変身中マック?& 耐震診断


昨日は家の耐震診断をしてもらいました。
結果は1週間以上先になります。

これは下にたたんでおきます。 えらく長いので、耐震診断に興味のある方だけどうぞ。



ところで父が亡くなってから、お線香を上げに来て下さる方が多く、また塀の事で業者さんが来る事もあり、
それまで殆ど訪問客がなかった家に、毎週の様に人が上がってくる状態になっています。
今まで訪問者があると、メイは階段の踊り場まで降りてきて、訪問客を眺める(チェックする)が仕事でしたが、
マックは幻の猫でした。 たまにメイにくっ付いてチェック助手をしてる事もありましたが、
概ねダッシュで消える幻の猫でした。

そのマックがちょっと前から、訪問客が上がってきても踊り場から逃げないで、
訪問客のチェックをし始めたんです。
とくに昨日は男の人が2人上がってきて、家の中を歩き回っていたので、
メイは一階を調べている時は二階に、二階を調べている時は一階い逃げていて、
メイが幻の猫だったのですが、
マックは設計士さんが上がってきたときも踊り場でじっと観察していて、
二階を調べに上がってきた時は猫部屋のベッドで寝ていたのですが、
しばらくそのまま平気で寝ていました。
だから設計士さんはうちの猫は虎猫一匹だと暫く思っていたそうです。


これ、凄い変化です!
チビの頃は超ビビリで、誰かくると直ぐに床置きの冷暖房器の後ろに隠れていたし、
今でも私がちょっと大きく動くと、直ぐに消えるのに。
って、知らない人より私の方が怖いってこと!?

それが今はまだ接待はできないまでも、全身を知らない人に見せて、訪問客を観察するまでになったのですから。
夜には火災保険の更新に保険会社の人が来たのですが、その時も同じ部屋の椅子の上で寝たままでした。
ビビリの猫も環境が変ると接待部長になれるのかな?


P1030352.jpg
メイ姉ちゃんの地位を狙うのだ!


P1030351.jpg
僕はやれば出来る子なのだ! 
ほら、ネズミだって僕が真剣に睨むと怖くて動けないぞ!



やっぱり、勘違いかも・・・・。











我家は築33年の古家で、母が具合が悪くなってからは家の手入れも殆どしていませんでした。
また旧建築基準の木造家屋なので、一定の手順を踏むと耐震診断にも耐震補強にも補助が自治体から出ます。
この補助は市町村に拠って違いますが、当地は診断に4万、補強に50万円が手続きすれはでるそうです。

ただ今回の診断はお客様の紹介で、その方の知人の設計士さんにお願いしたので、補助は受けられません。
補助を受ける条件が、当地の設計士組合?に所属しているという条件なのですが、
先日市役所で教えてもらって、その相談会に行った時に、所属の設計士さんの説明が???で信頼出来るか判らなかったので、丁度知り合いの設計士さんに耐震診断をしてもらったという話を聞き、その設計士さんも職場に説明に来て下さって、説明に納得いったので紹介された方にお願いしました。
診断自体も検索すると十何万から5万円位とはばがあるのですが、それ以上に診断後の補強工事(改築?)に関わり、大きな金額がからむので、信頼できる設計士さんにお願いしたかったのです。

耐震診断は家の設計図があれば、図面を書く手間が省かれるので、その分安くなる様です。
うちは図面が見つかりませんでした。 見積もり段階の図面が出てきたのですが、どうもその図面で建築確認を取った様で、実際の家と図面は合わないという事が判りました。
当時はそういう事もあったそうです。 家を建てられた方は、しっかり建築確認書&図面を保管なさる事をお勧めします。(って、当たり前か・・)

診断はポイント制で、家全体の劣化度と構造上の大きく2点で診断されます。
家の手入れが悪くて劣化度が高いと、それだけで0.7点になってしまうそうで、
1.0ないと耐震補強が必要になります。
設計士さんはまず外壁のチェックで、家の外をトントン叩いて素材と劣化度の見当をつけていました。
そのご構造チェックで、柱や壁の素材(ベニヤか構造合板か?)と各部屋を廻って図面を描きながら調べ、
その後天井裏と床下にもぐって、筋交いのあり方を調べました。
私、初めて天井裏や床下を見ました。 と言っても私は覗いただけですけど。
あれって年配や太った人には出来ませんね。 今回も小柄な人が一緒に来て、潜って調べてましたけど重労働です。
夏場は10分と居られないそうです。

今回ちょっと判ったことは、家は当時の家としては一応しっかり出来ているらしいです。
特に基礎はベタ基礎と言って、床下全面にコンクリが打たれていたので、それは良い事だそうです。
ただ普通見られる筋交いが、一部屋は防音構造で断熱材がしっかり入っているので、筋交いの有無が確認できないので、診断が下がるかもしれないそうです。 これは壁を壊すしか確認はとれないんですよ。
また1階の床があちこちかなり痛んでいるのですが、今回調べた限りでは今は床下は乾燥しているけれど、
一時期水が溜まっていた跡があるので、ベタ基礎で水が地面にしみこまないので、自然乾燥するまで暫く床下に水が溜まっていた様だといわれました。
これが全く判らない。 うちは道路から少し高いので増水した事もないし、上下水なら今も出てるはずだし。

これ以上は事務所に帰って計算しないと診断数値が出ないのと、それに対しての提案をいくつか作ってくれるので、
結果は1週間以上先になります。
その結果で家をどうするか決める事になると思います。
ついでに傾いている塀を見てもらったのですが、今もらっている他の業者の見積もりはやはりかなり高いと言われました。
まあでも、庭木の植え替えとか入っているから、さっと見ただけでは判らない点もあるとは思いますけど。



てな事で、長々失礼いたしました。

テーマ: - ジャンル:ペット

コメント

[title]:

anemoneさん、

カサカサランドに無事お帰りになった様で、お帰りなさい!

みこちゃんもびびりだったんですか!
そういえば、今でも時々ダッシュしてますね。  あれは逃げてるのかな? 瞬発訓練?
うちはこれからは訪問客も来なくなると思うので、マックはまたビビリに戻るかもしれません。
それにしても、メイは慣れれば接待部長になれるかもと思っていましたが、
マックの方が慣れたのはちょっと驚きでした。
メイは捨て猫だった時間があるから、その時に人が怖いと学習してしまった一方、
マックはチビで野良の子かもしれないけど、直ぐに拾われたから、
野良としての人への基本的恐怖はあっても、本当に人間に虐められた訳では無いという、
違いがあるのかもしれません。
逃げ惑わないだけでも助かります。
チビの頃は半日位、冷暖房器の後ろに篭城してましたからね。



  1. 2012/04/14(土) 14:05:31
  2. URL
  3. REI #-
  4. [ 編集 ]

[title]:NoTitle

すごいじゃないのー!
まっくんー( ´ ▽ ` )ノ
そうそう、猫って環境によく適応する生き物なのね。
みこちゃんぶちょーも昔はビビリんちょでしたが、すっかり接待ぶちょーにww
マックんもきっとお客様増えたらもっとへっちゃらになって接待係長くらいにはなるかもー(^-^)
  1. 2012/04/14(土) 10:29:04
  2. URL
  3. anemone #0XD2YVB.
  4. [ 編集 ]

[title]:

moguさん、

やはり慣れたのだと思います。
元からの性格が一番大きいでしょうから、Kotoraさんの藍君みたいには絶対ならないと思うけど、
すごいビビリの猫でも慣れるんだとちょっと驚きです。
カノ君はおちびさんのお客様の時にはどうしてるんでしょう?

家は耐震数値が1だと大丈夫なのですが、うちの場合は家の劣化だけど数値が0.7になってしまうので、
されに構造上の不足があって、数値は確実にさらに下がります。
ただ劣化を直すだけで数値があがるのか、耐震補強をどの程度必要か、
その計算をして、改築の提案をしてくれるそうです。
今のままでは大きな地震がくれば、確実危険という事みたいです。
古い家にしては基礎はちゃんと出来ているのがプラス要素みたいですけど。
大きな金額がからむので、お客様の紹介で信頼できる人に検査をお願いできて、本当に良かったと思います。
素人には判らないですもの。

ご実家は大丈夫ですね。 新しい家は去年の震災でも大きな被害は殆どなかったみたいですから。
アメリカは地域に拠って災害の種類が違うでしょう。
ロスは以前大きな地震があったけど、moguさんのお住まいの所はハリケーンの危険性があるのでしょうか?
anemoneさんの所はトルネードだものね。 あれも地下で命は助かっても家を壊されたらどうするのでしょうね。
アメリカの家の方が頑丈そうだけど、どうなのでしょう?
中古市場があるっていう事は、日本の家屋より丈夫で長く住める様に思っていましたけど。

  1. 2012/04/13(金) 20:11:26
  2. URL
  3. REI #-
  4. [ 編集 ]

[title]:

アルペン猫さん、

マックはこんなに知らない人が平気になるとは思ってもいませんでした。
なにせチビの頃には冷暖房器の後ろが住家と言うほどに、年中怖がって隠れていましたから。
玄関に人影があると、脱兎の如く2階に逃げてたんですけどねえ。
設計士さんは猫は特に好きではなかったみたい。 吠えないから犬よりは良いと言ってましたけど。
マックはまだそういう感は無いみたいです。 メイの方が多少は猫好きかどうか判るかもしれません。
寝ててマックが逃げなかったのも、怖くなかったというより、寝たらなかなか起きないのと、
寝起きが特に悪くてしばらくボーッとしている猫だからかもしれません。
太郎ちゃんは最期は逃げちゃうんですか? なでさせてあげないの? 
そういえば太郎ちゃんも日本人のお友達が来られた時は、接待してましたね。
だんだん慣れて、次回Kotoraさんが来られるときは、接待できるかな。

耐震診断の中に地盤のチェックもありました。
うちは私が子供の頃から周りは畑だったので、地盤は普通という事になりました。
やはり田んぼの埋め立てや、斜面を削って土を持った所は弱いそうです。
でも畑の外側には田んぼがあったので、さして良い所でも無いのです。
震災後の新しい家は、震度7あった宮城でも殆ど大丈夫だったのではないでしょうか。
勿論、多少の損害はあったでしょうが。
去年の震災は津波被害が大きかったけど、この辺りで直下型があれば、やはり家屋の倒壊と火事が一番の被害になるでしょう。
うちは壊れるだろうなあ・・・。
しばらく地震がなかったのですが、昨日あたりからまた地震が増えてきました。
嫌な感じです。


  1. 2012/04/13(金) 19:58:43
  2. URL
  3. REI #-
  4. [ 編集 ]

[title]:

Kotoraさん、

マックはどう頑張っても藍君の様な接待部長にはなれないでしょうが、
ここまで逃げなくなるとは思っていませんでした。
行方不明のトムも怖がりで、特に男性が苦手だったので、知らない人がくると必ず逃げてましたから。
先代のサビは来客好きで、飼い主の私が抱くと怒っても、訪問客に抱かれても平気な根性悪でしたけどね。
以前は階段で観察する時も、必ずメイの後ろに隠れてメイと一緒に眺めていたのに、
最近は一匹で平気で階段で来客を眺めてるんですよ。
まあ、マックの方が見た目が良いので(写真移りは悪いですが)、飼い主としてもマックに接待係を任命したい所です。 メイは私にはとても可愛い猫ですけどね。 外見はねえ・・・。 以下自粛。

新しい耐震基準や特に阪神の震災の後に建てられた家は、殆ど心配ないですね。
去年の震災でも崩れた家は少なかった様です。
マンションは日本でもバブルの頃に建てられたのは良くないと聞いた事があります。
一方ではバブルの頃の億ションは、バブル後のマンションより良いとも聞いた事ありますけど。
ドイツは地震が無いから大丈夫でしょう?
マンションも大体20~30年で改修するそうですけど、そちらはどうなんでしょう?
昨日もお客様とマンションと一軒家とどちらが良いかという話をしたのですが、
管理は絶対マンションが楽みたいです。
でも一戸建ては土地が財産になるから後々売れるけど、マンションは価値が下がるだけだし、
固定資産税が思っていたより高いのに驚きました。
マンションなら賃貸が良いみたいに思いました。


  1. 2012/04/13(金) 19:48:42
  2. URL
  3. REI #-
  4. [ 編集 ]

[title]:NoTitle

マック君、すごいすごい!
続けて訪れる人の気配に慣れたのかしら?
怖くない、観察しようと思える様になったのが嬉しいですね~

ちょっと判った分でも、大きな心配はなさそう?
業者さんは色々あるから、同じ仕事をしてくれるにしても
信頼出来る方にお願いしたいですよね。
実家はまだ10年経ってないから大丈夫...かな?
個人的な考えで実際はどうか判らないけど、アメリカの建築
(以外も)は信用出来ないですよ~
耐震性はもちろん、ハリケーン対策とか、過去から全然学習
してないんじゃないかしら....

  1. 2012/04/13(金) 01:42:23
  2. URL
  3. mogu07 #dsgD8nx.
  4. [ 編集 ]

[title]:NoTitle

マック君、いい方向に変わってきてて嬉しいですね。
その方たち、猫好きなのかしら?見た目分からなくても、実際猫好きな人って猫には分かってるみたいだし。
うちの太郎もビビリだけど、お散歩中に出会う人で、動物飼ってる人(動物好きな人)は分かるのか、尻尾上げて近付こうとしたりするんですよ。
それでもやっぱりビビリなんで最終的には逃げ出しますけど(笑)。

耐震診断、今はぼったくりもけっこうあるのかしら。
気をつけないといけないですね。
うちの実家もKotoraさんちと同じく震災後に建てたものなので、その辺は大丈夫のようです。
私が寝泊りしてる離れは、田んぼのところを埋め立てて建ててるんで地盤が緩くて、建物自体が歪んできてるし、隙間もひどく、冬の帰省時は大変。大地震でもきたら一発でやられそうです(汗)。
  1. 2012/04/13(金) 00:56:38
  2. URL
  3. alpenkatze #6fcXaNLA
  4. [ 編集 ]

[title]:NoTitle

マッ君すごいですね。
うちの美梅も変わって来てますから…。
時と状況とともに、猫の性格も変わるってことですよね。
接待は無理にしなくても良いと思います。
疲れてそれがストレスになっても困るし。
ただ怖がらなくなって、興味が出てきて覗きに来る、というのだったら、猫の好奇心も満たされるし、良いことですよね。

耐震性のお話興味深い!
うちの実家は震災の後建てられたから一応その辺は大丈夫なはず…。
図面は…多分残ってるはず。
むしろ雨漏りっていうか水のしみ跡がある今の家のほうがあやしい…。
90年代後半に作られたドイツのマンションってなんか…友達のところもそうなんですけどちゃちい気がする…。
  1. 2012/04/13(金) 00:04:21
  2. URL
  3. Kotora #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

# プロフィール

REI

Author:REI
メイとマックの猫2匹との日々。
長期放浪中のトムは何処に?

# カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

# 最新記事

# 検索フォーム

# メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

# 固定要素

ココに固定表示したい内容物