保護猫シュタイン君里親募集

3月19日にお見合いをし、25日からトライアルに入りました。
トライアルの結果が決まるまで、一旦募集を停止致します。
ありがとうございます。



            シュタイン君 里親募集


            シュタイン募集画像


仮名 シュタイン(ドイツ語で石です)
    名前の由来は怖くて石に変身し動かなくなるからです。 

性別・月齢  オス、2016年11月現在 推定5ヶ月 体重2.44kg

種別  生粋雑種  毛色  グレー白八割れ

ウイルス検査  猫白血病・猫エイズ  陰性     寄生虫 駆虫済み


11月4日、母猫のTNRの為に設置した捕獲器に先に入ってしまったために保護。
里親募集の為に家猫修業中。
保護して1ヶ月の12月初旬で、母猫の野良猫教育が非常に行き届いていたらしく、
残念ながら殆ど家猫修行に進展はありません。
まだまだ時間はかかるかもしれませんが、気長に様子を見て頂きたく、
家猫修行なら任せて!という里親希望者様がおられたらと、募集をさせていただきます。(12月4日記)


12月16日 去勢手術しました。

すっかり忘れていた記念日


P3290003.jpg
石、石って、(石=シュタイン)
REIおばさん、もっと大事な事を忘れているんじゃない!





P3290009.jpg
私だって3年前は超怖がりだったのに・・・。  



そ、そうでした。 

3月28日はヒメを保護して丸3年の家の仔記念日でした。
ヒメはシュタイン君より家猫化に苦労しましたからねえ。
その時の経験があったから、シュタ君にはじっくり時間を掛けたのに、
トラリアルでまたまた問題起こすとはねえ・・・。

猛獣ヒメだったお嬢さんは、その後強引グマイウエイのKYお嬢様になり、
未だにダッコは3分まで、前から手を出したら逃げますよ!
爪を切ろうなんて1億年早い!
ウエットには砂賭けです!
尻トンはいつでも良いから毎日しなさい!

の、超マイペースお嬢様生活を送って頂いております。

今でもキャリーに入れるのは無理ですが、幸い一番元気娘なので、
今の所病院にお世話になる必要は無く過ごしています。


DSC08557.jpg

猫大好きヒメはメイとマックと団子になれば一番幸せ。
でもメイ枕から、



気が付いたら
枕が


DSC08558.jpg

マックおじさんになっていました。
何故だか不機嫌地蔵のマックが大好き。
団子や枕にする度にウーウー怒られながらKY振りを発揮して団子になっております。



朝も皆と一緒に猫草バーへ一目散。


P3300050c.jpg
P3300055c.jpg
(ベランダのごちゃごちゃ汚いのは見えない事で)

悪い顔でしょう。 (笑) 
食べているのにカメラのシャッター音がお気に召さなかった様です。
ヒメ様だから仕方ないね。
また1年、強引グマイウエイで病院と縁無く元気に過ごそうね。

バッドニュース グッドニュース

追記しました。

先程、里親さんと一緒に先方の病院に行って、点滴して、トライアル続行です。
餌も水も食べないと言う事でしたが、今日お嬢さんがチュールを二本指に付けてなめさせたそうです!
お嬢さんと話したら、実際に面倒を見ているのはお嬢さんで、ケージの中にいるときは触れるどの事!
自分から飲み食いしない事だけが問題とはっきりしました。
お医者さんは点滴でしっこが大量に出れば食欲も出て食べるようになるはずで、食べない場合はチュールを食べるだけあげていれば、自分から食べるようになるだろうとの説明でした。

まだ食べませんが、お嬢さんなら食べさせる事ができそうなので、かなり良い方向に向かっていると思います。

詳細は明日。
ご心配、心より御礼申し上げます。感謝!!


追記

土曜日からのトライアルで全く飲まず食わずのハンガーストライキ中のシュタイン。
一昨日、近くの病院で教えてもらったのは、健康な猫なら5日までならギリギリ食べなくても大丈夫かもしれないが、
それ以上は危ないので何らかの処置をした方が良いでしょうとのことでした。
その後、うちで食べさせていた夜食を持って行き相談して、
私の休みの水曜日まで食べなければ病院に連れて行くことを決めました。

ところが水曜日は近くの病院が休みなので、午前中に里親さんに電話で提案し選んでもらいました。

1. 一度シュタインを引き取り、木曜日に手当てをしてもら、その後里親さんの所に連れていくか、
   様子により数日うちで様子をみるか。

2. 里親さんの先代猫さんが行っていた病院が営業している様なら、里親さんに連れて行って看てもらう。

里親さんの希望で先方の病院に行く事になりましたが、捕まえるのが難しいとの事で、
お宅に行きシュタインを捕まえてキャリーに入れ、一緒に先方の病院に行きました。
シュタ君、体重3.4kg。 家では計ってなかったのですが、持った感じでは明らかに軽くなっていました。

病院は昔うちで使っていた様な、最低限度必要な設備が整っている病院。
シュタを手術した病院よりは遥かに綺麗ですが、うちの近くの病院よりは昔風の病院。
先生は年配のベテランらしい先生で、肺炎や口内炎のチェックをし、特に悪い所はなさそうなので、
やはり怖くて食べないのでしょうとの事で、水分とストレスホルモンに効く?薬を点滴しました。
栄養分の点滴や強制給餌は無し。
というのは昨日朝にお嬢さんがチュール2本を指につけて舐めさせる事ができたという事だったので、
チュールで良いから食べるだけ舐めさせて、自分から食べる様にした方が良いとの判断でした。

私はシュタ君は毎日シッコをしているとの事だったので、水は少しは飲んでいるからだろうと思っていたのですが
猫は水を飲まなくてもシッコをするそうです!
ただ水分点滴してシッコが大量にでれば、胃腸が刺激されて食べるはずとの説明でした。
チュール恐るべし! 病院専用の高カロリーチュールを売ってもらいました。

その後、夕方お嬢さんが丁度帰宅されたので、お話したら、
実際に面倒を見ているのはお嬢さんで、ケージの中るシュタ君は顔まで触れるそうです。
まあ、指から舐めさせたというのはそういう事ですよね。
私が顔まで触れる様になったのは(前足防御無しで)ずっと後でしたから、
お嬢さんには早くも慣れてきているのは確か。
シュタ君をご希望の里親さん=お父さんがシュタ君は怖い様です。

今日はまでメールが来ないので様子は判りませんが、来ないという事はまだ食べてないのかも。
でもチュールを舐めていれば状態は良くなるはず。
点滴の効き目は2日間だそうなので、もしまだ食べなければまた病院ですかね。

IMG_2734 (1)

昨日の朝、病院に行く前のシュタイン君です。 (里親さんが送って下さったメール添付)

落ち着いて見えるのにねえ。

今日の様子が判ったら、またアップします。

トライアル中のシュタイン君

応援頂いているシュタイン君ですが、

困った事に今日午前中でも
ずっとハンスト中だそうです。
土曜日午前中に連れていってから、一切食べないとの事ですが、
シッコは毎日、うんP1回はちゃんとトイレでしたとの事。
水は飲んでいるか判らないそうですが、1日最低1回はしっこをしているそうなので、
多分水は飲んでいると思います。

昨日で丸3日。 うちであげていたのと同じカリカリと、
猫缶に水を足したウエット、食いつき良いマグロの赤身など、
色々とあげてもらったのですが、一切食べないそうなので、
今朝、近くの病院で猫は何日食べなくても大丈夫か聞きに行ってきました。

うちでは良く食べ、ちゃんと出して、良く遊んでいたので健康体とすれば、
普通は3日からギリギリ5日位はなんとか大丈夫かもしれないと事。
ただそれ以上は脂肪肝になる危険性があるので、強制給仕・点滴したほうが良いそうです。
水分と一緒にエネルギーも採れる様に、高エネルギーミルクをもらい、
餌が代われば食べる可能性もあると、色々とサンプルももらったので、
一旦家に帰り、うちで食べさせていたささみスープも作って、
午前中にシュタイン君の所に行ってきました。
先方も昨年病気で猫を亡くされているので、食べない事をとても心配しています。

シュタ君はケージの扉がちゃんとしまらなくて逃げ出してしまうとの事で、
部屋の中(一部屋だけ)フリーになっていて、カーテンの後ろに隠れていました。
里親候補者さんが部屋に入るとケージに逃げ込むそうです。
私が名前を呼びながら近づいて指を出したらいつも様に鼻を近づけてきて、
首筋掴んで持ち上げたら簡単にダッコできました。
うちでもダッコはできた事がないのですが、私の事は確実に覚えていて
怖くない人と思ったのでしょう。
餌はカーテンの周りとケージの中にも、カリカリ、ウエット、マグロ、水と置いて下さってありましたが、
持っていったササミスープを鼻にくっつけても一切食べず。
抱き上げたシュタ君を里親候補者さんに見せようとしたら、
シュタ君暴れて逃げてタンスの上に飛び乗り、さらに別の家具の上にジャンプし、
私に向かってもシャーと猫パンチで興奮状態になったので、私達は退室。
やはり男性が怖いのかもしれません。 でも飼い主になるのは男性なんですよねえ。

まず、シュタ君は再度ケージに戻して、扉を開けられないようにしてもらい、
昼間はケージの中のシュタ君からご家族が見える様にしてもらい、
ご家族が怖くない人とケージの中から観察出来る様にしてもらう事、
夜はケージにカバーをして安心して過ごせる様にお願いしてきました。
餌は食べなくても置き餌してもらっています。
今日はその状態にしてもらい、もし今日も食べない様なら、
明日一旦連れ帰り、病院で点滴などしてもらい、再度トライアルするという事で、
お話してきました。
先方も心配なので点滴して欲しいし、トライアルは続けたいというありがたいお申し出です。
手がシュタ君の猫パンチで絆創膏だらけでした。
それでもトライアルは続けたいと、またシュタイン君の健康をまず心配して下さる候補者さんなので、
なんとか食べて慣れて欲しいと、心から思います。


IMG_2734 (1)

メールに添付で送って下さった画像です。
これを見るとそんなに警戒している様には見えないのですけどねえ。
なんで意地になって食べないのでしょうねえ。

# プロフィール

REI

Author:REI
メイとマックの猫2匹との日々。
長期放浪中のトムは何処に?

# カレンダー

02 | 2017/03 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

# 最新記事

# 簡易型ネコの年齢計算機(グラフィック版)

# 固定要素

ココに固定表示したい内容物