01
  2. URL
  3. ぱんとら #cI.fck.g
  4. [ 編集 ]

[title]:

ピーちゃんの体調、良さそうですね。
診察台でも落ち着いているのは、外でいろんな人とふれあうことで社会性が身についているのかも。
おうちの猫さんたちともうまくやってくれるといいなあ。
うちの猫はエビスとキリン以外はよその人が怖くて怖くて、来客があれば消え、病院では石になります^^;
めんまねえちゃん募集のサビちゃんミケちゃん、かわいいですよね。
たしかに見飽きない柄と目力(笑)

私も検査はあまり受けさせたくないです。
ワクチンも最初の数回は受けさせましたが、副作用の話もきくし…
アキの腎臓が末期とわかってから、びびりゆえのストレスを考え入院も通院もせずできるだけ自宅で穏やかに過ごさせました。
本人が嫌がっても、できる治療はなんでも受けさせたい、という方の気持ちもわかるので、おうちのかたがいいと思ったやり方がベストなのではないかと思います。
  1. 2017/05/09(火) 11:52:28
  2. URL
  3. 海月 #-
  4. [ 編集 ]

[title]:

fm_nekoneko さん、

お世話っていっても餌をやっていただけです。(苦笑)
目の上を怪我した時も、軽い猫風邪の時も、
手持ちの抗生物質を飲ませて、病院には連れていった事はありません。
複数の野良の面倒をみていると、抗生物質は万能薬なんですよ。
以前はカナダのネットショップで安く買えたのですが、
今は殆ど東南アジアから送られてくる様なので(アメリカ・カナダのサイトでも)、
品質が信頼できないので個人輸入はできなくなりました。

みぃちゃんはお腹に虫がいなかったですか。
ピーちゃんは一応1週間位前に薬を貰って付けておいたので、
念のために検査してもらいました。
ウイルスを怖がるず、寄生虫を怖がっている私です。(苦笑)

昨夜から30分位、保護部屋でフリーにしてみたのですが、
今朝までうんPが出ていません。 出れば食べるのだろうけど、余り食べないから出ない。
水分はウエットで採らせていますが、固形物が少ないから出ないのだと思います。
ソラ君にした様に、水分の点滴をしてもらった方が良いかもしれないです。

健康状態の血液検査はするつもりがありません。
一応一番心配だった腎臓だけ検査してもらいましたが、詳しい検査は現状ではしないと思います。
fm_nekoneko さんには驚かれると思いますが、うちの猫もですが、
余り健康診断はしていません。 数年に一度一番簡単な血液検査をしてもらっているだけです。
特にピーちゃんは彼女の生命力に任せるつもりです。 
タヌちゃんは幸いに遺骸を見つける事ができましたが、生死がわからないまま、
どこかで朽ちられるのは辛いので、最後を見届けるために連れてきた様なものです。
ただ、もしキャリアでうちの猫達に移ったら、それが心配なのですが、
今まで外で元気だった猫がキャリアという事はないのではと思って、検査を躊躇っています。
  1. 2017/05/08(月) 20:01:46
  2. URL
  3. REI #-
  4. [ 編集 ]

[title]:

moguさん、

やっぱりウイルス検査はした方が良いですよねえ・・。
昨夜は保護部屋フリーにして、メイはうろちょろしていましたが、
接触することはなかったです。 さっさと部屋から出て行きました。(苦笑)

三毛さんの個性的なお顔に覗き込まれていたら・・、
可愛くてお顔をムギュして怒られそうです。
大人猫は自分の運命を判っている所があるから、どの猫も可愛いですね。

  1. 2017/05/08(月) 19:46:10
  2. URL
  3. REI #-
  4. [ 編集 ]

[title]:

アルペン猫さん、

タヌちゃんは持病があったけど、ピーちゃんは元気印の気が強い猫なんです。
ただやはり15歳前後で冬の間は夜外にでるのをとても嫌がったりで、
そろそろ家猫にした方が良いのかと思いました。
でも私も色々と検査したり、必要以上の治療をするつもりはないのです。
飼い主としてはどうかと思われるかもしれないけど、辛かったり苦しかったりはできるだけ無く過ごさせる事ができれば充分かと思っています。
ウイルス検査はうちの猫の為なんですけど、今まで元気で来たのはウイルスのキャリアの可能性はほぼ無いのではと思うのでねえ・・。
昔は拾った猫の検査なんかしなかったから、何で早死にしたのか判らない猫も多かったですけどねえ。

三毛さん、色が綺麗ですよね。 綺麗なオレンジで、お鼻の模様以外は綺麗に八われになっているし。
大人猫の貰い手探しは大変だけど、貰って下さる人はそれだけ良いご家族なんだと思います。

  1. 2017/05/08(月) 19:43:35
  2. URL
  3. REI #-
  4. [ 編集 ]

[title]:

まめはなのクーさん、

うちのねこはワクチンをヒメを入れた時に一回しただけなので、
もしピーちゃんがキャリアで怪我するような喧嘩をしたら移る可能性はあります。
ただ14~5歳で元気なのに、キャリアという可能性はあるのかと疑問なんです。
女医さん(奥さん)は白血病は不要かもしれないけど、エイズは調べておいても良いのではと言っていました。
エイズの方が元気なキャリアがいるからでしょう。
検査した方が安心ですよね。 
まだうんPが出ないので、病院に連れていくとしたら、検査してもらうかなあ・・・・。

アオザイはクーさんならお似合いだと思いますよ。 あの金額なら買いでしょう。(笑)

  1. 2017/05/08(月) 19:37:13
  2. URL
  3. REI #-
  4. [ 編集 ]

[title]:

めんまねえちゃんさん、

いえいえ、すっかり遅くなり白君は先に決まってしまいましたね。
サビさんと一緒がお望みだったのでしょうが、大人猫が決まるのは難しいし、
里親さんが可愛がって下されば、大丈夫なのではないでしょうか。
依存性の強い仔は、猫同士でなくても常に甘える事が出来る対象がいれば大丈夫な気もします。

そういえば、19歳の猫さんは元気そうなんですね?
元の飼い主さんはどうしておられるのか、そちらもちょっと心配ですね。
ピーちゃんが元気なのは一番はやはり遺伝的に丈夫なのでしょう。
タヌちゃんは持病がありましたが、それでも野良生活で14歳位まで元気で過ごしていたのですから。
ただこの2匹の子供たち(一回子供を生んだ)は、貰われた子も親より先に逝ったのもいます。
私は、狸姉妹が丈夫なのは、一つは若い頃に骨ごと鶏肉を貰っていた事と、
(近くのカレー屋さんから残り物の骨付き肉をもらっていた)
不自然な室内飼いではなく、外自由で足りない物は自給自足できていたからではないかと思っています。
普通の街暮らしの野良よりずっと良い環境(裏のお宅の広い荒れ庭)があり、
雨風を防げるもぐりこめる場所があったからではないかと。
だからピーちゃんを完全室内飼いにするのが良い事なのかは判りません。

めんまちゃんは生まれた所の環境がねえ・・・。
トラウマとして残ってしまったのでしょうねえ、可哀想だけど。
ヒメはあれから一度も捕まえて病院に連れて行こうと思った事もないので、
今でも無理かどうか・・・、でも試す気にはなれませんねえ。
また怖くて大暴れされても可哀想だし、こちらも困るし。
ピーちゃんもちゃんと食べて出してくれれば、当分病院に連れていくつもりはないのですが、
うんPが出ないんですよねえ。
別の病院に連れていこうか悩んでいます。
(やっぱり近くの病院は猫は苦手なのかも。 だって触診でおなかにしこりがあるからとエコーかけますって言って、
腎臓でした!って。 ありえます、そんなの? 一応数値的には腎臓が肥大しているという話もないし。もやもやです。)



  1. 2017/05/08(月) 19:32:35
  2. URL
  3. REI #-
  4. [ 編集 ]

[title]:

ピーちゃん、健康体質だからこそココまでお外で・・・と一瞬思いましたが
REIさんがずーっとお世話されてきたんですもんね。
絶対、そのおかげですよ。
私も、みぃを保護する前に7ヶ月ほど外猫としてご飯を与えていましたが
定期的にご飯をもらえる子は、
そのご飯だけですごしていればおなかに虫はつかずに健康でいられるんですよね。
そうそう、みぃは保護当時ケージ内ではおなかを壊していましたが
ケージから出したとたんにいいウンPが。(隅っこ生活でしたけどね)
もしかすると、ピーちゃんもケージから出してあげると
ご飯も普通に食べてうんPも出るかもですよ。

検査は・・・REIさんが気にならなければどちらでもいいのではと思います。
後は、14、5歳ですから今後なにかの病気をしたときの症状を見極めるために
必要かどうかじゃないですかね。
私だったら血液検査のついでにやると思います。
むぅちぃも避妊手術時に今後の足がかりにするために詳細な血液検査をしました。
もしものときに血だけでわかることは少ないですけど、なんとなく^^;
  1. 2017/05/08(月) 16:46:49
  2. URL
  3. fm_nekoneko #mL7GCgAo
  4. [ 編集 ]

[title]:

ピーちゃん、健康体で嬉しいですね〜
慣れたら解放してメイちゃん達と触れ合う機会がありそうなら
一度だけ検査する....かな?

最後の仔のお顔、良いですね〜
寝転がってる上に乗っかってくれた時や寝起きに、このお顔が
どーんと目の前にあったら幸せを感じる(笑)
  1. 2017/05/08(月) 01:54:55
  2. URL
  3. mogu07 #dsgD8nx.
  4. [ 編集 ]

[title]:

ピーちゃん、なんだか意外と健康そうですね!
それだけで安心してしまいます^^
いくらお世話をしてもらっているとはいえお外生活、それでも15歳まで元気にいるってことからも、元々が健康そうだなあとは思ってましたが。
私だったら、もうその年齢だったらあれこれ検査しないかも・・・。
見た目からして弱々しいとなるとやっちゃうかもだけど・・・。

里親さん募集の子たちもかわいいですねぇ。
みんにゃそれぞれとってもいい表情してる♪
三毛の子、私も油絵みたいだと思いました。
素敵なご家族が見つかりますように!
  1. 2017/05/07(日) 22:12:38
  2. URL
  3. alpenkatze #6fcXaNLA
  4. [ 編集 ]

[title]:

ピーちゃん、すごい!元気バーちゃんですね^^

 エイズ、白血病の検査…もしもキャリアだったら、ほかの子への感染は心配ないものなのですか?その心配がないなら、余計なことはする必要はないですよね。

 はちねこ!バザー、私んは結構掘り出しものがあるんですよ~
ご存知のように、あの種の洋服が好きなもんで、見つけたら、即買い!
 だって、200円か、高くても500円ですからね~
 あの種の洋服って、買おうとすると3000円~6000円するんですよ~アオザイなんて、本来は体に合わせて作るものなので、昔調べた時には万単位のお値段!

 500円なら、惜しくはありませんよね~ウハハハハ~!

 でもね、いつどこで着たもんだかな~^^;パーティにでも誘ってくれる人、いないかしらね~^^;

  1. 2017/05/07(日) 21:14:56
  2. URL
  3. まめはなのクー #-
  4. [ 編集 ]

[title]:

わー。転載ありがとうございます。
にいちゃんの、亡くなったお琴のお師匠さんが、
やはりサビ猫をかっていて、ずっと最後の方は
にいちゃんが日に2,3度自転車で通ったりして(結構遠い)
世話していたせいか、めんまが許していたら
うちの子になってたのかもなーと...
臆病で、他の人に姿を見せない猫だったけど、
にいちゃんにはスリスリまでするようになって
一緒によく遊んでいたみたい。いまは多頭の家に
いったけど割と元気そうなのでほっとしています。
サビはいろいろ後から後から発見がありそうで
(この三毛もですが...)飽きないというか、
尽きることのない魅力がある感じがしますねえ。
うち、犬もだけどたまたまどちらかというとオスに
ご縁が強いほうなので、余計にそのへん、
三毛やサビってミステリアスかも。女子だから?

ビーちゃんびっくりの健康体。いやびっくりって、
いい意味でですが。前にうちで代理投稿していた
19才の三毛もそうだったけど、病気一つしない猫って
いるもんですよねー。遺伝子が優れているのか??
(それでいうとわたしの遺伝子は優れてない)
しかも、ほとんど外と同じような過酷生活をしてた
めんまの弟猫も、病院ですごく我慢強くいい子とか、
ビーちゃんもだけど、外でいたのにほんとにえらい猫って
いますね。

めんまよ、きみは本当に目が開く前から飼い猫だったのか?
と尋ねたくなりますよ。
苦労したほうが病院もクリアできるのかしら...
育て方が悪かったのかなあ...(汗)
いや、でもそういうのはもともとの持ち味なんでしょうね。
超弩級のビビリーっていうのは。ヒメちゃんもそうかな。

ビーちゃんとはいかないまでも、もうちょっと病院、
ヒメちゃんめんまどちらも、行けるようになったら
いいのですけどねえ。
なにはともあれ、ビーちゃん、健康チェック結果良くて良かったです。
REIさんもお疲れ様でした。超高額ではなくてよかったです。

  1. 2017/05/07(日) 21:05:41
  2. URL
  3. めんまねえちゃん #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

# プロフィール

REI

Author:REI
メイとマックの猫2匹との日々。
長期放浪中のトムは何処に?

# カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

# 最新記事

# 検索フォーム

# メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

# 固定要素

ココに固定表示したい内容物