カタクリ

カタクリの花を御存知ない方々の為に、
去年撮った写真を載せてみます。

4月の初めの新潟の低山。 
花で有名な角田山です。

RIMG0352c.jpg  RIMG0364c.jpg
   朝のカタクリ。白いのはイチゲ類。                   陽が出ると花が開きます。

RIMG0387c.jpg  白カタクリ
 花びらが反り返ってカタクリらしい。            珍しい白花。 これしか見た事ありません。



おまけ
ミスミソウ2
これが本当の目的のミスミソウ。 
カタクリは関東でも見られますが、ミスミソウは自然では無いかな。

スプリング・エフェメラル(春の妖精)と呼ばれる植物の一種で、春に葉を出し花が咲きその他の季節には姿が見られない植物で春を告げる花ですね。 
(尚、Wikipediaの生育環境の説明の縄文時代に関する記述は、一般的と言えるかどうか疑問です。
最新の説なのか一部の見解なのか。 Wikipediaでは仕方ないのですが・ ・。)

片栗粉は本来このカタクリの球根から作った消化吸収の良い澱粉ですが、今ではじゃがいもが原料となり、高級和菓子で使われる程度ではないでしょうか。

実はカタクリは雑木林が残っていればどこでもあったのかと思ったのですが、
アルペン猫さんの見た事が無いというコメントで調べてみたら、
日本の南限は瀬戸内海近辺や千葉県らしいです。 落葉広葉樹の林が生育地なんですね。
九州出身のアルペン猫さんは御存知無い訳です。

またカタクリは欧米では「犬の歯」という意味の名前との事ですが、
根の形とか葉や花の形とか書かれていて、由来が判りません。
犬歯だとすると蕾も似てますね。
さて、問題はそこに「japanese」という単語が、学名にも英語等にも付いている事。
欧米のカタクリとは違う、日本の「カタクリ」という意味だとするサイトがありましたが、
じゃあカタクリを検索すると学名の説明にjapaneseと付いてくるのは何故?となる。
紫陽花みたいにシーボルトが最初に欧州に紹介したからかと思ったら、それも違う様なので、
お手上げ! 判りません。

スプリング・エフェメラル(妖精は俗に言われている訳です。)の他の花もご紹介。

セツブンソウ2  アズマイチゲ1
 節分の時期に咲くセツブンソウ。          その次のアズマイチゲ。

どれも儚い花たちです。


追記
ドイツのWikipediaの説明だと、北東アジア分布とあるので、欧州在来種では無い様です。
カナダには同種の黄色があるのになあ。


アルペン猫さん、とても良い勉強になりました。
調べる機会を与えてくれて、ありがとうございます。










コメント

[title]:Re: タイトルなし

スノードロップさん、こんばんは!
Blaue Stunde=ブルーアワー(トワイライト、黄昏時、逢魔時)も過ぎてしまい、夜空になっています。

カタクリをご覧になった事がないですか。 東京だと結構あるのです。
山地が多いですが、丘陵地帯の雑木林でもある様です。
ミスミソウもカタクリも新潟や東北だと丘陵地帯や低山に雑草の様に咲いてます。
ザルツブルクの牧草地で見たのもミスミソウの仲間だと思います。
Vorarlbergだと無いのかしら? それともやっぱり減って珍しい植物になったのでしょうか。
春は絶対的に寒い地方の方が綺麗ですよね。
東京近辺では序所に春になるという感じですが、そちらでは何か一遍に春が来たという日がありますよね。
日本でも福島には梅・桃・桜が一度に咲くから三春という地名があります。

私は山歩きが趣味なので山野草も好きですが、名前を覚えるのが苦手です。
似てるのが多いだもん。
ちょっとスランプで最近山に行きませんが、春の花が咲き始めてるので、
頑張って写真を撮りにいったら、アップしますね。






  1. 2010/03/22(月) 18:38:22
  2. URL
  3. REI #-
  4. [ 編集 ]

[title]:

REIさん、こんばんは!

かたくりののお写真、とってもステキです!!!私自身は実際にこの目で見たことがありません。知り合いのおばあちゃんが撮った花の写真集を見たら出ていました!私が住んでいた東京郊外の山にも咲いているみたいです。日本では、じっくり花を見たり探したりする機会というかゆとり?がありませんでしたが、こうやってかたくりの写真などを拝見していると、日本にもたくさん可憐で美しい花々があるのだな~と思い起こされます。(自然のある場所に足を運ばないといけないのでしょうけど・・・)こちらのTV番組で日本の自然特集見ても、改めて日本にも美しい自然がたくさんあるのだな~と思うことが多いです。

ミスミソウ、この辺ではまだ見たことがないですが・・・ぜひ見てみたいです!!!

これからの季節花を見つけて写真撮るのが楽しみです♪
  1. 2010/03/21(日) 22:54:39
  2. URL
  3. スノードロップ #8kSX63fM
  4. [ 編集 ]

[title]:無いかも

Kotoraさん、
うちのマック、またストルバイトが出ちゃいました。(泣)
慢性ストルバイト症だわ。(そんなの無いですが)

カタクリは英語だと犬の歯スミレ。 スミレじゃ無いって突っ込みたくなりますが、
ドイツ語の犬の歯は、?ってなっちゃいますよね。
日本は栗と似てるから、欧米だと犬の歯と似てるから、
ミスミソウも日本は葉が三角だから、欧米だとレバーに似てるから、
何かお国柄が感じられます。

神戸には無いかもしれません。 兵庫県で検索すると結構ある様なのですが。
カタクリがある場所には条件があるので、北側に六甲山を背負った神戸の町には
元々無かったかもしれませんね。
Kotoraさんは時々関西弁が書かれていたので、
関西ご出身と推察しておりましたが、神戸のご出身なのでしょうか。
Kotoraさんの関西弁、ほっこり?していて上品で良い感じです。


  1. 2010/03/20(土) 17:14:48
  2. URL
  3. REI #-
  4. [ 編集 ]

[title]:ミスミソウ

アルペン猫さん、お手数をお掛けしました。 無事にコメントできてますよ。
とは言っても、今も何かおかしい。 fc2って沢山のサーバーがある様なのですが、このサーバーは調子悪い事が多い様です。 また引越しも大変だしなあ ・ ・。

カタクリは面白かったです。 私はザルツブルクで見た記憶が無いのですが、ミュンヘンでも無いのかもしれませんね。
日本だと南方系の植物なら九州以南の植物がありそうです。 これも薄皮饅頭さんに丸投げ!

ミスミソウ=Leberblumchenですね。 これはザルツブルクでも見ました。
少女が私にHimmelsterneと教えてくれたのが、これのブルーのかもしれません。
それにしても何と言う名前! レバー小花でしょ。 葉の形から名付けられたのですね。
アズマイチゲの写真を撮りに行った時に、日本在住のドイツ人のご夫人のハイカーに会って、
下の画像のアズマイチゲはWindröschenと教えてもらいましたけど、こちらは可愛い名前。
で、お義母様のプレゼント、問題無いのでは。
ザルツブルクでは牧草地に普通に咲いてましたよ。 私も一杯摘んじゃった。
いけなかったのかなあ。いずれも時効という事で。
日本だと貴重なんですよ。 雪国に行かないと自然のは見られない。
是非、写真をお願いします。 ブルーがあるかな。

  1. 2010/03/20(土) 17:05:16
  2. URL
  3. REI #-
  4. [ 編集 ]

[title]:お礼x2

薄皮饅頭さん、お待ちしておりました。(笑)
カタクリの学名と英・独に「日本」が付いている訳が今ひとつ判らなかったのです。
ドイツのWiki.だとカタクリの分布が中国北部、朝鮮、日本になっていたので、
「日本」が付くのは良いのですが、だとすると欧州には在来種は無いのか?と
循環疑問地獄に陥ってしまったのが、薄皮饅頭さんにより救い上げられました。
助かった。
欧州には違う名前で非常に近い植物があって、それと区別するために学名に「日本」が付いたという事ですね。
うん? だとすると欧州のカタクリに似た花には別のドイツ語名があるのか?
これはドイツ在住のお二人にお任せしましょう。 私には判らん。
因みに教えて頂いたヨーロッパ版カタクリの学名検索では、英語、未知の原語、ロシア語がヒットして、英語版に拠れば南ヨーロッパの山岳地帯とあるので、ドイツには無い花かもしれません。

お礼に私の持っている「自然を読み解く山歩き」小泉武栄著によれば、
カタクリは氷河期の生き残りだそうで、夏場にあまり暖かいと「球根がどんど呼吸をしてしまい、室内に置いたニンニクとおなじように、消耗してついには刈れてしまう。」とあります。
カタクリの生育条件としては、
1.カタクリが育つ3月ごろ充分な太陽光がある事。
2.北斜面の様に夏場日が当たらず涼しい事。
3.土壌が常に地下水で湿っている事。→これも夏場に地表温度が上がらない条件として。
これが温暖な地でカタクリが見られる場所の条件だそうなので、人為的に御庭に作りだしてみたらどうでしょう。 花が咲くまで7-8年、この条件を保つのは大変ですね。
(1は開花期だけかな?) 以上、蛇足的補則。

猫の森の件、ありがとうございます。
私も有償というのは賛成です。
約10年前にこの手を事を検索した事があり、(自信はないのですが)ヒットしたのがこの方ではないかと思います。 その時はこれから制度を作るという話で、猫達を飼う施設=猫小屋の様な物を作る用地を確保したとかありました。(別の人かな?)
出来れば残った猫は多数で飼われるより、個人のお宅で愛情を持って面倒見て欲しいと思ったのですが、今の猫の森だとそれに近い状態である様ですね。
一番私の理想に近いのは、猫の森会員サポーター制度です。 これだと猫部屋ではなく、個人で面倒を見てもらえる。 問題はお金目的でサポーターになる様な人がいた場合ですが、猫の森のシステムはそういう問題にも対応できそうです。
現時点ではあまり活用はされてない様なので、これからの運営状況をみたいと思いました。

  1. 2010/03/20(土) 16:42:39
  2. URL
  3. REI #-
  4. [ 編集 ]

[title]:

ほんと、ドイツ語では犬の歯ですね~。Japanischeとなっているから、日本のなんですね~。
なるほど~。
猫ブログの方々、植物に詳しい方も多いから!勉強になります~。猫好きと植物好き…どういう関係があるのかな!?
カタクリってやっぱりそうなんですね。お花からは片栗粉のことなんて想像も付かないですけど。可憐なお花ですよね~。
ふんふん、瀬戸内海…ってことは神戸にもあったのかな~?…私も見たことが無いような…?
  1. 2010/03/19(金) 22:03:27
  2. URL
  3. Kotora #-
  4. [ 編集 ]

[title]:

わ~、たくさん調べられたんですね!
そうなんです、このお花、全然見たことなかったし、名前も知らなかったんです。
逆に、九州から南にしかない花とかあるかなあ。

ミスミソウ、これは日本では見たことありませんでしたが、ドイツ語名はすぐに分かりましたよ!
Leberblümchenといいますが、オーバーアマガウ付近でたくさん見ました。
実はうちに、姑がどこかからか摘んできたのでしょう(こんなことやっちゃいかんのに、汗)、ちょこっとだけ植えてあります…。←姑が勝手に植えたんですよ!念のため…。
咲いたら花の画像、アップしますね。

お花の画像がうちにもたくさんあります。
いつか機会があったらアップしてみます。
  1. 2010/03/19(金) 22:50:19
  2. URL
  3. alpenkatze #6fcXaNLA
  4. [ 編集 ]

[title]:

カタクリ、うつむいた姿が可憐ですよね。
北米原産のものから派生した園芸品種は庭でそれなりに増えるのですが、
なぜかニホン原産の彼女はなかなか居ついてくれません。
あ、もちろん山採りではなく栽培されて売られているものを植えてますよ。
カタクリもいいけれど、雪割草(ミスミソウ)が大好きで、
実家にあるものを毎年タネ採っては撒いて増やしています。

なんか、ゴメンナサイ~。知ったかぶって余計なお節介なんだけど・・・
ヨーロッパには『 Erithronium dens-canis 』という原産種がありますよ。
カタクリ属の中で最初に命名されたのがソレなんだとか。
『 Erithronium(エリスロニウム)』はカタクリ属を指す名前。
そのあとに続く『 japonicum 』は『ニホンの』という意味だけど、
この部分がその植物の特徴や産地を表したりしてるんです。
苗字と名前みたいなモン?ちょっと違うけど(笑)。

北半球に20種分布するカタクリのほとんどは、北アメリカに集中していて
日本及びヨーロッパには数種しかないのだそうです。
『 Erithronium(エリスロニウム)』という属名は、このヨーロッパ原産の
『 Erithronium dens-canis 』が赤色(濃桃色)の花を咲かせるので、
ギリシャ(ラテン)語で『赤』を意味する『 erythros 』から付けられたとか。
日本のカタクリにとても近縁な種なんだって。

ニホンでの『片栗』の名は片栗粉にする球根の形が栗の片割れに似ていたから
ついたらしいけれど、『 Dog tooth violet 』も、球根の形が犬歯に似てる
からじゃないかという説アリ。
古名の『傾籠(かたかご)』も風情があっていいですよね(^^)。


↓相互扶助ではないけれど、キャットシッターの草分け南里 秀子氏が、
 『猫の森』という名前で有償で猫の生涯保障施設を経営・運営しています。

 >http://www.catsitter.jp/neko_mori/neko_mori_system.html

 ワタシはコレ、なかなかいいシステムだと思います。
 有償というところもいい!
 ボランティアで複数の人々が集まったりすると、主旨にぶれが生じたり
 方向性が変わってしまったりすることもありそうだから。

 キャットシッターを生業にした彼女のエッセイも面白いけれど、
 この『猫の森』のことを知って依頼、氏がますます好きになりました。
  1. 2010/03/19(金) 21:32:39
  2. URL
  3. 薄皮饅頭 #-
  4. [ 編集 ]

[title]:

何度やってもコメントが入れられませ~ん(汗)。
後でまた来ますね~。
  1. 2010/03/19(金) 23:31:29
  2. URL
  3. alpenkatze #6fcXaNLA
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

# プロフィール

REI

Author:REI
メイとマックの猫2匹との日々。
長期放浪中のトムは何処に?

# カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

# 最新記事

# 検索フォーム

# メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

# 固定要素

ココに固定表示したい内容物