ふうちゃんの骨折の件


保護子猫ふうちゃんの骨折へのご心配を沢山頂き、

ありがとうございます。

今朝病院で説明を受けまして、

とりあえず今は手術しなで様子を見る事にしました。

骨折は骨片がいくつか骨本体から若干離れている剥離骨折だそうですが、

骨本体は折れていない事と、骨がまだ柔らかいので手術をしなくても治る可能性もある事。

またもし亀裂が成長帯(骨端の成長する部分)まで及んでいると、

成長障害(伸びないとか、まがって成長するとか)がでるかもしれないけれど、

その可能性は手術しても変わらないという事。

(手術は骨片をピンとかボルトで骨本体に繋ぐだけだから)

という風に理解したので、とりあえず今は手術せずに2週間位したらレントゲンで骨の状態を再度調べる事にしました。

その時に剥離が進んでいればまた手術の可能性を考えます。

ふうちゃん自身は痛みは余り感じて無いらしく、確認の為に歩かせたら、

ピョンピョン、ダッーと走り回り、安静なんて無理という状態で暴れまわってました。

ゆっくり歩くと少しびっこを引くけどね。


次のレントゲンを撮る月末までは安静を申し渡されてます。


沢山のアドバイス、ありがとうございました。
きっと自然治癒しますよね。



コメント

[title]:

まかないさん、

骨折の場所にも拠るのでしょうが、ふうちゃんの場合は固定できない場所なので
出来るだけ安静にするしかないのですが、とにかくじっとしていません。
ケージの扉を開けると飛び出そうとするので、押さえつけなければいけないときもあり、
逆に骨折には悪いのではないかと思う時もあります。
手術しないで済んでも若干の障害が残るかもしれないです。 兎に角じっとしてないから。


  1. 2014/09/22(月) 17:43:16
  2. URL
  3. REI #-
  4. [ 編集 ]

[title]:

このまま自然に治癒するといいですね。
猫の骨折って大変なんですね。
まあ、じっとしていてはくれないですよね。
うまくいきますように。


  1. 2014/09/21(日) 13:58:21
  2. URL
  3. まかない #-
  4. [ 編集 ]

[title]:

ほんなさん、

月末のレントゲンで状態が悪ければ手術になるかもしれませんが、
あれだけ元気に走り回ってる姿を見ると、既に治ってるんじゃない?と思ってしまいそうです。
本当は手術するなら後にしても良い事はないそうですが、ピンを入れたら抜く時にまた麻酔で手術でしょう。
何とか固まってくれると良いのですが。
安静が難しいです。 ケージの中でも出せ出せと暴れてるし、ベッドとして置いた箱の上には乗るし。
本猫が痛くないんだから困ったものです。

  1. 2014/09/20(土) 17:13:05
  2. URL
  3. REI #-
  4. [ 編集 ]

[title]:

moguさん、

ふうちゃん、兎に角暴れん坊です。
様子を見る為にケージから出して歩かせたら、歩かないで走り回ってばかりです。
走ってる限りは足が悪いのは全く判りません。 本猫も痛さを余り感じてない様です。
歩くと軽いびっこですが。
今は安静が一番難しいですね。 固定できれば動き難いから少しは大人しくなるでしょうが、
肩から肘は固定できないそうなので、ケージに腕を突っ込んで出せ出せ暴れるので、
ケージに入れとくのも安静にならないし。 困った子です。


  1. 2014/09/20(土) 16:48:01
  2. URL
  3. REI #-
  4. [ 編集 ]

[title]:

ぱんとらさん、

判断を先送りしただけでもありますが・・・。
ぱんとらさんが書かれている通り、お医者さんは結局経験だと思うので、
特に外科的手術は数をこなしているのが大事ですよね。
新しいお医者さん、その点でちょっと若いんですけどねえ・・。
ただ自分の判断だけでなく、整形の専門医に問い合わせてくれたのは、私としては信頼できるお医者さんだと思いました。 積極的に手術しかないとも言わなかったしね。

安静がねえ・・・、無理っぽい・・。
兎に角ケージの扉を開けたらダッシュで脱走しようとします。
下手に押さえつけて骨折を悪くしたら大変だし、扉閉めて挟んだらもっと大事だし。
だから開ける前に両手をパンとたたいて脅して開けるので、ふうちゃん、ちょっと怖がり始めました。
せっかく無邪気に慣れてるのに・・。
ビブ姫もマック並みのビビリなのでしょうか?

ぱんとらさん、ドイツに詳しいですね。
私は旅行者として特にルーズと感じたことは余りなかったのですが、ドイツの会社と取引があると、
そういう意見を聞きますね。
以前の会社はドイツ語圏3国と夫々一社づつ取引がありましたが、特に大きな問題がなかったのですが。
ただ今回の工事中の状態と、電車の運行には???でした。
長距離電車が大きく遅れる事はあっても、数国を通ってきてるので仕方ない面もありますから、
それほど気にした事もなかったんですけどね。
イスラムの人達はまさにテンポラリー移住(上手い!)らしいですよ。
イスラムへの偏見はないつもりですが、それでもヨーロッパであの真っ黒の衣装(アバヤ?)で
全身を覆っている人が複数いるとちょっと怖さを感じるのも事実です。
頭にスカーフ被る位ならそんなに違和感ないんですけど。 
やっぱり偏見なのかなあ・・・。


  1. 2014/09/20(土) 16:39:45
  2. URL
  3. REI #-
  4. [ 編集 ]

[title]:

アルペン猫さん、

ふうちゃんはとにかく暴れ者です。(笑) 骨折なんか全く気にしてなくて、歩くと軽いびっこですが、
様子を見る為に出したら殆ど走り回ってます。
手術すると痛い上に暫くは動けなくなるから、本猫的にも辛いだろうし、麻酔が心配ですものね。
私も多少障害が出ても家猫として生活するには問題無いのではと思っています。
勿論障害は無い方が良いですけど。

Karlsplatzの地下は前も綺麗だったけど、さらにお店が増えてましたよね。
(駅の地下と勘違いしてるかな・・)
東京もこれからあちこち工事だらけになるけど(オリンピックに向けて)、ああいう何時完成するか判らないダラダラ工事にはならないでしょうねえ。
Kaufhofの売り場は一年中売ってるんですね。 まさに日本の着物と同じ扱いかな。
以前は旧市街のアーケードの辺りに数軒民族衣装のお店があったけど、今回は気がつきませんでした。
もうないのかしら? 高そうで入る事もできませんでしたが。

私は旅行者としてドイツ・オーストリアに行ってるので、気分も開放されているから、
そちらでの居心地は決して悪くありません。 日本ではやたら人に話しかけたりしたら変な人だけど、
下手くそなドイツ語を話す外人と思われて、そんなに奇異な目で見られる事もなく、
スーパーのレジでちゃんと話してもらえると嬉しいだけ。
でも感じ悪い気取った店員もいるけど、旅行者は二度と行かないだけだしね。
でもドイツってけっこうルーズというか、住んでる人も困らないのかと、電車関連では思いました。
(でも人柄はスイス人よりはいいわ。)
ただね、住むのは別ですよね。 色々あっても日本は住みやすい国だと思います。(地震等の天災がねえ・・)

  1. 2014/09/20(土) 16:26:48
  2. URL
  3. REI #-
  4. [ 編集 ]

[title]:

まいにゃんこさん、

足を一本無くした猫も全盲の猫も、猫ブログを見ると普通に生活してますよね。
前の子猫は完全に2箇所折れていたので手術しか選択が無かったのですが、
ふうちゃんは自然治癒の可能性もあるそうで、麻酔の危険の方が怖いですよね。

ただトイレの掃除や餌やりの時に隙あればケージから脱走しようとするので、
片手で首の上を押さえて片手でしなければならず、手を離すと直ぐに逃げるので
安静にさせるのはかなり難しいです。 
仕方ないからちょっと脅してからケージの扉を開けるので、
ちょっと怖がっていて可哀想な状況です。

ヒメちゃん、昨夜もメイと追いかけっこになっていて、
3匹で一緒はないですが、メイとの関係は少し前進です。 
いきなりメイの脇をダッシュしてシャーもされてますけどね。(苦笑)


  1. 2014/09/20(土) 15:34:35
  2. URL
  3. REI #-
  4. [ 編集 ]

[title]:

うんうん、まだまだ若いし骨も筋肉も柔らかいから、きっとダイジョウブ^^v
手術で麻酔のリスクや、骨の小ささ、ピンのサイズ何かを考えたら、手術を躊躇う気持ち、解ります^^v
安静は、中々難しいでしょうが^^;;お大事に!
  1. 2014/09/20(土) 08:35:13
  2. URL
  3. ほんなあほな。 #-
  4. [ 編集 ]

[title]:

ふうちゃんが痛みを感じさせず走り回れるなら大丈夫かな?と
思わせられますね。
手術しても治らない場合もあるのなら、今はまだ様子見で負担を
かけずにいてあげた方が良さそうだし。
いっぱい遊びたい時に安静はかわいそうだけど、もうちょっと
我慢してもらわなくちゃですね〜

  1. 2014/09/20(土) 07:29:52
  2. URL
  3. mogu07 #dsgD8nx.
  4. [ 編集 ]

[title]:

REIさんの判断、しばらく様子をみてみるというのは、今の状況でのベストな選択かと。
前回のコメントにも書いたんですが、外科手術って、専門医以外、馴れてる獣医師の方が少ない気がします。
馴れてない医師に、子猫のちっちゃい骨を手術・・・考えただけでリスキーだなぁと。放っておいても命に別状ないのだから、
しかも元気に走り回ってるのだから(笑) とりあえず様子見ですよねぇ。^^
それより、次の検査までの間の「安静」って方が大変だ。(^▽^;) お大事にね。
メイちゃんマックンヒメちゃんの様子もおかしいわ、こんなちっちゃなヨーダにみんなビビっちゃって。( ´艸`)
わざわざシャー!いいに行って走って逃げるマックン、爆笑。ビブに似てる。(爆)

↓ドイツって、日本人の勝手なイメージとその実態にかなり乖離がありますよね。列車の時間をはじめ、
郵便物の到着もルーズだし、修理や工事の日程もルーズ、あの物作りでの緻密さとは別ものなんですよね。(笑)
ミュンヘンにイスラム系の人が増えてるってのも初めて知りました。まぁ世界第二の宗教人口で数も多いし、
お金持ちのケタはハンパないから、いいもの求めて富裕層がテンポラリーに移動してるってことなんですかね。

  1. 2014/09/20(土) 07:02:45
  2. URL
  3. ぱんとら #cI.fck.g
  4. [ 編集 ]

[title]:

ふうちゃん、そこまで元気に動けてるなら、逆に手術でのリスクの方が怖いし、そのまま様子見とのこと、なんだかホッとしました!
多少びっこが残ったとしてもふうちゃんにはそれが普通かもしれないし、今後ひどくなる可能性がないのならやっぱり様子見がいいかもしれませんね^^
成長と共によくなってくれますように!

↓デパートはどこもどんどん工事が行われててきれいになってる最中みたいです。
市の中心部の駅の地下部分は数年前からずっと工事が行われてて、最後にお別れの挨拶をしたKarlsplatzの地下部分もやっと1~2年前に工事が終わったばかりです(終わってなさそうな部分もあるのだけど、笑)。
民族衣装コーナーは通年あるんですよ~。一応、オクトバーフェスト以外の似たようなお祭りでも着ていく人いるし、お祭り以外でもちょっとした行事でもよく着られてるし。ただやっぱり、オクトバーフェスト直前が品揃えは多いようです。
こっちのいろんなことに慣れてしまうと、日本があまりにも親切過ぎてあれこれ窮屈に感じることも多いですが、日本はやっぱり生まれ育った国だから、ちょっといるとすぐに違和感は無くなります。逆にこっちは未だに、驚きの発見が多いのが現状です^^;
  1. 2014/09/19(金) 23:16:41
  2. URL
  3. alpenkatze #6fcXaNLA
  4. [ 編集 ]

[title]:

ふうちゃん、家猫さんになるなら、多少成長障害があっても大丈夫じゃないでしょうか?
麻酔で命を落とすよりは、ぜんぜんいいでしょー!!
自然治癒できるかもしれない大事な時期に、安静にできないのが困りますけどね(笑)
栄養のあるものたくさん食べて治ってくれるといいな。

ヒメちゃん、メイちゃんに遊んでもらってるんですねー。
でも、さびしいよね~。かわいそうにね。

  1. 2014/09/19(金) 20:58:36
  2. URL
  3. まいにゃんこ #-
  4. [ 編集 ]

[title]:

Gaviちゃん、

Gaviちゃんもお兄さんも大変なのに、
ふうちゃんの心配までしてくれてありがとうございます。

とりあえず結論を延ばしただけとも言えますが・・、
やはり手術は今の大きさでは怖いので、自然治癒に望みをかけます。

兎に角遊びたがって仕方ありません。
そういえばマックもチビの頃は、廊下の絨毯をゴチャゴチャにするほど暴れまわってましたからねえ。
今では寝子のボンヤリ君なのに。

お姉さんも無理をし過ぎないように、Gaviちゃん、大変でも面倒みてあげてね。


  1. 2014/09/19(金) 20:06:40
  2. URL
  3. REI #-
  4. [ 編集 ]

[title]:

ふうちゃん、方針が決まってよかったにゃあ!
自然治癒するといいね!
チビにゃん、あそび盛りだものね・・・
おとなしく・・・は無理だと思うのにゃあ・・・
お大事ににゃあ!
  1. 2014/09/19(金) 19:08:48
  2. URL
  3. Gavi #k4K7G4dA
  4. [ 編集 ]

[title]:

めんまねえちゃんさん、

ありがとうございます。
剥離骨折は手術で治るそうですが、万一成長板まで亀裂が入っていると、
手術してもそこに後遺症が出るか可能性は変わらないと言われました。
今は元気で大して痛くもなさそうなので、麻酔して痛い思いをさせるより、
多少の足の長さが出ても、生活に然程支障はないでしょうから、
今は様子を見る事にしました。
ただ遊びたくて暴れまわりたくて仕方ないのを押さえつけてケージから出ないようにしないといけないので、
そのうちいじけるのではないかと心配です。

  1. 2014/09/19(金) 18:09:46
  2. URL
  3. REI #-
  4. [ 編集 ]

[title]:

手術しても治らない可能性もあるわけなんですね。
じゃあ、やはり様子見のほうが一番いろいろな考えの中でも
良いような気がします。
じっとしてて、っていってもなかなか難しいんでしょうが、
無事に治癒しますように、お大事に。
  1. 2014/09/19(金) 17:15:47
  2. URL
  3. めんまねえちゃん #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

# プロフィール

REI

Author:REI
メイとマックの猫2匹との日々。
長期放浪中のトムは何処に?

# カレンダー

02 | 2017/03 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

# 最新記事

# 簡易型ネコの年齢計算機(グラフィック版)

# 固定要素

ココに固定表示したい内容物