FC2ブログ

心配している事、恐れている事

お気楽猫2匹とお気楽なくせにときどき落ち込む飼い主のバカブログなのに、

先週はあまりの惨状に若干突っ走ってしまいました。

「犬猫救済の輪」

では、明日幾つかの団体・個人で現地にレスキューに入られるそうです。

こちらには連日の救助のスケジュールが載っています。
家畜は個人で餌やりの様ですが、どうなるのか・・。


私個人では何もできず、せめて一時預かりをとも考えていますが、
昼間は家にいないこと、うちの猫メイが他の大人の猫を受け入れる猫ではない事(先住猫を追い出したも同然、勿論、飼い主の私の至らなさですが)、
そして今はまだ元気な父ですが、病気がいつ悪化するかも分らず、決心もつかずにいます。
犬ならとも思っているのですが、親の家だからなあ・・。


なんて言い訳より、心配していた事が実際に起きている様です。

ある愛護団体さんのブログより、抜粋。

状況が刻々と悪化されている飼い主さんがとても多く、なるべく早くの回収を頼まれています。
飯だて(飯舘村)からご連絡があった飼い主さんは、村の人たちは次々と犬の鎖を放して、避難に備えているとのことです。


飯舘村は計画避難地域にしていされている所です。
1ヶ月をメドに避難をしなければならない地域で、政府から4月11日に指定されました。
心配しているのは、ここでまた動物が置いていかれ、また同じ事が繰り返される事です。
そしてそれが現実化し始めている様です。
政府やマスコミにショッキングとも言える画像とともに、福島の置き去り状態の動物の救助をお願いする目的は、勿論現状対策でもありますが、原発問題が解決するまでまた同じ事が繰り返されない為です。
政府はそんな余裕は無いという意見もありますが、政府も地方行政も何もしなければ、また同じ事が繰り返されます。
東電は原発の冷却見通しを9ヶ月程度と発表しましたが、そんな事は信じられません。
計画を出せ、見通しを示せと言われて、願望を発表したとしか思えません。
だって、一度もなった事も予想すらした事も無く、今日もまだ試行錯誤で対策している状態です。
放出される放射線量は水蒸気爆発やベントがあった時と比べれば、今はかなり減っているそうです。
けれど、今回計画的避難地域に指定された所は、現在でも土壌汚染濃度の高い所です。
ただ今回は牛は栃木県が面倒をみる様です。(すいません、記事は読んでいません)
しかしもう犬の放逐は始まっている。 繰り返しは耐えられません。

誰もいない家の前で飼い主を待つ犬。 人恋しくて車を追いかける犬。
閉じ込められて餓死する猫。 繋がれたまま餓死する犬。
死んだ母親の側でたたずむ子牛。 放されても動けないまま死ぬ乳牛。
人がいなくなった空間で自由に生きる犬・猫・牛もいます。
でもそれは季節がいいから。 食べ物が無い東北の冬を越せる固体は少ないでしょう。
人が都合の良い様に改良した動物には、生き残れる可能性は低いです。



そして恐れている事は ・ ・ ・

今でも豚・鳥は絶滅状態。牛も半数以上が死亡。 そのまま腐る。
これから気温が上がります。
生きている動物は救助しなくても、衛生環境面から政府も自治体もこのままの状態で置く事は出来ないでしょう。
とすると、遺体の処理だけでなく、生きている動物の処理もありうる。
野生化した危険な犬猫・病気や菌をばら撒く可能性のある動物、これらが処理される可能性は ・ ・ 。


杞憂でしょうか?  そうである事を信じたい。
震える程、怖い。







斃れた牛、餓死した犬、食われた猫、そんな残酷な写真を、
どうぞ飼い主さんが見ませんように、
これ以上飼い主さんを苦しめませんようにと願う人々。

なんて優しいんだ。

わざわざフライデーまでかって画像を見て、飼い主が見ませんようにと願う

優しい人々。

残酷な画像をどんな気持ちで載せたのか。

私は怒りで一杯だ。

人である事が恥ずかしい。

人が自分の都合の良い様に改良し、人がいなければ生きていけなくした動物。

宮崎の時もそうだ。 口蹄疫は人にはうつらない。
かかった動物が死ぬ確立も低い。
でも経済動物としての価値が下がるから、全頭殺処分。

今度は人災だ。 

私は怒りと悲しみで、動物に申し訳ない。
人間である事を辞めたいほどに。
でも生きて行くしか無い。 親も猫も仕事もあるから。
私に代わって助けてくれる人達が、どんな気持ちで写真を撮ったか。

ごめんなさい。  悔しい。




コメント

[title]:

ひろみさん、

ひろみさんが一番正しい!
今は後方支援を出来るだけする事。 それが大事。
それは今まで動物ボランティアをしてきたひろみさんだからちゃんと判るんです。
私みたいに今まで何もしてこなかった人間は、あちこち見ては腹立ててるんです。

でも空しくなってしまったのです。
また同じ事が新たなところで起きている事。
あの写真や家畜たちの写真を、そういう感想で見る人。
多分、それが「人」として「大人」として普通なんだろうなあと。

こちらにコメントを下さるanemoneさんたちが、地震の後に直ぐブロガーさん達の安否情報を集めてくれました。
その中で津波で亡くなった方がいらっしゃいました。
飼い猫を連れて逃げようとして逃げ遅れて、御主人の目の前で津波に飲まれたそうです。
それ以来ずっと考えました。 私は地震で猫を連れて逃げられるか。
キャリーも買いました。 ハーネスも買いました。
でも結局、家が崩れる程の地震が来たら、猫を連れて逃げる事は出来ないと思います。
あるサイトに地震の時は動物を外に逃がせとありました。
閉じ込められたら助からない。 外にだせば助かる可能性がある。
でも室内飼いの猫に外で生きる力があるか判りません。
私は猫達に、逃げても必ず迎えにくるから、何とか生き延びてくれと言い聞かせています。
判る訳ないよねえ。

今生きている動物達を助けたいです。
これから同じ目にあう動物も助けたいです。

一時預かりなら出来るかなあ。

  1. 2011/04/19(火) 15:03:10
  2. URL
  3. REI #-
  4. [ 編集 ]

[title]:

anemoneさん、

私が昨日またもや感情的になったのは、

ある人気猫ブログで、救済の輪さんの活動をブログで紹介してくれたのです。
でもその記事へのコメントで、「動物達の悲惨な様子にショックをうけました。 もう充分に辛い目にあっている飼い主さんに、この上この写真を見て欲しくない。 どうぞこの写真を飼い主さんが見ませんように」とあったからです。
このコメント、今日は何故か削除されています。 似たコメントは残っていますが。
きっとこれが普通の感想なんだろうなあ。 確かに飼い主さんの気持ちを私は考えていたなかった。
私が考えていたのは、こんな姿になってしまった猫達の事。
救助に入ってこの姿に直面した動物ボランティアさんの救済の輪の代表さんの気持ち。
この写真をあっぷせざるを得なかった気持ち。
代表さんの救えなかった悔しさだけを、それ考えていました。

色々な事情があるでしょう。 10km圏内の人達は、11日夜にはそこを立ち退かなければならなかった。
何も知らされないまま。 必要な品さえ持ち出す事はできなかったでしょう。
しかもバスで避難したとか。 バスに動物を乗せられなかった様です。
(連れていった人達もいた様ですが)
その後県内を点々とし、県外に避難した所、県内で避難した所。
だから飼い主さんを責める事は誰も出来ない。
それ以上は誰にも言えない。
ただ、飼い主さんに救助依頼を呼びかけ、何とかしたいと悲惨な現場に飛び込んでいるボランティアさん達。

何も出来ない私も、飼い主さんに見て欲しくないという優しい人も、本当は同じ。
それでも、死んでしまった動物や、苦しんでいる動物を思うと、私は優しい人間にはなれない。
行政を責める事も、飼い主を責める事も出来ない。
東電を責めても、助かる命は無い。

私はね、雑誌まで買って写真は見る気はないですね。
鶏や豚の死体累々は見なくてももういいです。 飼い主や畜産家が見る、見ないは本人の意志次第です。

原発に関しては、私は加害者の一人かも。
一度も安全と信じた事は無い。 ただここまで危機管理が出来て無いとは思わなかったけど。
でも反原発と言うと、殆ど直ぐに左よりの思想だと思われたのが、今までの日本。
右も左も興味ありません。 でも勝手に疑心暗鬼で言い辛いのは沢山あります。
だから黙っていた私は加害者の一人かも。

だから誰も責められないのよ。 それでも置き去りにされた動物達を思うと、悔しい、悲しい、腹立たしい。
そして今新たに計画避難地域で同じ事が起きているのを止められない事。
これだけは何とかしたいの。





  1. 2011/04/19(火) 14:49:35
  2. URL
  3. REI #-
  4. [ 編集 ]

[title]:

まかないさん、

みなしご隊を御紹介下さってありがとうございます。
みなしご隊は今でも頑張っていますね。 福島に独自でシェルターを作って、里親を探して。
保護団体としてはとても理想的で、上手く運営されていると感心しています。
こういう「健全」な団体を紹介する事は、とても大事な事だと思います。

今回思ったのは、日本に居る私より海外にいらっしゃる皆さんの方が、直接に何も出来ないという思いで、フラストレーションが非常に溜まっているという事です。
でもそれは私達も同じです。 現地にボランティアで行く訳でもなく、動物ボランティアをする訳でもなく。
忸怩たる思いです。
私の呼びかけで本が沢山集まりましたが、それはお客様皆さんが何かしたいけど出来ないでいたからだと思います。 皆さん、寄付はなさっていても、もっと何か出来ないかと思っている。

私も自分が行かないで、ただPCの前で嘆いているのは卑怯な自己満足だと思わない訳ではありません。
でもね、自分が動物レスキューに行って何が出来るか?
あの惨状と臭い、助けられない絶望感で、実際に行動出来る自信がありません。
卑怯なんです。 でも行って邪魔になるなら行っても仕方無い。
散々言い尽くされた事ですが、ボランティアは現地でするばかりではないそうです。

人の復興はまだまだ長く続きます。 未だにまだ風呂に入れない避難所や(恐らく個人で風呂に行ってるとおもいますけど、マスコミはこういう伝え方をします)、食料がおにぎりとパンの所があるそうです。
今はまだ多くの感心を集めていますが、既に我々は停電も無い生活で、被災者への思いやりを忘れつつあると思います。
だから海外でも長く関心を持って下さる事がとても大事だと思います。
日本赤十字はやっと被災者に一律援助金を配ると決めました。
寄付したらどうやって使っているかも興味を持って下さい。
海外から日本赤十字に結果をきちんと世界に発信するように要求して下さい。

動物の団体でもそうです。 恐らく海外の愛護団体は某本部に寄付するのでしょう。
何に何時使ったのか、公開を要求して下さい。

それも日本をサポートする一助だと思います。




  1. 2011/04/19(火) 13:53:25
  2. URL
  3. REI #-
  4. [ 編集 ]

[title]:

鍵コメ様、

はい、判ります。 本当の気持ちは鍵コメでしか書けません。
以前に書いた様に、災害が奢った人間への天罰だとしたら、
何故かこの天罰は弱い所に強く当たるのです。
高齢者の多い地域、人より弱い動物。
マスコミは綺麗事や人の同情を引く様な哀れな「人」の話ばかり伝えますが、
実際は常日頃の問題が、こういう時に噴出しているのです。

それでも全体には序所に普通に戻る為に努力して進んでいる様です。
そういう時に触れられたく無いんでしょうね。


  1. 2011/04/19(火) 13:36:01
  2. URL
  3. REI #-
  4. [ 編集 ]

[title]:

歯がゆい、悔しい、切ない、やるせない、虚しい、辛い、いろんな感情が胸の中で爆発しそう
ホームセンター内の動物の生体展示販売が目に入るだけでどうしようもない思いに駆られます
もぅ こんなときぐらい、やめて!被災動物の一時預かり、里親を探して!と叫びそうになります

人間のエゴに振り回される動物たちの命
動物の犠牲(死)で成り立ってる部分がたくさんある今の私達の生活
今までも悔しくて悲しくて怒りがこみあげてきたことは何度もあった...

今は時間との戦いの中、焦りばかりが募るけど
頑張ってるレスキューがいること、それがなんとか心の支えになってます

だから応援し続けたい!もうそれしかないです! それだけ...

  1. 2011/04/19(火) 13:17:04
  2. URL
  3. ひろみ #8gXClZl.
  4. [ 編集 ]

[title]:

かなしいよ。
ほんとにね・・・どうすることもできないのかよ・・・ってね。
きっと、誰も知らなかった現実はこの後何年もあとにもっといっぱい出てくるかもしれない。
愚かな人間。バカばっかりでかなしいよ。
ワタシだって今までろくに考えてはこなかったんだもん。
知らなかったではすまないよ。
だまされたって言葉ほど恥ずかしいものはないよ。
みんなそれにのっかってきたんだもん。
悔しくてはずかしくて、かなしいよ。
やるせなくて、つらくて、本当にかなしいよ。
  1. 2011/04/19(火) 09:03:18
  2. URL
  3. anemone #0XD2YVB.
  4. [ 編集 ]

[title]:

やるせないことがたくさんありますよね、今回の地震。
そして私の場合は、なんか私は何にもできてないという罪悪感みたいなのもありますしね。もちろん寄付とかはしてますが、なんか私は役にたってるんだろうかというなんかこうじだんだ踏むみたいなのありますよね。
福島の原発に関しては人災だと思いますので、それによって苦しめられてる方々、家畜、ペット(これらを横並びにすると怒る人もいるかもしれないですけど)、ほんとにやるせないですよね。
あああ、このやるせなさを表現する言葉がみつかりません。。。
  1. 2011/04/19(火) 06:54:15
  2. URL
  3. まかない #-
  4. [ 編集 ]

[title]:管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2011/04/18(月) 23:33:40
  2. #
  3. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

# プロフィール

REI

Author:REI
メイとマックの猫2匹との日々。
長期放浪中のトムは何処に?

# カレンダー

06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

# 最新記事

# 月別アーカイブ

# 検索フォーム

# メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

# 固定要素

ココに固定表示したい内容物