FC2ブログ

災害の影響


うちの猫達は結石予防の為に、毎晩鶏肉スープ混ぜ猫缶を召し上がっています。
毎日なので出来るだけ抗生物質を使ってない鶏肉を選んでいます。
3月11日の震災までは、スーパーIYのおうしゅうこくみ鶏(安い時に買い溜め)がメインでした。
でも震災以後、この鶏肉は今日まで店では見る事がありません。
ネットで検索してもどうなったのか判りませんが、岩手県の養鶏所だった様なので、
これも震災の影響なのでしょうか。
養鶏業は餌が無くて、直接震災の影響を受けなかった所でも、壊滅的打撃を受けたそうです。
鶏は成育も早いけれど、餌が2日間位ないだけでも生きて行けない様です。
そういえば、物価の優等生たまごも価格が上がりましたね。
こくみ鶏の養鶏業者さん、大丈夫でしょうか? 早く立ち直れますように。

そこで別のスーパーで福島産伊達鶏というのを見つけました。
地震津波に加え、原発で苦労している福島の物産。 積極的に買おうと念のためい調べたら、これも抗生物質は使っていない高級なお肉。 (けど、このスーパーは安いので、国産若鶏と余り値段が変わりません。 嬉しい)
ただそれまで餌にしていた有機餌?は震災の影響で手に入らないので、他の餌を与えていると書かれていました。
東北の交通・大動脈がズタズタになる大災害、影響は未だ色々な所で元には戻っていないのですね。



その福島。 警戒区域・ 避難地域の動物の関係で、色々なサイトを見ると、
原発汚染で避難しなければなってしまった、福島県浜通りはとても美しい所でした。
豊饒な海と豊かな自然の山に囲まれた、自然が残る美しい日本の漁村・農村風景の広がる所。
誰も居なくなった町並みに、満開の桜並木。
浅い緑の草が茂る田畑。 山の湧き水。
庭では犬が寝そべり、鶏が餌をついばみ、縁側で猫が毛繕いをする農家。

そんな自然と人が、動物も共存する風景から、
全く人の姿が消えた町・村。
海近くでは津波の被害が大きいけれど、山側では家がそのまま、昨日のままに残されて、
ただ人だけが居ない。

人間も、思いでも財産も家も、そして生きた動物も、たった一晩で全てを残して、
追われる様に去らなければならなかった。
亡くなった家族、行方不明の家族を探す事もできず。


原子力発電所の事故の為に。 想定外でしょうか? 
原子力発電を受け入れて来たのは、我々国民全部です。
どんな物事も100%安全はあり得ません。
100%無害なエコロジーエネルギーもありません。
でも、福島の誰も居ない町並みや、見る人も無く農家の庭先に美しく花咲く景色を見ると、
これを二度と繰り返さない事が、今避難生活を強いられている住民の方々に対する、
また死ななければならなかった多くの小さい命に対して、
出来る数少ない事だと思うのです。

経済は大事です。 東電の停電の影響を身を持って体験しました。
電車が止まるのが心配で、未だに東京にすら行く気がしません。
でも、もし原発が爆発すれば、私も全てを残して家を去らなければなりません。
いったい何処へ逃げれば良いのでしょう?
地震がくれば家は壊れるかもしれません。
猫は連れては逃げられないでしょう。
でも、生きていれば探し、生活を立て直す努力を始めるでしょう。
けれど放射線で汚染されれば、立ち入る事も出来なくなります。

ゴーストタウンとなった浜通りの姿は、
明日は自分の街の姿かもしれない。

人が居なくなった世界は美しいかもしれないと、
夢の様な事を思わなくもないけれど、
そうならない様に、人は努力すべきではないのだろうか。






コメント

[title]:

まかないさん、

まず、前回のお返事で名前を打ち間違えました。 失礼致しました。

鶏の場合は餌に輸入が多いのではないでしょうか。
それが交通が打撃を受けて、運べなくなったらしいです。
その他食料関係は停電の影響が大きかった様です。
米は仙台平野では塩害で作付け出来ない所が多いとかで、今年の米は不足するのでは思いましたが、
日本全体では大丈夫と言っています。
休耕田も多いのだから、米くらいは自給自足出来ないとねえ。

製造業に関しては、驚きました。 私が派遣で行っていた会社も秋田に生産拠点があるので、日本海側で大地震があれば壊滅的かもしれないけれど、東北や北関東に精密機器工場がある事を全く知りませんでした。
この事で日本のメーカーや海外のメーカーが、日本飛ばしと言って部品の生産を日本から他国に移す傾向があるそうで、東北の経済にも日本経済にもジワジワと影響が出そうです。

大企業や我々の消費生活を見直すべき時だと思いますが、今以上に地方経済が立ち行かなくなるのは困ります。
でも製造業ではない自立の方法も探す機会なのかなあ。

今回の福島は動物の問題に係わって?しまいましたが、東北全体ではまだまだ被災者の問題は殆ど見通しも立たない様です。 家族が見つからない人達は必死に探していて、未だに1万人近くが行方不明。 前へ進む事は出来ないですよねえ。
本当に色々な問題が起きてきて、阪神や中越地震の反省から良かれと思って進めてる事が上手く行かなかったり。 自分自身でも何が出来るのか判らないままです。

でもね、それでも立ち直るですよね。 人類は何度もこれ以上の災害に会ってきた。
ベーリング海峡が凍ってしまう様な氷河期でも、人類は生き延びて増え続けた。
日本も関東平野が全て海になってしまう様な温暖化(縄文時代前期)でも、日本列島に住んでいた。
地震と富士山の噴火が一緒になった江戸時代でも、江戸でも人は暮らしていた。

ただ今までと同じ生活を続けていたらどうなるのか・・。
変わらなくてはいけないのではと思うのですが。

それに東北の人達は強かだと思いますよ。
ずっと中央に虐げられて来た歴史があるから。
私達はペットは家族同然と言っていて、そういう人も当然東北にも多くて、
猫を助ける為に津波にのまれてしまった方もいらした。
でも福島では野良でも生きていけるならと、家に残した人も居た。
両方ともに私には何も言う事が出来ないのです。
後者のあり方も判らない訳ではない。 何かを選ばなければいけない時もある。
もっと言うと、室内で飼われて長生きする事だけが幸せなのか、私には今でも判らない。
その延長に「生きてくれ」と願って置いて行く事もあるかもしれない。
当然、人も動物も同じ様に失った事を悲しむ人もいる。
でもねえ、本来ならそんな選択をなくすのが、国の仕事なんでしょうねえ。


  1. 2011/05/12(木) 21:05:06
  2. URL
  3. REI #-
  4. [ 編集 ]

[title]:

鍵コメさん、

猿は泳いだのでしょうか?
飛べるはずなのに・・・。


  1. 2011/05/12(木) 20:34:50
  2. URL
  3. REI #-
  4. [ 編集 ]

[title]:

アルペン猫さん、

本当に日本がそうなるなんて思ってませんでした。
恐らく福島はまた住める様になるとは思いますが、原発から数キロ内は(3~5km位)は無理かもしれませんね。 
チェルノブイル近辺は動物の楽園みたいになってるとか。
野生動物や草食動物は人が居なくても生きて行けるかもしれませんが、猫もネズミなどで生きて行けるのですね。
旧ソビエトは広いから、この様に広い立ち入り禁止地区を作れますが、日本では野生の楽園?は無理でしょうねえ。
家畜の処分が決まってしまいましたけど、もし人が住めないならそこで放牧してもと思いますが、
福島だと冬場は食べ物が無くなって、生きて行けないでしょう。
同じレベル7でも、現段階では福島の放射能汚染はずっと低いと思いますが、
国土が狭いのでチェルノブイルとは別の問題が生じてしまうのでしょう。

福島はきっと復活出来ると思いますよ。 もし政府の情報が正しいならば。

  1. 2011/05/12(木) 20:33:42
  2. URL
  3. REI #-
  4. [ 編集 ]

[title]:No title

日本は食品を海外からの輸入でたよっているとか言いながら、今回の震災でいろんな物に影響が出るんだなと思いました。そして経済大国と言われつつ、数多くの中小企業が支えてきていたのだなと。
日本は無理しながら全速力で走ってたんですね。
経済の発展に身も心も捧げてきて、経済大国になったものの、いろんなことを無視しつづけてきたつけでしょうか。
悲しいですよね。
実際に家族が亡くなったり、家を失くしたり、ペットを放さなければならなかった人は言葉にしようもないほど悲しいでしょうね。
これから日本はどこへ行くんでしょうね。
  1. 2011/05/11(水) 07:52:11
  2. URL
  3. まかない #-
  4. [ 編集 ]

[title]:管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2011/05/11(水) 01:13:40
  2. #
  3. [ 編集 ]

[title]:No title

数年前にこちらの番組で見た、チェルノブイリの今の様子を思い出しました。
廃墟となった建物には、そこに人々が生活してたという印が明らかにある、でも誰もいない。そして青々と茂る植物たち。
そして、その廃墟に動物たちもたくさん出入りしてるわけなんですが、そこには猫の家族もいました。子猫の表情が今でも忘れられません。
パッと見た目には、そこが放射能で汚染された地域だなんて分かりませんでした。ただ、同じ様に人だけがいないんです…。
まさかそのようなことが日本でも起こるだなんて、当時は全く想像もできませんでした…。
  1. 2011/05/10(火) 22:26:55
  2. URL
  3. alpenkatze #6fcXaNLA
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

# プロフィール

REI

Author:REI
メイとマックの猫2匹との日々。
長期放浪中のトムは何処に?

# カレンダー

06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

# 最新記事

# 月別アーカイブ

# 検索フォーム

# メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

# 固定要素

ココに固定表示したい内容物