FC2ブログ

ニャンズは平穏なり

昨日は早めに仕事を止めて、通常通り運行していた電車で無事に帰宅しました。
家の被害は、階段の壁にひびが入り、しっくい壁が少し剥がれ落ちていました。
うちは耐震規制改正以前の家なので、この程度は想定の内の被害。
私の部屋は本棚から本が落ちていましたが、元からその下にも本が積まれていたから、見た目変化なし。
不思議なのは電子レンジの皿だけがちょっと離れた所に落ちていた事。
電子レンジ本体はちょっと前に歩んでおりましたが。

にゃんずはいつも通り。 メイが大騒ぎして向かえてくれましたが、これもいつも通り。
自分の部屋に落ち着いて広げた新聞の上にどかっと乗っかり、咥えてきたじゃらしで遊べもいつも通り。
ボーッと僕は何をしてるんでしょうという反応のボンヤリマックもいつも通り。
余震もありますが、ねこずは特にに地震には無反応。

P1000430.jpg
布団の真中に寝て、飼い主の寝る場所を奪うのもいつも通り。
11日の夜は靴も履いたまま、余震と地震速報で殆ど寝られなかったので、ねこずの妨害にもめげずゆっくり寝られました。
被災をされた方々はまだまだ大きな余震の中、安眠には遠い状態でしょう。

いつも通りのねこずといつも通りの生活が出きる事が一番の幸せです。



とはいっても、一応対策も。

P1000433.jpg

地震対策グッズを買いに行く時間はないので、持っていたカラビナで本棚の扉にかんぬき?をかけました。
ずっと余震が続いているので、また大きな地震が来た時の為です。

また以前にスーパーの特価でかった非常時セットを玄関に置き、父用に山グッズから役立ちそうな物 - サバイバルシート、アルファ米、飲料水、救急グッズ、ヘッドランプを小さいデイパックにいれて渡してきました。
そのなかにカリカリ300gも入れておきました。 

しかし、実際家が壊れる様な地震の場合は、まずは父に逃げてもらわなければならず、猫はそのままにするしかないでしょう。 



昨日は帰りに猫用のキャリーをもう一つ買う事と、地震対策グッズを探しに、駅前の商店街を歩きました。
キャリーは2軒みましたがうちのデブ猫に使えそうなものは無く、ホームセンターに行かなければ買え無そうです。
それ以上に聞いてはいましたが驚いたのが、コンビニやスーパーのインスタント食品とパンの棚に物が無かった事。
まだ柏はスーパーに物がいくらかありましたが、地元は駅前に大きなスーパーが一軒しかないので、これらの食品は全くなかったそうです。
私も思わず何か買い占めようかと思いましたが、難しいとはいえ食料が全く出回らない事はないのですから、今家や職場にある物で充分なはずと、財布の紐を閉めて帰りました。


この閑散としたブログを訪ねてくれる方は少ないでしょうが、

買占めはやめましょう。

必要最小限度3日位を何とか過ごせる食料があれば充分なはず。

避難する時に大き過ぎる荷物が命取りになる事もあります。


幸いに大きな被害を受け無かった我々が今必要な事は、

普通どおりの生活を送る事だと思います。

勿論、節電や無駄な車の使用は避けなければなりません。

特に今はガソリン関係の不足がこれから大問題になる可能性があります。
物流に充分なガソリンが無ければ、被災地以外の生活にも支障が出るばかりでなく、
被災地に充分な物資が届かない事もあります。

反面、半身不随になったも同様の日本でも、経済活動は続けなければ財政困難な日本は、
さらに国が立ち行かなくなります。

私達に今出きる事は、出来うる限り普通に生活し、
被災地から援助要請があった時に、出きる事をする事だと思います。


私自身は原発が怖くて昨日は早く帰りましたが、駅前では普段と変わらぬ多くの若者や通勤者を見て、
驚くとともにこれで良いのではないかと思いました。
普通の生活をおくりながら、必要な時に必要な援助をする。


原発も余震も怖いけれどね。










# プロフィール

REI

Author:REI
メイとマックの猫2匹との日々。
長期放浪中のトムは何処に?

# カレンダー

09 | 2020/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

# 最新記事

# 月別アーカイブ

# 検索フォーム

# メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

# 固定要素

ココに固定表示したい内容物