あれから1年

2011年3月11日 14:46

私の住む千葉でも大きな長い揺れがありました。
一度収まったかと思うと、何度も大きな揺れがやってきて、
足元が揺れ続け、逃げた駐車場の鉄のゲートが大きくゆれ、
目の前の細長いビルが両側のビルにぶつかるほど左右に揺れていました。


ここ数日、TVでは多くの特番が組まれ、去年の今日の惨事を再び多く目にしました。
日々忘れ行く恐怖でしたが、津波の恐ろしさはもとより、
やはり地震の揺れも尋常な物でなかった事を再確認しました。
日本が壊れてしまうと思った、地面が揺れ続ける恐怖。 

 
そして千葉の私達が余震に怯えいた頃に、
東北から千葉までの広い範囲で多くの命が失われた事を、
翌日家に帰れて映像を見るまで実感がありませんでした。


黙祷



当日は首都圏の電車も殆ど止まり、家に帰る事はできませんでした。
職場には寝袋が置いてあり、電気も水道も止まらなかったので、泊る事に不便はありませんでした。
でも一晩中緊急地震速報が鳴り、余震も続き靴も履いたまま横になっただけで、寝る事はできませんでした。




1年経った今日の千葉は、あの時の恐怖は夢であった様な、久しぶりの陽光の日です。
大きな被害を受けなかった我々には、既に惨事は過去のものになってしまった様なのに、
被災地では直後より、1年経っても先の見えない今の方が辛いという方々がいます。

亡くなった方々の思いは地元に残っている事でしょう。
震災はまだ終わっていません。
我々はどう被災地に役立てるか、再び考えなければいけないと思いました。




裏のお宅の荒れ庭の蕗の薹、久しぶりの日差しにノビノビ。

P1030213.jpg

P1030216.jpg






コメント

[title]:

まかないさん、

まず、そちらのコメントでご迷惑をおかけして申し訳ありません。
色々な考え方があって良いのだとは思いますが、まかないさんのコメント欄に書くべきではなかったかもしれません。
原発の問題がややこしい状態にしてるのは確かなんですけどねえ。

私も結局まだ現地に行ってなくて、自分が実際には何もしてない事が恥ずかしくもあります。
皆さんと違って地理的には近いのに。 (浦安は一番近い被災地だけど・・・)
一度自分の目で見ないと判らないという人もいるけど、一方では物見遊山で来ないで欲しいという現地の声もある。
ボランティアに行ければ一番良いのでしょうけど。
赤十字に寄付はしましたけど、それで終わりで良い訳もないし。
義捐金に関しては、日本赤十字のサイトで使い方は報告されてました。
http://www.jrc.or.jp/contribution/l3/Vcms3_00002096.html


スモちゃんはキャビンちゃん位の体重ですね。
やっぱりメイはデカイのだ・・。  先代のサビも大柄で、一番思い時は4kg以上は確実にありました。
でも最期は2.6kg以下だったの。 殆ど食べられなくなっていたから。
今でも骨は部屋に置いてあるので、時々メイは何か吹き込まれてるのではと疑っています。





  1. 2012/03/12(月) 17:18:06
  2. URL
  3. REI #-
  4. [ 編集 ]

[title]:

moguさん、

当時は私も異常な精神状態でしたね。 食べる物にも困っている被災者の方々がいるのに、自分の周りはいつもと何ら変らない日常のアンバランス。 続く余震と緊急地震速報の音に怯える日々。
ガソリン買占めの長蛇の列。 スーパーから消えた米・水等々。 
今は我々はすっかり普通に戻り、被災地でも食料や衣服に困る事は無くなったでしょう。

でも復興は遠いですね。 阪神でも何年かかったのか。 今回はその何倍の規模で、市町村の行政自体が壊滅状態になってしまったから。
一部ではこんなに復興しましたとう番組もあり、他方では全く進んでないという報道もある。
心が癒されるまでは時間がかかるかもしれませんが、街づくりという復興は以前より良いものになって欲しいですよね。



  1. 2012/03/12(月) 17:04:19
  2. URL
  3. REI #-
  4. [ 編集 ]

[title]:

anemoneさん、

千葉ですらあんなに怖くて、本当に日本沈没かと思ったのですから、
地震だけでも震度7が出た宮城や岩手は恐ろしかったでしょうけど、
その後の津波は想像を絶する物だったのだと思います。

昨日もいらしたお客様が偶然にも宮城県出身の方で、親戚5人が津波に飲まれて亡くなった方でした。
そこは亘理の近くで平野で、まさか津波が来るとは地区の人は誰も思っていなかったそうです。
車で逃げようとしていて家族全員が車ごと飲まれてしまったそうで、ご遺体は直ぐに見つかったそうですが、
家も流されてしまって、写真1枚残っていないそうです。
物理的な復興もまだまだ時間がかかるでしょうが、心の痛みは癒されるにはどの位時間がかかるのでしょう。
ここ数日の番組で辛くなった方が多い様です。

さて、まかないさんのブログコメントでご迷惑をおかけした瓦礫問題ですが、
自民党議員の河野太郎氏のブログ記事をご存知ですか。
もしまだなら、以下をご覧頂ければと思います。

http://www.taro.org/2012/02/post-1161.php

http://www.taro.org/2012/03/post-1171.php

私は河野太郎氏をこの震災前までは2世(3世?)議員で全く評価していませんでした。
昔学生の頃に、小学生の彼を教えた事があるという教師から、とても出来の悪い子供だと聞いた事があり、
政治家の2世はそんなものだろうと思っていたのです。
しかし震災後の彼の発言を見聞きすると、自民党議員にもかかわらず反原発発言を堂々としていて、
しかもきちんと理論的な意見で納得できる事が多いです。

他にも書きたい事はありますが、理論的根拠は河野氏と同じなので、上を読んで頂きたいと思います。
私も現地で何故埋め立てられないのか、まだ疑問は残ります。
反対派の人達の言い分に納得できる部分もあります。
でも万里の長城の様な瓦礫の山の画像を見て、上記の受け入れ派の意見を読み、
私は受け入れるべきだと思っています。

一つの見解・意見だけで判断しないよう、感情と理論の間を考え抜く事が必要だと思います。




  1. 2012/03/12(月) 16:55:29
  2. URL
  3. REI #-
  4. [ 編集 ]

[title]:No Subject

あれから1年経ちましたね。
多くの方々がまだ身体的や精神的に立ち直ってないでしょうね。
そういう方々のことを想うと、自分の無力さを感じます。
悲しいことにまだ復興も進んでないような感じがして、被災者の方々が少しでも早く普通の生活ができるようになるといいなって思います。
募金とかはちゃんと有効に使われたのでしょうかね。

↓スモちゃんは3.8kgくらいだったです。
体長は長いんですよ。だからスリムだったかもしれません。

  1. 2012/03/12(月) 13:10:58
  2. URL
  3. まかない #-
  4. [ 編集 ]

[title]:No Subject

何が起きてるのか?と理解するのに時間がかかる程、本当に
恐ろしい災害でしたね.....
復興は進んでいる様で、まだまだ解決していない。
被災された方々が安心して心から笑顔になれる日が早く来て欲しい。


  1. 2012/03/12(月) 07:49:30
  2. URL
  3. mogu07 #dsgD8nx.
  4. [ 編集 ]

[title]:No Subject

本当にこわかったでしょうね。
見ているだけでも震えてしまったもの。

このところ特番なんかも多くて。
仮設住宅で、行方不明の子供を思って泣いているお母さんや、
家族と遠く離れてしまって一人でさびしくぼんやりTVを見ている祖母さんや、
行き場のない思いをお酒を飲むことだけで紛らわせているお父さん・・・
色んな方々の映像を見るたびに、
みぞおちの辺りが苦しくなってしまって、涙がとまらなくなってしまいます。
いつかきっと、みんなに明るい日が来てほしい。
あの頃どん底だったね・・・って、言える日がきてほしい。
一日も早く、心から笑える日が来てほしいと願うばかりです。


  1. 2012/03/12(月) 07:09:43
  2. URL
  3. anemone #0XD2YVB.
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

# プロフィール

REI

Author:REI
メイとマックの猫2匹との日々。
長期放浪中のトムは何処に?

# カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

# 最新記事

# 検索フォーム

# メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

# 固定要素

ココに固定表示したい内容物