コメントのお願い



通常の記事は下にあります。


コメントを承認方式にしていますが、
コメントを書き込む時に、お手数ですがアドレス・URLは消すようにして下さい。
荒らしコメントですが、あれ以後ちょっと違ったタイプの変なコメントが一回ありました。
アクセス解析で閲覧拒否にしているのですが、このコメントはアクセス解析に足跡が
残っていない様だったので、念の為コメント欄のurlは空欄でお願いします。

もし皆様の所にスパムコメントがあれば教えて下さい。
ご迷惑をお掛けして申し訳ありません。

三毛さんその後


日曜夜に保護した三毛さんを今朝病院に連れて行き、簡単な健康チェックと、
ブロードラインをつけてもらいました。
診察はいつもの院長ではなく、新人君。 色々と不慣れみたいでした。(笑)

9月22日 体重 2.26kg
月齢  診たて無し。 仕方ないので私が歯のチェックをして、全て永久歯が生え揃っていたので、
     6か月にはなっていると思われます。 新人先生も同意。(苦笑)
触診・聴診 異常なし
妊娠の有無は、現段階では胎児に触る事はないが、初期だと判らないとの事。
検便  寄生虫=お腹のペットは無し。 
耳ダニ 見る限りでは耳のペットもいない。
ノミ・ダニ  不明

念のために体表とお腹のペットに効くブロードラインをつけてもらいました。

覚書として診察代

診察 ¥800
検便 ¥1,000
ブロードライン2.5kg未満 ¥1,800  

今回は安く済んでホッ。 


DSC08876 (2)

診察台の上の三毛さん。
三毛さんは水曜日にチュールのお湯割りをお出ししたら完食し、それからは普通に飲み食い出す でシュタちゃん2日で卒業しました。
しかも触り放題。 シュタイン君は怖くて動けないので触れましたが、三毛さんは撫でるとゴロゴロ言います。
キャリーに入れるのも怖がって少しケージにしがみつきましたが、普通に首筋をもってケージに入れ、
診察台にも抵抗なく出すことができました。
野良とは思えない慣れ方。  診察中の保定は私がしたのですが、先生が向きを変えようとしたら、
ちょっと怖がって先生の腕に爪があたったら、ネットに入れましょうと言われたのですが、
全く不要で私が体を押さえて向きを代えれば全く暴れません。
新人先生も猫は苦手? (苦笑)

三毛さん、やはり月齢の割には小柄で、特に頭が小さいのでとても小さく見えてしまいます。
妊娠はしていないか初期かなので、手術は急ぐ必要はなくなりましたが、
野良割引のある病院で予約が取れ次第するつもりです。
それまでは猫肥える秋にして、体力付けます。


三毛さんは1階のシュタ君がいた廊下のケージ。
2階の保護部屋のピーちゃんとメイの確執は相変わらず。
夕べはメイのギャーギャー叫び声が聞こえないのに、ピーちゃんがピーピー文句を言うように執拗に鳴くので様子を見に行ったら、外が見えるトイレの窓に乗ったピーちゃんの下で、メイがしっかり無言で見張り番していており、ピーちゃんは降りることも逃げる事もできず どいてよ、どいてと静かに文句を言っていました。 
私を見てメイがちょっと動いた隙にピーちゃんが逃げ、それをメイがギャーギャー追う。
そのメイを私が コラッーーーー と追う、のいつもの大騒ぎ。

毎日起こられてばかりのいじけたメイさんが採った行動は、

DSC08872.jpg

ピーちゃんが時々寝ているドームベッドの横取り。
ドームベッドはケージの上い置いてあるので、より高い位置を採れるというのもあるのでしょう。
でもベッドの中はピーちゃんの抜け毛がべったりなのになあ。


DSC08869.jpg

その時ピーちゃんはといえば、ケージの中ではなく、陽の当たる結界の中の赤毛布で寝ていましたとさ。

メイとしてはピーちゃんの物を占領したつもりなんでしょうね。
ピーちゃんには拘りないのに。(苦笑)
そんなメイが可愛いのですよ。  毎晩、叱った後はメイが一番可愛いからね、メイがうちのねこずの中心だからね、
だからピーちゃんを虐めるのは辞めようね と言い聞かせているのですが、
効き目はいつになったら現れるやら。
根競べです。





    

三毛さん保護


台風の被害はなかったでしょうか。
千葉は台風進路からはかなり離れたいましたが、天気予報の通り(珍しい?)、
日中から夜までは雨で、夜半からは風が強くなりました。
ただ夜中は風と雨の両方で、関東でも風雨で目が覚めた人も多かった様です。

そしてその夜の雨の中を三毛さんがやってきたので、たいして濡れずにやってきたのでどこかに良いねぐらがあるのかもしれないですが、天候が心配で思い切って捕獲器で保護しました。

DSC08842.jpg

ほら、可愛げというものがないでしょう。
三毛さん、シュタイン君と同じで石です。


DSC08843.jpg

目を閉じれば怖い人間はいない事になる?
チュールにも反応しません。
カリカリも鶏肉とかつおとまぐろの特製ウエットにも反応せず、全てひっくり返してぶちまけて、
飲まず・食わずのシュタちゃんです。
しっこだけは夕べしてありましたが、水も飲んでおらず、これもソラ君(シュタイン君)と同じ。
ソラ君とは違い、外では触れはしませんでしたが、足元まで寄ってきて目の前で餌も食べたのですが、
捕獲器で捕まったのが怖かったのか、すっかり「石」です。
ただお尻を触ると前に逃げるので、その点では若干動く石?
できるだけ早く手術します。


三毛さんを保護した日曜日。 台風の影響で気温が21~22℃程度。
当然我が家のねこずは、

DSC08835.jpg

三団子。 メイとマックは温め合い、ヒメはおまけ。(笑) 脱走翌日ですね。

そして暑くなった昨日の朝は、



DSC08837.jpg

日向の朝青龍? 
戻ってきて良かったね。 外ではこんな姿では寝られないもの。
本猫に判っているのか・・・。



おまけ

DSC08851.jpg

はちねこ手ぬぐい。 1枚千円。
はちねこさんで絶賛販売中。

続きを読む »

脱走!

台風が日本列島に沿って進みそうです。
九州から中国地方を横断し、その後 日本海側を列島に沿って進み、
東北から北海道に再度上陸するコースになりそうという事で、
以前のりんご台風と似たコースで農作物の被害が心配です。
関東も明日は雨、夜は風が強くなるとか。 どこにも大きな被害が出ませんように。
明日は月1回の日曜休日。 庭仕事もできないので1日家に籠って、チクチク(羊毛フェルト)やアミアミ(籐編み)でもするか、お猫様にお相手して頂くか。 でも結局は時間泥棒にごっそり時間を盗まれて、何もしない1日になるんだろうなあ。 


そのお猫様。
今朝新聞を取りに出たら、いつもの様にソラ君のおかあしゃんがいつものエアコン室外機の上で、
朝ご飯をご所望だったので、いつもの様にカリカリをご用意して再度外に出てお給仕させて頂き戻ったら、

あっ、玄関前に茶白猫と黒渦巻が! 

な、何で!? 玄関の扉は自然に閉まるのに、何故玄関が開いてる!
一種立ち尽くす2匹の猫と一匹の人間!
黒渦巻は立ち尽くす人間を見て、慌てて中に逃げる。
一歩前に居た茶白は庭を向こうに逃げる!

あっ、ヒメ! ヒメちゃん・・・。

うちの猫で一番の怖がりで保護してから1度も外に出たがった事もない。
家の中でも怖いと思ったら捕まらないヒメ。 もし逃げられたら絶対捕まらないであろうヒメ・・・。

そのヒメが角を曲がって家の横に姿を消してしまった・・・。

最近はすっかり甘えん坊になって、ニャーニャーうるさいほどにつきまとうヒメが・・いなくなってしまった・・・。



P8250847.jpg


自然に閉まるはずのドアに庭仕事で使う殺虫剤が挟まり、開きっ放しになっていました。
恐らく2匹は 何だろう と出てしまったのでしょう。
(メイなら確信犯で脱走なのですが)

慌ててヒメが消えた家の横と塀の間を覗いたら、
保護されてから初めて出た外で、他の猫の匂いがする地面をスンスンするヒメの姿。
塀越しに近づいたら当然逃げる。 庭の表の方に逃げたので慌てて玄関に戻れば、
その私を見てまた家の横に逃げる。
やっぱり絶対捕まらないよなあ、ヒメは。

取り合えず、私から逃げたら家の中に逃げ込める様に、
他のねこずを逃げられない様に部屋に入れ、逃げた玄関といつも外を見ている庭に面した居間のガラス戸をあけ放つ。
(ななは私に追いかけられていると思って、捕まえないでとピーピー鳴いて逃げ回り、これはこれでひと騒ぎ。 メイとマックは簡単につかまり部屋に押し込め完了)

再度家の横に戻り塀の外から覗いたら、
塀に両手を掛けて攀じ登ろうとしているヒメ。 ドン臭! 登れないでしがみついてる。
その両手を捕まえてやろうと近づけば、当然脱兎のごとく逃げるヒメ。 逃げるのは速いんだ・・。
それを追いかけまた表に戻ると、どこにもヒメの姿が見えない。
反対側に回ったり、前の家の車の下を覗いたりしても姿が見えない。

もしかして家の中に入った?と
居間を探しても姿はなく、玄関から2階に上がったかと上を探したら、
私の部屋にチラッと赤い耳が!

居た!


というのが、今朝の脱走劇。 おそらくその時間は5分~10分位。
抱っこも長くて3分のヒメ様の脱走劇は、これも僅かな時間でした。
良かった、戻って。
とにかく怖がりのヒメは、私にも捕まらないでしょうし、捕獲機で捕まえられるかも怪しい。
家から離れたら恐らく戻れないでしょう。 
ちょっとした油断が取り返しがつかない事になる寸前でした。

最近、三毛猫が庭にくるので、いつもは余り玄関に来ないヒメも、三毛の存在で玄関土間に降りたりしていました。
良かったよ、本当に・・・。


P9160884 (2)
REIおばさんが悪いんだからね。 で、なんで私の写真がボケボケなの?

と、全く何もなかった様ないつものKYヒメでした。



そして問題の三毛さん。

DSC08825 (2)

こういう子です。 
画像だと大きさが判りませんが、多分2kg程度でしょう。 小柄です。

お顔はブスではありません。

DSC08823 (2)

ブスではないけど、可愛くもない。 特徴が無い。
これは可愛く写るフィルター効果です。 (そんなの無いけど)


DSC08821 (2)

これもフィルター効果。
実物は一番上の画像通りです。

一昨日夜、昨日朝と略1日姿を見なかったのですが、夕べはまたやってきました。
それまでの4日間?は朝晩とやってきて、餌を食べた後も玄関前で寝ていたのですが、
今朝もいませんでした。
家の中にはいりたがったり、目の前でも餌を食べられるので、
どこか決まった所で餌をもらっていたのではないでしょうか。
そこで一時的に餌をもらえなくなり、うちに流れたきたのか。
でも触る事はできません。 警戒はかなりします。 だから捨て猫とも思えない。
様子を見ながら捕まえて手術をするつもりです。
ただ、元の餌場に戻ってこなくなるかもしれないです。 例の家かもしれないけど。
そうなる前に手術したいのですが、安くやってくれる病院は余り小さいと手術しない方針なので、
さてどうなるか。






# プロフィール

REI

Author:REI
メイとマックの猫2匹との日々。
長期放浪中のトムは何処に?

# カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

# 最新記事

# 検索フォーム

# メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

# 固定要素

ココに固定表示したい内容物