ニャンポジウム


昨日は仕事をサボって、地元で広かれた「ニャンポジウム」という催し物い行ってきました。

この催し物は地元の動物愛護センター主催で、地元で地域猫活動をしている団体との協賛で、初めて開かれたものでした。

地元の町は数年前に中核都市という物になって、動物管理を市独自で行える様になったそうです。
それに伴って、去年秋に「ねこの飼育・管理に関するガイドライン」が制定され、この4月から施行になりました。
その関係で今までは地域猫活動を行っている団体が細々と自前でしていたシンポジムが、市の主催となり始めての試みという事でした。

福島に原発警戒区域に取り残された動物の問題に関心を持っている間に、地元の動物処理の問題に興味を持ち、29日(日)にこのシンポジウムがある事を知りました。
どういう形で地元の動物問題に係われるのかのヒントを求めて行ってみました。
どうせ20~30人程度の集まりかとおもいましたが、100人以上の参加者で老若男女(にゃが多いな)様々で、猫問題に興味がある人が多いのに驚きました。

ニャンポジウム(シンポジウム)は、ガイドラインの説明と、愛護センターの活動内容の説明。
愛護団体による地域猫活動の進め方の説明があり、その後夫々の質疑応答がありました。

まず、わが市では、H22年度の犬の致死処分は13%で、残りは飼い主に戻されたり、譲渡されたりだそうです。 これはかなり良い数字だと思います。
一方猫は510匹の引き取りがあり、その内82%が致死処分だそうです。
引き取り猫の殆どが子猫(野良猫の子?)だそうで、この数値を下げる事が愛護センターの目標とか。
因みに愛護センターには4人の常勤者がおり、全員が獣医資格所有者だそうです。


「ねこの飼育・管理に関するガイドライン」とは、

「ねこが好きな人も、嫌いな人も、今までねこ問題について感心がなかった人も、その地域で暮らす皆さんが、ねこにより引き起こされている問題に向き合い、自分達が住むまちの問題として考え、民間団体や行政と適切な連帯協働して、地域が問題解決の主体となることで、地域の活性化の一助となることを願い作成いたしました」
だそうです。

基本的な考え方は
「飼い猫や地域で生息するねこ達の適切な管理の一手段として、不妊手術を推進し、ねこの数をコントロールしながら、現在無秩序に野外で生活しているねこを、飼い主、世話をする人、地域住民が適切な飼育管理を行うことで、飼い猫は完全屋内飼い、飼い主のいないねこは地域猫へと移行し、近隣迷惑などの問題を減少させる」

今までは、地元の市でも野良猫への餌やり禁止が行政の姿勢だったそうですが(条例等は無いはず)、このガイドラインでは地域猫の存在を認めている点は、一歩前進だと思います。

内要は、猫の本能や習性、飼い猫の適正飼養、地域猫活動の方法、団体の登録要件、不妊手術への助成金に関して、などから成り立っています。

地域猫活動はまず猫(野良猫)の数を把握し、地域の住民の合意を得て、餌やトイレの面倒をみ、且つ不妊手術をして繁殖制限を行い、地域猫としましょうという事です。
この不妊手術の助成金を申請する為には、地域住民を含む3名以上で構成される団体で、地域の理解を得ていて継続して活動をしてる事が条件です。 申請書が認められて初めて、メス4,000円、オス3,000円の助成金が団体に支払われる。

つまり、個人ではダメという事ですね。
それでも、当市は今まで飼い猫の手術の助成金しか出してなかったので、これも大きな一歩らしいです。
個人的には飼い猫への助成より、野良の方が必要だと思うのですがねえ・・。


そして、この地域猫活動のやり方の説明が、既存の団体の主催者からありました。
ここで特徴的だと思った事は、この団体は自分達の団体で野良猫を地域猫化している訳ではなく、その手伝いする事が主行動だという事です。
・地域住民への広報
・捕獲器の貸し出し
・捕獲作業の説明
・協力してくれる病院の紹介(当市ではなく、東京の1病院だそうです)
・資料・パンフレットの無料送付

つまり、野良猫の保護や手術費用の助成はしない。 やり方は教えますから、自分で仲間を集めて地域猫活動をして下さいねというスタンスらしいです。
実際、愛護センターが助成金の申請で、個人一人しかいない場合は、既存の愛護団体の名前を借りたらと提案した事に対して、代表者は地域には必ず賛同者がいるはずだから、町内会会長とか相談してくれと言ってました。


ガイドラインでもこの愛護団体でも、基本は、地域猫活動は個人で出来る物では無く、地域の住民の理解が必要。だから複数人で活動を継続するべきという事でしょう。

私個人的印象としては、

ハードルが高いなあ・・・。 です。

正論です。 でも野良猫の数を把握したり、御近所に野良猫か飼い猫か聞いて廻ったり、その上賛同者を集めるというのは、私にはハードルが高すぎる。 うちの周りでは3匹程度の自由猫を見るけど、どこから来てるか判らないし、御近所以外とは面識が無いし、マンションやアパートもあるし・・。
その上、助成金がたった4000円!
我孫子の動物病院では、野良ならメスでも1万円で手術してくれます。 そっちの方が安い。
もっと助成金を出してくれる団体もあるし。

正論なんだけど、この条件で助成金を申請できるのは、既存の団体だけではないかなあ。

という訳で(どんな訳じゃ)、この協賛の団体にもとりあえずは接触せずに帰ってきました。

ちょっと興味を引いたのは、動物愛護センターから一時預かりのボランティア募集があった事です。
上記の様に、当市では猫の処分率が大変高く、それを下げるために持ち込まれる乳飲み子の子猫を、
譲渡できる大きさの2ヶ月程度まで育てられるボランティアの募集を計画しているそうです。
これは団体では無くて個人でも申し込めるそうです。
書類審査と講習を受けて、さらに飼育場所の確認をした上で、依頼する事になると。
2ヶ月程度になったらセンターで引き取って、里親を探すそうですが、ここで問題があります。
愛護センターは譲渡会をしていません。 サイトで募集しているだけです。
当然、参加者から必ず里親を探せるかと質問があり、センターは今まで全て譲渡出来てると回答がありました。
でもね、今までどの何頭の子猫を育てて里親を見つけたのか、数字は判りません。
しかも何処に引き取られたのかも判らない。 (実験動物の可能性も・・・)
それでも、この方法が成功すれば、処分数は減らせますよね。
日本でもドイツのティアハイムの様な施設が出来れば良いけど、それまでには長い時間が必要でしょう。
行政がここまでやるというのは、やはり大きな事だし、それをさらに進めるには住民我々の協力次第ではあるでしょう。

で、私が飼育ボランティアが出来るかというと・・・、うーん、仕事場に毎日連れてこなければならないから、それも無理かなあ。

結局、係わり方が見つからなかった。
地域の動物保護に係わるのは、結局どこまで自分で主体的に出来るかなのかなあ。
既にある所に乗っかってというのは無理なのかな。




と、何を求めて行ったのか判らないまま家に帰ると、
元捨て猫メイが、例に拠って「遊んであげるわ!」とじゃらしを咥えてくる。

P1010844.jpg
あっ、これは変身グッズ!
また誰かが助けを求めてる!


P1010845.jpg
シュワッチュ! 2重にヘーンシン!


P1010846.jpg
トォーッ!



と、飛んで消えたつもりが、

変身したお腹が邪魔して、

落ちましたとさ。












テーマ: - ジャンル:ペット

コメント

[title]:

トイトイのママさん、

申し訳ない。 一番上の記事が長いから、新しいのを見つけるのが不便でしたよね。
6月になったので、福島関係の5月までのは下げますね。

ニャンポジウムでの地元の猫の会の人達のやり方、とっても正論なんですが、個人で係わるのは難しいですね。
でも何方かのコメントにあった様に、野良猫の問題は結局は地域の問題なので、きっと自分達がやって来た事と同じ様に自分達で努力して下さいって事なんでしょう。 
簡単な気持ちで参加出来ないかと思った当方が、甘かったのだと思います。

海外との違いもあるし、日本国内でも地方に拠って動物の飼い方ってとっても違いますね。
今回の福島の事でいくつかそう思う事がありました。
沖縄には野良犬がいませんか? もう何十年も前ですが、地元ではすっかり野良犬を見なくなった頃に、旅行先の高知の駅前で朝に野良犬が数匹闊歩してたのに驚いた事があります。
野良犬も野良猫も忌み嫌われるけど、観光資源にもなったり、結局は人の身勝手なのかな。

うちの猫は代々全て捨て猫。 ペットショップは見るだけの所。(苦笑)
雑種って可愛いですよねえ。 こんな可愛い生き物を何故すてるんでしょうね。
でもセンターに処分に出すよりはと思って捨てるのかなあ。
動物とも縁ですものね。 拾わない猫も多いですよ。 うちに猫が沢山いる時は見なかった事にしてるし。
悩んでいるうちに見なくなったり。(道路上ね)
一人で出来る事は、縁のある動物を飼うだけですもの。 もっと何か出来ないかなと考えてるんですけど・・・。

  1. 2011/06/02(木) 20:20:02
  2. URL
  3. REI #-
  4. [ 編集 ]

[title]:

anemoneさん、

そう、ドイツのティアーハイムの歴史を見ると、本当に100年遅れてますね。
問題は幾つあって、
飼い主の意識の問題
行政の愛護の姿勢の問題
愛護団体乱立の問題
などなどでしょうかねえ。

でもドイツでも動物税?払わない人や、国境を越えて捨てる人が多いってあるから、
どうんなに整備されても、結局は人の問題なんでしょうかねえ。
私自身も猫の飼い方に関しては、あまり威張れないしね。
完全室内飼いより、環境の良い地域猫の方が幸せと思えるし、
全て避妊手術された地域猫ばかりになったら、もう雑種の猫がいなくなって、
何時の日か、外を自由に歩いている猫が一切いない街になるのは怖い気もするし。
かと言って飢えと病気と争いで、沢山の猫が死ぬのは見たくないし。

それでも地元の様に、愛護センターの性格を変えようとする行政が増えてきているのは事実ですよね。

貧しくなるのは良い事かも。
ペットショップで高い金だして買う人が減り、飽きたからと処分に出して買い換えるバカ飼い主も減るかもしれないですよ。


  1. 2011/06/02(木) 20:05:59
  2. URL
  3. REI #-
  4. [ 編集 ]

[title]:

まかないさん、

今打ったコメントが全部消えちゃいました・・・。 グーグルめ! Cハッカーの攻撃か?
(Google Chromeを使ってるので)

日本もここ数年で少しづつ変わってるのだと思います。
行政も動物愛護センターという名前だけの処分場から、譲渡の努力をする様になってきてる所もある。
民間の保護団体が頑張って行政を変えてる所もありますね。
野良猫問題は本当に地域の理解が必要なので、地元の猫の会の方針も行動方法の一つとは思います。
避妊手術の補助金は僅かですが、協力病院があれば普通より大分安く手術してくれるので、実際の支払いは補助金額の倍以内にはなると思います。 それと保護団体に拠っては積極的に寄付金を募集してるみたいなので、野良の多い地域でもなんとかなるかもしれませんね。
ただ、そういう所ではおっしゃる様にカリスマというか、中心になって時間の全てを猫に打ち込む人がいる様ですね。 みなしごさんの様に。

日本のペット問題は、野良以外にペットショップがあります。 今回はテーマではなかったのですが、処分に持ち込まれる中には、飽きたからとか引っ越すからとか、信じられない理由で持ち込む飼い主がいるそうです。
まだまだ動物=命を預かっているという意識が低いのでしょう。
賃貸でペット不可が多かったり、今回の震災の復興住宅で簡単にペット可にならない理由も、おっしゃる通りに動物=命という意識が低いからでしょう。
どうせ現状復帰が賃貸の条件なんだから、物件の所有者側には問題ないはずなんです。
動物嫌いの人をどうするか? 何で嫌いなのか判らないからなあ・・・。
怖い、煩い、臭い、汚いって言ったら、人間もそうだもの。 だからなぜペットだけダメなのか判らないからなあ。

寄付は公益法人への寄付は控除対象だと思います。(赤十字等への寄付は、青色申告では損金になります)
ただ民間保護団体へはどうなのかな。 これらも認められれば、寄付する人は増えるかもしれませんね。
少なくとも会議大好きな公益法人=緊急災害時動物本部にするよりは、余程有意義に使ってもらえるのにねえ。
日本の動物愛護が進まない理由の一つは、愛護団体の公益法人の殆どが、天下り役人と利益業界から出来ているからではと、最近疑っています。
動物愛護が目的ではなくて、自分達の存在その物が目的化してる。 実際にはなーにもしない。
本当に民間愛護団体の上部団体が出来て、そこで行政や業界と一体化して、動物保護が出来る様になると良いと思います。 
また地域でも民間愛護団体と動物愛護センターが協力して、野良猫の保護やセンターに持ち込まれる動物の保護が出来る様になればね。 それと自分がどの様にかかわれば良いのか、そこが私の問題です。

メイは毎日釣り放題です。 スモちゃんもからまるのが好きな様ですね。(笑)

  1. 2011/06/02(木) 19:53:21
  2. URL
  3. REI #-
  4. [ 編集 ]

[title]:No title

ごめんね、最新記事を見つけるのが苦手で、ここにあった

ニャンポジウム?かなり厳しい作業を要求されるようですね
日本と海外、温度差があり過ぎるようですね
ボランティアって言葉もようやく定着してきた感じがするし、
動物に関してはまだまだなんでしょうね。

元捨て猫って、捨て猫を拾って一匹だけでも命を助けて
充分なボランティアじゃないですかー!!

犬や猫が捨てられないような社会になると良いですね
  1. 2011/06/02(木) 10:11:12
  2. URL
  3. σ(⌒▽⌒;) トイトイのママ #yifJP0Vw
  4. [ 編集 ]

[title]:No title

日本は100年遅れてるの。
そうなのよ。
アメリカもダメなほうだけど、日本はさらに。
日本から犬連れて赴任してきた方がいるんだけど、犬のしつけもなっとらん。
根本的に何かが違う・・・
今やお金も全くないしね(TT
げんなり。
  1. 2011/06/01(水) 20:46:16
  2. URL
  3. anemone #0XD2YVB.
  4. [ 編集 ]

[title]:No title

日本の自治体にはそういう基盤がないから、カリスマのような人がいてまとめない限り、なんか日本の会社の会議のようにいつまでもあーでもない、こーでもないとなってしまうのでしょうか(あ、ちなみにアメリカの会社でもそうかも)。
指導はするけども、お金は頑張ってと言われると、は?となりますよね。変な話、お金が一番大事なのに。
ボランティアの方々も寄付する人達も長期に渡ってはお金を出し続けられないですもんね。
この前も友達と話しましたが、私のおばあちゃんの世代ではペット(特に猫は)、飼ってるようないついてるような存在なことが多かったですよね。私たちの世代くらいになってなんとなくペットも家族みたいな意識になってきて。
だからまだまだこれからなんでしょうね。政治家や行政の方々はおっさんが多いから、ペットは家族世代な人達が行政に入ってくると変わるのかな?
これだけペット大国になってますが、今でも賃貸住宅はペット禁止が多いですか?もしそうであれば、行政だけでなく、世の中も少しずつ変わらないとだめですよね。
保健所から拾ってあげたいけど、うちアパートだからだめとかね。アメリカではアパートによって入居の際にペット敷金払います。ペットがいたら汚れるというか痛むからという料金なのだと思いますが。そういうのをちゃんと払えるオーナーさんにはそういうふうにしてあげたらいいのにと思います。
アメリカは寄付がさかんに行われていますが、いい人というだけでなく、税金控除にもなるんですよね。
日本もそういういいことする人達には税金控除したら(なるんでしょうかね?よく知らないんですけど)、お金持ちはもっと寄付するんじゃないかな。そしたら行政がしなくてもお金持ちがしてくれるんですよね。
あと、ペット食品業界とかもうかってそうな所もそういう活動に金銭的な協力を行ったらいいのにと思いますよね。還元しないとばち当たるよ、みたいな。

メイちゃん、素直につられてうらやましい。


  1. 2011/06/01(水) 07:29:40
  2. URL
  3. まかない #-
  4. [ 編集 ]

[title]:

アルペン猫さん、

ドイツと日本ではペット(動物)に対する考え方が違うのかもしれませんね。
Kotoraさんへのコメントに書いた様に、http://www.animalpolice.net/kaigai/Germany1/このサイトでドイツの動物保護の歴史を知りました。
日本はちょうど100年ちょっと遅れてる感じでしょうか。
5月には日本の動物保護団体のネットワークが立ち上がったそうで、主だった団体は参加してる様ですが、その後このネットワークがどうなったかは判りません。
外部からなのか他の保護団体からなのか、動物を盗んでるとか売り払ってるとか、真偽の判らない噂が福島の動物保護の時にもさんざん出ていました。 愛護団体同士仲が悪いらしいです。

今回の福島の事で、自分は何も出来ず、まずは足元の地元から動物保護に係わらなくては、被災地での保護には役に立たないと思ったのですが、実際は何をしたら良いのか判らぬままです。


メイは相変わらず毎日、朝晩とこのじゃらしです。 プラス最近は毛玉。
でもメインはじゃらし。 振り回すと、こうやってジャンプして遊びます。
この写真はじゃらしを振り回しながら撮ったので、ブレブレでメイのお腹が垂れてますが、ここまでデブではありませんよ。(笑) ジャンプは180回転とか、難易度が高いのも披露してくれます。
もっとも3回も飛ぶと息切れして、寝転んでますが。(苦笑)

湿疹、良くなって良かったですね。
私は広がってます。 毎日1箇所増える感じ。 でも最初になった手の甲は大分良くなりました。
やっぱりステロイドが効いている様です。 痒み止めの薬が増えたので、それが効いてくれると良いなあ。
でも薬は早く止めたいですけどね。

太郎ちゃんも時計が読めないのね。 うちのメイもです。
二足歩行をしそうな太郎ちゃんだから、教えたら6時とか12時は覚えたりして。 無理か・・・。


  1. 2011/05/31(火) 20:34:36
  2. URL
  3. REI #-
  4. [ 編集 ]

[title]:

Kotoraさん、

だらだらした文章で読み辛くて申し訳ありません。
短く纏める能力が無い。
教えて下さったサイト、以前も見た事がありましたがすっかり忘れていました。
良くここまで纏めて、しかもちゃんとアップデートされてる。 役立ちますね。
ここを見てもらうと判る通り、野良猫の避妊手術を助成している所は少ないのです。
家猫の方が若干多いでしょうか。 捨て猫を家猫にして沢山飼っている人もいるので、飼い猫への補助金もあって良いとは思いますが、誰も責任を取らない野良猫こそ助成金があれば、野良を減らせるのにと思います。
それでも行政が地域猫という存在を認めるという事なので、僅かでも大きな進歩なのです。
当市の愛護センターの説明だと、動物行政を独自に行えるのは政令指定都市や中核都市だけなので、それ以外は条例などが無いと助成金は出せないみたいでした。 それが少ない理由の一つかもしれません。

ドイツのティアハイムの歴史、こちらのサイトで纏められていました。
http://www.animalpolice.net/kaigai/Germany1/
日本では個人単位の愛護団体が多くあり、しかも運営方針の違いなので、足の引っ張り合いもあるそうです。
個人単位(数人)が多いので、主催者が余程しっかりしていないと=強い、バラバラになってしまうというのもありそうです。 ドイツより100年以上遅れてるって感じですね。
福島の動物保護に関して、多くの愛護団体で動物ボランティア団体全国民間ネットワークが立ち上がったそうで、これがドイツのティアーハイムへと進めば良いのですが、その後どうなったのか・・・。
http://nipponspca.com/2011/05/hukushimayoubou/

ドイツ、核廃絶が決まったのですね。 オーストリアはホッとしてるかな。
ドイツの様に工業国だと、エネルギーの問題を解決するのは大変でしょうね。
日本はマスコミのアンケートでは、半分以上が原発容認派です。 先日地方統一選挙でも、原発推進派の方が多く勝利しました。 殆どの原発所在地では推進派が強いはずです。
なぜなら、日本の原発は過疎地に造られ、その地域の経済が原発関連の仕事と、国からの原発地域への多くの補助金で成り立っているからです。
でもね、福島の双葉町は多額の補助金にもかかわらず、財政赤字団体であり、飯館村は原発補助金には全く関係なく村おこしを頑張ってきた村なのに、今回の原発事故で土地を捨てなければならなくなっています。

当地でも停電や節電の騒ぎは、僅か2ヶ月で忘れさられ、デパートや街はピカピカ電気で輝いています。
 
原発に変わるエネルギーは無いという現実的国民性なのか、原発事故を他所の事と見る楽観的国民性なのか、
日本は不思議の国なのです。




  1. 2011/05/31(火) 20:23:13
  2. URL
  3. REI #-
  4. [ 編集 ]

[title]:No title

ドイツのティアハイム、公的な援助金なしで寄付金や遺贈などだけでまかなわれてる所もあるようですから、日本でもできないはずはないと思うんですけど、なかなか先に進まない感じありますね。
そういえば、日本は到る所に野良猫がいて観光地になってる所もあるくらいだけど、ドイツは昔はどうだったんだろう。
Kotoraさん仰ってるように、ドイツの歴史を調べることも何かヒントになるかもしれませんね。

おおっ、メイちゃん、飛んでますね!
このじゃらし、うちは今では無視されたままですよ…。
最初の頃狂ったように遊んでたのが信じられないくらいに、「何、これ?」みたいな目つきで見ます(汗)。

↓太ももの湿疹、かなりよくなりました!
痛みはなかったんですけどねー、上に何か貼るとその間は痒みもだいぶ治まるので、それでヒンヤリシートを貼ってました。
痒みで夜中目が覚めたりもありますが、今朝は太郎に足を噛まれて目が覚めましたよ(汗)。
久々、5時前に起こされました(涙)。
  1. 2011/05/31(火) 16:54:49
  2. URL
  3. alpenkatze #6fcXaNLA
  4. [ 編集 ]

[title]:No title

詳しいご報告、興味深く読ませていただきました。
以前、ブロ友さんとその後友人が、日本でどの自治体が助成金を出しているのか、ということを調べてくださっていて。
http://joseikin4catdog.ho-zuki.com/
ここなんですが。
REIさんのお住まいの自治体は…そうなのですね。
ドイツでTierheimができたころってどんな感じだったんでしょうね。Tierheimの歴史をたどってみると、日本で出来ることがわかってくるかも…?
問題は地域住民のつながりとかそういうところにもありそうですよね。私も、ボラとか考えた時に、何をどう取っ掛かりにして入り込めばいいのか分からないということがありました。ドイツではもっとなんと言うか…入り込め安い雰囲気があるんですが…。

直接は関係ないですが、今日、政府が2022年までにドイツ国内のすべての原発を廃止すると発表しました。まあ実際それがほんとにできるかどうかは別として。
…なんで日本からこんなに離れた極西の国でこう…具体的な動きがあるのに。当の日本は動かない??と不思議です…。小さな動きがやがて大きな動きとなるように。そしてそれがもっと早い動きとなるように…。ならないかなあ…。
  1. 2011/05/31(火) 07:21:37
  2. URL
  3. Kotora #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

# プロフィール

REI

Author:REI
メイとマックの猫2匹との日々。
長期放浪中のトムは何処に?

# カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

# 最新記事

# 検索フォーム

# メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

# 固定要素

ココに固定表示したい内容物