FC2ブログ

「猫語の教科書」

コメントを下さるnmzkさんご紹介の
「武士の娘」を探して本屋さんにいったら、
探し物は無くて、代わりにこんな本を見つけました。

「猫語の教科書」 ポール・ギャリコ作、灰島かり訳 ちくま文庫
(原題The Silent Miaow。 この意味は読むと判ります。)

猫語の教科書


猫による猫の為の、どう人間を躾けるかというマニュアル本。
作者の雌猫によれば、人間の男性を躾けるのは簡単な事だそうです。
猫に家を乗っ取られる前に読んでおけば良かった。 

アマゾンなどで取り寄せる事はできるけど、
やっぱり本屋に行くと、思わぬ見つけ物もあり、
本屋は楽しいな。

しかし、この日本語タイトルは中味と合ってるの?



テーマ: - ジャンル:ペット

コメント

[title]:Re: タイトルなし

mogu07さん、いやいや、小梅ちゃんに見せてはいけません!
今でも充分に小梅ちゃんは人を操っているのに。
それとも、小梅ちゃん、既に読んでお勉強してから、
mogu07さん宅にやってきたのかもしれませんよ。
アメリカの猫さんたちには、必読の書になっていたりして。

本屋さんは楽しいですよね。
そうそう、色々な本との出合いがある。
なのに、日本ではどんどん本屋さんが少なくなっているそうです。
寂しいですね。




  1. 2010/02/20(土) 17:08:40
  2. URL
  3. REI  #-
  4. [ 編集 ]

[title]:Re: タイトルなし

やっぱり薄皮饅頭さんは御存知でしたね。
猫関係の蔵書がすごそう。 

この本はもしかしたら原書をお持ちなのかな?
原題が文庫には載ってないし、検索でも出てこなくて、
作者の名前検索でやっとヒットしました。
まだ途中までしか読んでないのですが、サイレントミャオ=この単語は訳本では出てこないでしょう?
訳本はちょっと古い感じがするのですが、原書ではどうなのでしょう。

同じ棚に内田百聞(間)の「ノラや」がありました。
家だけでなく、心も持ってかれたのね。
動物は健気です。



  1. 2010/02/20(土) 17:03:39
  2. URL
  3. REI  #-
  4. [ 編集 ]

[title]:

面白そう!
どう人間を躾けるか(笑)
猫と一緒に読んでみたいな~

私も本屋さんが大好き。
Amazonも便利だけど、自分の手に取って、思いがけない
出会いがあるから良いんですよね。
  1. 2010/02/20(土) 06:13:36
  2. URL
  3. mogu07 #dsgD8nx.
  4. [ 編集 ]

[title]:

この本持ってますよ~。皮肉が利いていて面白いですね。
「サイレント・ミャオウ」はね、
その本で教えられている猫の殺し文句なのですよね。
だから意訳といえば意訳だけどいいんじゃないかしら。
ええと、個人的には
いかにも男性の作家が書きそうだなぁという印象が(笑)。
メロメロなのね。

 #REIさん鴉お好きなんですね。
  手からおべんと一緒に食べたって、スゴイなぁ!

  1. 2010/02/19(金) 21:05:30
  2. URL
  3. 薄皮饅頭 #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

# プロフィール

REI

Author:REI
メイとマックの猫2匹との日々。
長期放浪中のトムは何処に?

# カレンダー

06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

# 最新記事

# 月別アーカイブ

# 検索フォーム

# メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

# 固定要素

ココに固定表示したい内容物