FC2ブログ

オーストリア旅行 その1 ウィーン編2

中を跳ばして、

9月10日(金)にチロル、ザルツブルクと廻って、最後はまたウィーン西駅に戻ってきました。
駅前でタクシーを拾って、ホテルへ。
で、まともなタクシーが無い!
荷物が大きいから乗車拒否。 ドイツ語も出来ない運転手ばかり!
おいおい、最大の駅のタクシーがこれ!?
やっとドイツ語の出来る運転手が引き受けてくれて、3台で分乗。
怪しい運転手なので遠回りされないように注意して、土地勘がありそうな振りしたり緊張しましたが、
見かけと違ってちゃんと妥当な金額で到着。
が、2台だけ! いくら待っても1台は来ない!
10分位遅れて到着。 違うホテルに連れて行かれたとか。
だからBooking comの予約のコピーを渡して運転手に見せろって言っておいたのに・・・。
ホテル名も近くの広場の名前も大声で伝えておいたのに・・・。
まあ、料金は高くなかったから問題無しだったけどね・・・。

 到着時間が決まったら、ホテルに電話をして駅からのタクシーを手配してもらおう!
        駅前のタクシーは怪しい!
       
ホテルは Hotel Austria Wien。 リンクの下側、シュベーデンプラッツの近く。
シュテファン寺院からも歩いて10分かからない。 近くは古いウィーンの市街地で、有名なレストランも多い。
表通りに出ると大きなスーパー「SPAR」(大きなのを初めて見た)があって便利。
P1000670c.jpg
交通要所、シュヴェーデンプラッツから市電半周で王宮にも行けるし、銀座通りケルントナー通りを下ってくれば歩いても帰ってこられるし、とても良い立地です。
残念ながら周りの建物が工事中でしたが、それが無ければ雰囲気も良い場所で、英語が出来れば不都合はありません。 お勧めのホテルです。 三ツ星でバスタブ付きのクラッシクダブルで一部屋159ユーロ。
私はトイレ・シャワー共通のエコノミーツイン(略シングル利用者向け)でしたが、部屋も充分広く部屋外の共同シャワーも他に使う人がいずに、一晩ですが快適に過ごせました。

P1000678.jpg
中庭に面した部屋。

翌日の空港までタクシーを頼んだですが、安いエアポートタクシー48ユーロを手配してくれました。
市内のタクシーだと60ユーロになるそうです。
 タクシーを頼む時は早めにしよう!
荷物は当然、出発まで預かってくれます。 トランク部屋には秤があったので、心配な人は計れますよ。
体重もね。


夕食はオーストリアで最後なので、ちょっと豪華にホテル近所のレストランを探訪。
ホテルから表通りに出て直ぐに、有名な高級レストラン「グリーヘンバイスル」?があり、
中を覗くと多くの小部屋に分かれていて、とても良い雰囲気。
しかしお値段もとても良いので、覗いてパス!
ホテルの裏手に廻ると、やはりオーストリアの名物パラチンケン(クレープ)のレストランがありますが、
ここはちょっとカジュアル過ぎとの事で、古い建物に囲まれたどっかの中庭を抜けて、
ツム・バジリスケン」というレストランを発見。
これが正解! 床がギシギシする古い建物で雰囲気抜群!
まだ時間が早いので他に客が殆ど居なくて心配でしたが、どんどん混んで来て人気のレストランの様でした。

P1000673c.jpg
サラダ2皿、お約束のウインナーシュニッツェル3皿、グラシュ2皿、発酵途中でこの季節にしか飲めない微発砲の若いワイン=シュトルム一瓶、最後にコーヒーを取って、たっぷりチップをあげても、一人当たり30ユーロ程度。 後に写っているウエイトレスのお姉さんが、実にプロフェッショナルでサービス旺盛。
でもね、支払いの時のチップを5ユーロにしたら、普通は食事代の10%から15%だよと要求されて、
最後だから面倒臭くて15ユーロ足しましたよ! 10ユーロ返すって言われたけど、
江戸っ子じゃない、千葉っ子だい、一度出したものをひっこめられるかい!って訳で、
最後にシュナップスのサービス一気飲みで、グラスを貰いました。
楽しかったらからそれも可! 
翌日観光後、適当に歩いてホテルに帰ったら、またこのレストランの前を通ってお姉さんに遭遇!
肩組んで写真撮りました。 誰かのカメラで。
私はアルコールが苦手で普通はシュナップスの一気飲みはしないけど、このレストランのはオリジナルだそうで、
酔うこともなく良い気持ちでした。

P1000687c.jpg
P1000702.jpg
P1000712c.jpg
P1000708c.jpg
翌日午前ちゅはお決まりの観光。 半日なので建物を外側から見るだけ。
建物が立派だけど、余りに観光客が多く、団体観光客が沢山。
モーツアルトの姿をしたダフ屋も沢山。

オーストリアはウィーンだけが桁違いの大都会で、後は田舎や中小都市というイメージ。
ヨーロッパは田舎に行く程良くなるというのが私の持論なので(恐らく多くの人の)、
ウィーンは文化的には立派なんだろうけど、やっぱり大都市は大都市という印象。


P1000711c.jpg
からくり時計の前の小さい本屋さん。 頑固そうなおじいさんと娘?親切なおばさんが店番で、ここで猫の本を買いました。 

P1000721c.jpg
これがホテルのある露地から表通りに出た正面にあるギリシャ教会。
この隣でビルの陰になっている所に高級レストランがあります。

で、11日午後ウイーン空港に向かい、最後のお土産買いでレバーケーゼ(ハムの一種)を買ったりして、
チューリッヒ、インチョン経由で12日夜に成田に戻りました。
途中、レバーケーゼが危険物と見なされて、空港の検査で2回引っかかりました。

 円筒形の物は、荷物から出して検査官に見せよう!


長々とありがとうございます。 (もし最後まで読んで下さった方がいれば)
でも、これからが本編です。

長いなあ・・・・。


チロル編へ続く。   ・ ・ ・   予定 ・ ・ ・ 













テーマ:海外情報 - ジャンル:海外情報

コメント

[title]:

スノードロップさん、

くまさんの写真、お褒めに預かり嬉しいです。
今回はクマ君の出番が殆どなかったのですが、このクマ君、オーストリアは2回目です。
前回は結構色々出演してもらったのですが、今回は私の余裕が無かったので、
やっと最後のウイーンのホテルで出演の機会がありました。 名役者でしょ! 

チップの件、皆さんを驚かせてしまいましたね。
お姉さん、それまで色々とサービスしてたし、めちゃくちゃ忙しい中、追加注文とかトロトロしてたので、
余程チップを期待してたのかも。
暇な時に写真を撮ってくれたりしたから、5ユーロは少なすぎたんでしょうね。
ガイドブックを確認したら5~10%と書いてあったから、金額が多いときは5%、この場合は最低10ユーロ渡せば丁度良かったのかな。
私は昔の癖で端数を揃える(1~5ユーロ)しか渡さないので、やっぱり少な過ぎるんですね。
(実際、1ユーロは無いですけど)
お友達の方も日本では丁度だから仕方無いと思います。
まあ、昔は日本の旅館でも仲居さんには最低1,000円位渡すのが常識だったから、今のレートだと10ユーロ程度なのかな・・。
ただ、アルペンさんへのお返事でも書きましたが、オーストリアの場合は基本給はきちんとありますよね?
これがメキシコの様にチップだけが収入なら、こちらもそれなりに払わなければなりませんが、
もし普通にお給料が払われているとしたら、10%は多いと思うのは私がケチだからかなあ・・。

まあ、今回は本当に勉強になったし、初めてと言って良いほどシュナップスでぐっすり寝られたので、
翌日の気分は良かったです。
(翌日のウイーン観光でまた疲れましたけど・・。)





  1. 2010/09/20(月) 17:09:47
  2. URL
  3. REI #-
  4. [ 編集 ]

[title]:

オーストリア旅行記、楽しみにしていました!
くまさんの写真、すごく素敵に撮れてます!

ところで、気になったのがチップの件。チップを要求されるなんて・・・聞いたことありません!!!こちらの人に話したら皆一様にして驚いていましたよ^^;そもそもチップというのは、あくまでもサービスが気に入った場合に気持ちとして渡すものですから、要求されるなんて、あり得ない!って。
中にはサービス料が含まれてるレストランもあるので要注意だそうです。まぁ、冗談だったのかもしれませんが・・・それでもチップもらえたらラッキーって感じなのでしょうか。。。そんな冗談いやですけど。

ただ、チップって難しいですね。私も旅行中や、こちらに来てから・・・慣れるまでは緊張の連続でした。私もREIさんと同じく端数を揃えるくらいで気持ち、渡していますよ。(ちなみに旦那は気前よく?料理がおいしかったり、サービスがいいと結構渡していますが。。。)先日来た友人たちも、通貨とチップとに慣れていず・・・どこもきっちり払うことが多かったんですが・・・あるイタリアンレストランでウェイトレスの方がすごく感じ良かったんで旦那はチップをはずんでいたんですが、友人の支払いの時にお釣りなしのぴったりで支払いしたら、心なしかそのお姉さん悲しそうでした。。。(友人はこちらに来た当初、チップってどうするの?とか色々聞いてはいてくれたんですが・・・私もこのとき気付かず・・・)でも、日本にはない制度ですし、こういうのってやっぱり慣れないと難しいですね

何はともあれ満足されたようなので、良かったですが!
  1. 2010/09/19(日) 15:00:14
  2. URL
  3. snowdrop #8kSX63fM
  4. [ 編集 ]

[title]:

Kotoraさん、

そういえば、私も一人旅の時はタクシーに乗らないですね。
空港からも電車やバスを使うから。
数人で行く時はタクシーを使いますが、ホテルで手配してもらう事が多いから、
今回みたいに駅から乗った事はあったかなあ・・。
着いた日に駅をチェックしたときに、タクシーの感じが悪いなあとは思っていたのです。
汚くて臭って、カトマンズのタクシーみたいで、とってもウイーンの表玄関駅のタクシーじゃないです。
正確に言えばドイツ語は私と同じ程度は出来るのでしょうが、運転手同士は母国語でどうする?みたいな感じで話してました。

NYの運転手、アメリカ人(白人)でしたか?
私がソルトレイクシティで乗った運転手さんはインド系で、やはり親切でホテルよりダウンタウンは危険だから一人で夜出歩いてはいけないと注意してくれました。
上のウイーンの運転手君達も、料金はインチキしてないから悪い訳ではないんですけどねえ・・・。

チップねえ・・・。 15ユーロ以上だったかも。 だって端数に5ユーロ乗っけて、さらに要求されたんだから。 やっぱり日本人だから要求されたのかなあ。 まあ最後だったし、お姉さんの仕事振りが気持ち良かったから、余り不満はないんだけどね。
初日のギリシャレストランもとっても楽しいおじさんで、色々笑わせてくれたんだけど、チップを端数しかあげなかったのでずっと後悔してたんです。 それもあって私としては太っ腹の5ユーロ強だったんだけど・・・。もしかしたら、毎回少な過ぎて、慇懃無礼にお礼言われてたのかも・・。 
本には金額の10%程度って書いてあって、お姉さんもそれを言ったたけど、
私、そんなに置いた事ない・・。 だって、200ユーロ以上だから10%だと20ユーロでしょ。
そんなのありですか?
これで日本人はチョロイと思われたかもね。 (苦笑)
このお姉さんも多分、生粋のオーストリア人では無いと思います。 ちょっとスラブ系の訛りがあった様な・・。 オーストリアってそういう国なのね。

ウイーンね、時間があれば楽しい町かもしれません。 客をもてなす技があります。
その点はザルツブルクの方が気取ってるかも。 でもウイーンの街は汚いなあ・・・。 

  1. 2010/09/18(土) 17:55:29
  2. URL
  3. REI #-
  4. [ 編集 ]

[title]:

moguさん、

私も言葉がなんとかなる所は個人旅が好きです。
今はネットで殆ど事前に手配出来るから、とっても便利になりました。
でも英語が出来ないからアメリカは辛い!
LAの空港からホテルに行き方を電話で問い合わせた時は、何度聞いても判らなくて、
最後は何番のバスに乗れ!v-359と怒られちゃいました。

アメリカでもタクシーの運転手って、移民が多くないですか?
私がソルトレイクシティーで乗ったのはインド系の運転手でした。
映画でもNYなんかインド系が多いみたいですけど?
使う言葉が限られてるから、ある程度地理が判るとなりやすいんじゃないかな。
オーストリアでは、肉体労働は他国からの労働力に頼っている面がある様です。

旅の面白さの一つが意外性なので、レバーケーゼを調べられたのも、良い思いでです。
係員がレバーケーゼだよと画像を見てる人に説明したり、ジャムみたいだけど調べてとか、
聞いていると面白かったですよ。
つうか、前もって見易い様にカバンから出しとくべきでしたけど。





  1. 2010/09/18(土) 17:17:22
  2. URL
  3. REI #-
  4. [ 編集 ]

[title]:

アルペン猫さん、

ブログ1周年、おめでとうございます。 太郎ちゃん1周年はもう少し先なんですね。

タクシー、正確に言うと当然ドイツ語は多少は出来るんです。 私と同じ位はね。
でももの凄く訛ってるし、きちんとしたドイツ語ではなくて、他国からの出稼ぎ運転手なのね。
だから都合が悪いと母国語で互いに話してて、さっぱり判らないのですよ。
ミュンヘンで空港までタクシーに乗った時も、旧東欧圏からの出稼ぎみたいでした。
今回もスラブ系かな。 それもかなり南方面の様な。
車も汚い。 日本では有り得ない。 カトマンズのタクシー(床に穴があいていた)より汚いかも。
これ、今回の旅行でちょっと気になった事なんですよ。
ポストバス等の運転手もEUの他国人が多いんですって。 ドイツもなんですかねえ?

K+Kマリアテレジアって高級ホテルですね。 一度は良いホテルに泊ってみたいなあ。
今回のホテルオーストリアは三ツ星の中級ホテルですが、表通りから路地を入っている事と、
リンクそのものからは奥にあるので、音は殆ど気になりませんでした。
道が狭いのとちょっとダウンタウンぽい町並みですが、路地が面白いしお得なレストランが多いし、
ドイツ語が出来るとホテルのフロントも感じ良くなるし、お勧めですよ。

チップはねえ、今回この店で初めて要求されました。
ただどこまで冗談なのか判らないんですよ。 偶然見つけたのですが、ガイドブックにも載ってる店なので、日本人の利用も多い様で、入った時に日本人ならモーツアルトが好きでしょうとBGMを変えてくれたり、皆の写真を撮ってくれたり、料理を運んできても冗談言ったり、それが冗談なのか本気なのか良く判らない。
まあ写真撮ったりサービスしてくれたし、何十席もあるテーブルを殆ど一人でサービスしてるプロフェッショナルな仕事振りにも感心し、ユーロも残っていたので渡しちゃいました。
いつもは端数を繰り上げる位なんですけどね。
どうも日本のガイドブックには10%とか書いてあるんですよねえ。 それが常識なの?
私は普通は端数を揃える位と思ってるんですけどね。 
料理もサービスも満足だったし、他の人は良く判ってないからいいんですけどね。
チップは難しいなあ。






  1. 2010/09/18(土) 14:53:00
  2. URL
  3. REI #-
  4. [ 編集 ]

[title]:

薄皮饅頭さん、

そうなんですよ、レバーケーゼは爆発するんです! 嘘!
手荷物検査では円筒形の物が調べられる様でした。 ジャムの瓶も調べられました。
両方共に検査の時はバックから出しておけば良かった様です。
一緒の一人はリュック一杯に食料品の土産で、下の方に入れていた塩の筒が引っかかって、
検査台一杯に食料を広げて、食料品店みたいでした。(苦笑)

この小さい本屋さん、ちょっと素敵に見えませんか?
薄皮饅頭さんを御案内したいです。 その時はアルペン猫さんかKotoraさんに通訳を頼みましょう。
そして隊長には隊員その2とお留守番をしてもらいましょうね。
ウィーンだけなら3泊5日位で充分かもしれませんよ。 
隊長、5日はお留守番出来ないかな?




  1. 2010/09/18(土) 14:22:37
  2. URL
  3. REI #-
  4. [ 編集 ]

[title]:

タクシー、私こっちきて何回乗ったやろってくらい乗ったことないです。高いし。やっぱりドイツ語できてもなんかいまいち信頼できん、という感じがあって。いい人もいますけどね~!
以前NYに行った時、ガイドブックの通り、ホテルの名前は言わないで通りの番号だけ言ったら、目的のホテルの向かい側の道につけられちゃって。いやホテルあっちなんだけど、って言ったら、なんでホテルの名前いわないの~。って言われて。でもすんごいいい人で、この通りからは柄が悪くなるから、一回りしてホテルの前につけてあげるって、その分無料でしかも、走ってくれたんです。
ええ人やったわ~。
でも基本、タクシーは警戒してしまう…。申し訳ないけど。

っていうか、チップ15EUROもあげたんですか~!!ひぃ~!!ふとっぱら!
私少なすぎてはあ?って顔されたことは何回かありますけどね~。サービスが悪くてあげなかったこともあるし。(笑

ウィーンはまともにいったことがないんですよね~。一度ちゃんと行ってみたいです。
  1. 2010/09/18(土) 09:34:58
  2. URL
  3. Kotora #-
  4. [ 編集 ]

[title]:

ドイツ語が出来ない運転手?
ドイツ語圏なのに~

ツアーでは体験出来ない旅行って大好き!
手配とか大変だけど、ツアーでは見られない所や
自分達のペースで見て回れるのも魅力ですよね。
レステランの雰囲気、素敵だな~
レバーケーゼが危険物(笑)
意外な物が引っ掛かったりしますね。

チロル編、私も楽しみ!
  1. 2010/09/18(土) 02:30:57
  2. URL
  3. mogu07 #dsgD8nx.
  4. [ 編集 ]

[title]:

えーっ、ドイツ語の国なのに、ドイツ語ができないタクシーの運転手って・・・、不思議です。
それって、日本で、日本語話せなくてタクシーの運転手になるようなもんですよねぇ。よくそんな人が働いてるなあ。

ホテル、便利な場所ですね。
私はツアーでウィーン(オーストリア)に行ったのですが、ウィーンではK+Kマリアテレジアというホテルで、横にトラムが走ってて夜と朝がうるさくて大変でした。
チップ、要求というか、そんなこと言ってきたんですね。私、そういったことを言われたことはないです。
日本人ばかりだから?それとも、それなりにいいお店だから?
まあ、でも、お食事も美味しかったとのこと、これが大事ですもんね!

↓いくつかのサイトを利用してホテルを予約したことありますが、Booking Comが私には使いやすいです。
ドイツ内だったら、hotel.deも利用したことありますが、やはりBooking Comが情報豊富だし、日本語でも読めるから使いやすいです!
  1. 2010/09/18(土) 00:54:57
  2. URL
  3. alpenkatze #6fcXaNLA
  4. [ 編集 ]

[title]:

レバーケーゼは危険物なんだ(大笑)!!
旅行記、楽しいですよー(^^)。
特にワタシは、この先海外旅行はできないだろうなぁと
うっすら思っているから殊更に。
エ?なぜできないかって?
そりゃ過保護な猫ばかだからですよ。うひひ。

遠い遠い国のお山や猫や町並みや教会の写真も、
怪しいタクシーの話も、面白い。
モーツァルトの格好したダフ屋のアルバイトしたいです。
そして小さい本屋さん、ちょっと行ってみたいなぁ。
ドイツ語読めないけど。

チロル編も楽しみにしてますね!
  1. 2010/09/18(土) 00:05:11
  2. URL
  3. 薄皮饅頭 #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

# プロフィール

REI

Author:REI
メイとマックの猫2匹との日々。
長期放浪中のトムは何処に?

# カレンダー

08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

# 最新記事

# 月別アーカイブ

# 検索フォーム

# メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

# 固定要素

ココに固定表示したい内容物